だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

トリゴラス」 みんなの声

トリゴラス 作・絵:長谷川 集平
出版社:文研出版
本体価格:\1,300+税
発行日:1978年
ISBN:9784580813922
評価スコア 4.11
評価ランキング 17,677
みんなの声 総数 18
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

18件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • かおるちゃんって、なにじん?

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子14歳、女の子9歳

    この絵本を最初に読んだのは高校の時の、学校図書室でした。
    司書の先生がとても素敵な方で、どんな本のジャンルでも偏見なく、知識にたけ、絵本も多数置いてくださっていたので、この絵本に出会うことができたんです。
    最初に「トリゴラス」を読んだ時の衝撃といったらなかったですね。
    小さい頃、それこそ幼稚園くらいまでは、
    いわゆる名作といわれていた絵本や昔話は読んだことがありましたが、こんな自由な創作絵本(「トリゴラス」)はこの時、たぶん生まれて初めて読んだんです。

    面白くって、何回も読み返した覚えがあります。

    で、現在図書館の蔵書検索をしていて、たまたま目に入った「トリゴラス」を見たら、もう嬉しくて〜。
    さっそく借りてきて、子ども達に読んでみました。
    どちらかというと、男の子向きな話かもしれませんが、
    うちの下の子は開口一番「かおるちゃんって、なにじん(外国人)?」って、笑ってました。
    上の中学生も「面白いね〜」って。

    これ、実際出版されたのは1978年なんですよ。
    なのに、40年近くたった今読んでも面白い!!
    これって、すごいことだと思いませんか?
    (ちなみに私が初めて読んだ時も、実はすでに10年以上たっていたんですね〜。今になって、知りました。)

    主人公の男の子の、想像というより、妄想がどんどん大きく激しくなっていくのも笑えますが、一通り聞いてから、
    最後に一言はっきりと「ごちゃごちゃゆわんと、はよねぇ!」って、言っちゃうお父さん、めっちゃいい味ですよね〜。
    今度ぜひ、学校の読み語りでもやってみようと思います。
    これは、個人的に小学生なら学年を問わず、喜んでくれそうな気がします。

    掲載日:2009/09/04

    参考になりました
    感謝
    1
  • 思春期の男の子の妄想?

    • 金のりんごさん
    • 40代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子12歳、男の子9歳、男の子7歳

    前に読んだ時は、「?」でした。
    なんとなくわかるような気もするんだけど、でもはっきりとはわからないな・・とどことなくスッキリしない気分でした。
    でも、しばらくしたら、また読みたくなってしまいました。
    そうしたら、今回は、「ちょっとこれは、もしや思春期の男の子の気持ちそのものじゃないの?」と、サッと霧が晴れたような気分になりました。
    長谷川集平は、やっぱりいい!
    強いて言うなら“混沌”なのです。
    なんだかわからないモヤモヤとした気持ちに突き動かされてしまう夜。そんな夜に捕まってしまった少年の姿が浮かび上がってくるのです。
    6年生の娘は、「よくわからない」と言っていますが、6年生の男の子に読んでみたい気持ちに突き動かされている私です。

    掲載日:2007/02/24

    参考になりました
    感謝
    1
  • 男の子の世界観!?

    初版が1978年・・・

    で、図書館にリクエストしたら
    「閉架図書」表示です
    で、奥付けみたら
    これは1990年8月10日で第7刷でした
    人気がある?絵本のようですが・・・

    すみません・・・
    わかりません・・・

    カバーのところに評論家さんが
    大絶賛していますが

    そうなんだ・・・

    と、思おうとしますが

    やっぱりよく理解出来ません

    息子(23歳)に読んでもらったら
    「ふ〜ん」で、おしまい

    感想も分析もないとは
    珍しいことです

    「あほか おまえ はよねえ!」
    の、おとうさんと同じなのかも

    男の子の子の妄想の世界って
    もしかして、すごい!?のかもしれませんね
    どうも、現実的なおばさんには
    理解不能な世界で
    それはそれで、長谷川さんの世界観だと思って
    また、読み返したりしてます(笑

    評価は出来ませんので
    「ふつう」にポチしておきます

    掲載日:2015/03/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • かおるちゃんを救え! 

     JR東日本の企画「ウルトラマンスタンプラリー」(平成27年1月13日〜2月27日)が好評らしい。
     JR東日本の首都圏の主要な駅に設置された歴代ウルトラシリーズの全64種類のスタンプを集めるという企画で、スタンプ10個でウルトラめんこがもらえるという。
     スタンプを押すパンフレットには怪獣たちの特長も載っていて、これを持つだけで往年の怪獣博士の気分になれる。
     おそらく子ども向けの企画なんだろうが、大人たちが夢中になっているそうだ。
     なにしろ、「ウルトラQ」がTV放映されたのが1966年、昭和41年だから、この番組をリアルで見ていた世代ももう60歳を越えているはずだ。
     昭和30年生まれの私の、小学生の同級生で怪獣のことが滅法詳しかった男子がいたが、もしかしたらこの企画に歓喜しているのではないだろうか。

     この絵本はタイトルでわかるように、怪獣を描いた作品だ。
     作者の長谷川集平さんは昭和30年生まれだから、「ウルトラQ」世代といっていい。
     ある夜、少年は空で「びゅわん びゅわん」の音に目を覚ます。
     それはきっと怪獣にちがいない、と隣で寝ている父親に訊ねる。
     怪獣の名前は「トリゴラス」。大きな鳥の怪獣だ。
     ラドンのように大きな羽根で空を飛び、地上に降り立てばゴジラのように大暴れ。
     少年の頭の中では、街はもう「めちゃくちゃ」で「ぐちゃぐちゃ」になっている。
     しかも、こともあろうにかおるちゃん(少年は密かに彼女のことを想っているようだ)のマンションからキングコングのように彼女を連れ去ってしまう。

     父親は「あほか」と、そんな少年を一蹴する。
     「あの音は、ただの風の音じゃ」。
     少年のなんともいえない横顔が切ない。
     評論家の草森伸一は「少年の永遠の姿を捉えた絵本」と評したそうだが、怪獣に夢中になったかつての少年たちは、怪獣に連れ去られてそれぞれのかおるちゃんを助けようとしていたのだろうか。
     そして、あれから半世紀近く経って、まだかおるちゃんを救出できなくて、JRの緑色や赤い電車に乗ってスタンプを集めているとすれば、「あほか」ですまされない少年の純情である。

    掲載日:2015/02/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 実験的な精神世界絵本

    絵本であることに、賛否両論ありそうな作品です。
    マンガとして流すのもありかとは思いながら、思春期の少年の訳のわからない異性への葛藤を、劇画チックに語っているように思いました。
    恋心を持ち始めた少年が両親と川のじになって寝ているのも妙な家族ですが、「トリゴラス」は何の象徴でしょうか?
    ゴジラ映画に喚起された、自分の欲望の権化でしょうか?
    かおるちゃんに思いを馳せながら、思うようにコントロールできない自分への葛藤でしょうか?
    多いに悩めと言いながら、私の役どころは、いい年した息子を、嫁さんとの間に置いて 本を読んでいるオヤジのようです。

    掲載日:2014/06/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちょっと怖い

    好き嫌いがわかれる絵本だと思います。
    少年の、破壊衝動や、性的な衝動がストレートに描かれているのですが、「なんとなく怖い」という思いがさきにたってしまって、私の心には響きませんでした。
    女の人が読むと、男の人の怖さみたいなものが見え隠れして、恐ろしく感じますが、男の人にとっては、思春期の気持ちを表してくれているように感じるのかもしれません。

    掲載日:2013/10/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • かなりシュール…

    息子が学校の図書室で借りてきて、家で読んでました。どんな本かなとのぞいてみたら…かなり変です…
    この題名はなんだろうなあと思うし(読めばわかりましたが)表紙からして不思議だし、なぜ最後に男か女かもわからない恐竜(?)がかおるちゃんを連れて行くのか、強い風が不安で好きなコのかおるちゃんがどうしてるのか思いを馳せているのか、裏表紙も何だろう誰だろう…不思議なことばかり。
    息子も面白いというだけでどう面白いのか説明してくれませんでした。もしかして説明できないのかな?
    まあ大人にはシュールなお話でした(苦笑)

    掲載日:2012/12/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 評価が高いのですね

    シリーズ「逆襲」のほうを、先に読んでしまい、こちらも手にしました。
    「逆襲」に比べれば、まだ何となくでも解りやすかったかな?
    この絵、世界観には、好みが分かれそうと思ったのですが、こちらのサイトに来てみれば、みなさん評価が高いのですね。
    ちょっと、驚きました。

    掲載日:2012/09/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 長谷川集平さんの力量に脱帽

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    長谷川集平さんと言えば、「はせがわくんきらいや」でデビューしたことで知られ、「ホームランを打ったことのない君に」が良かった記憶のある作家です。

    少し前に「トリゴラスの逆襲」を読んだのですが、1978年の「トリゴラス」の続編とのことで、話の展開が分からなかったため読んでみました。
    それにしても、続編まで32年もの空白期間があるというのは、稀有な作品に違いありません。
    結論から言うと、2作は物の見事に繋がっており、2作で1つの作品であると言って過言でないということ。
    2作を続けて読むと、この作品に対する作者の想いが、十二分に伝わってきます。

    主人公の少年の、父に対する会話で物語は始まります。
    「とぼけんといてか、おとうちゃん。
    ぼくは ほんまのことが ききたい。
    あれは かいじゅうにちがいない。
    そうやろ おとうちゃん。
    かいじゅうが びゅわんびゅわんと とびよるのやろ。
    まちにむかって とびよるのやろ。ちがうか、おとうちゃん。
    なまえは トリゴラス。そうや、鳥のかいじゅうなんやで」

    真夜中の外の風の音に、少年が怪獣に違いないと想像するのです。
    最初は、単に少年の空想を描いただけの絵本かと思ったのですが、読み返すとそんな単純なものではないことが分かります。
    これは、少年の心象風景を描いたものではないでしょうか。
    それも、抒情詩的に高らかに描くというのではなく、怪獣を介して暴力的に描ききっているのです。
    その巧みさが、熱狂的は男性ファンを生み出してきた理由だと思います。

    文章はほんの僅かですが、少ない大阪弁が実に効果的。
    暗い単色で描かれた絵は、好みが分かれるところですが、青年期の少年の心情を如実に示していると言えそうです。

    小さいお子さんだと、怪獣のみに関心が向かってしまうと思いますが、ある程度、年齢が達すると何か分からないけど共感できてしまう、そんな類の絵本だと思います。
    長谷川集平さんの力量に終始圧倒された作品でした。

    掲載日:2011/07/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 破壊的衝動

    • 10月さん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子5歳

    こちらのレビューで興味がわき、読んでみました。
    なんでしょうか・・・いろんなところが気になります。
    まず表紙。写真の中に「トリゴラス」の看板。
    作者の名前の、手書きっぽいクセのあるよじれた字。
    そして最後に長髪の作者の写真の射るようなまなざし。

    男の子の性のめざめについて描かれた絵本とのこと。
    思春期が近づくとこんなふうによく分からない嵐のようなものに
    支配されるのでしょうか。
    5歳の息子は「ちょっとこわい」といいながら読んでいました。

    小学生になってから読んだらまたちょっと違うかな。

    長谷川集平さん。気になる絵本作家さんです。

    掲載日:2011/01/31

    参考になりました
    感謝
    0

18件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの / ちょっとだけ / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



お気に入りのくだものはどれ?

みんなの声(18人)

絵本の評価(4.11)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット