ガラゴの小型えほんボックス 特製ガラゴのながぐつキーホルダー付き ガラゴの小型えほんボックス 特製ガラゴのながぐつキーホルダー付き
作: 島田 ゆか  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
あのガラゴのかばんの中に、小型絵本とキーホルダーが入ったスペシャルセット!
まゆみんみんさん 40代・ママ

プレゼントにもぴったり!
ガラゴの絵本2冊(小型版)が入ったセッ…

トリゴラス」 ママの声

トリゴラス 作・絵:長谷川 集平
出版社:文研出版
本体価格:\1,300+税
発行日:1978年
ISBN:9784580813922
評価スコア 4.11
評価ランキング 18,792
みんなの声 総数 18
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • かおるちゃんって、なにじん?

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子14歳、女の子9歳

    この絵本を最初に読んだのは高校の時の、学校図書室でした。
    司書の先生がとても素敵な方で、どんな本のジャンルでも偏見なく、知識にたけ、絵本も多数置いてくださっていたので、この絵本に出会うことができたんです。
    最初に「トリゴラス」を読んだ時の衝撃といったらなかったですね。
    小さい頃、それこそ幼稚園くらいまでは、
    いわゆる名作といわれていた絵本や昔話は読んだことがありましたが、こんな自由な創作絵本(「トリゴラス」)はこの時、たぶん生まれて初めて読んだんです。

    面白くって、何回も読み返した覚えがあります。

    で、現在図書館の蔵書検索をしていて、たまたま目に入った「トリゴラス」を見たら、もう嬉しくて〜。
    さっそく借りてきて、子ども達に読んでみました。
    どちらかというと、男の子向きな話かもしれませんが、
    うちの下の子は開口一番「かおるちゃんって、なにじん(外国人)?」って、笑ってました。
    上の中学生も「面白いね〜」って。

    これ、実際出版されたのは1978年なんですよ。
    なのに、40年近くたった今読んでも面白い!!
    これって、すごいことだと思いませんか?
    (ちなみに私が初めて読んだ時も、実はすでに10年以上たっていたんですね〜。今になって、知りました。)

    主人公の男の子の、想像というより、妄想がどんどん大きく激しくなっていくのも笑えますが、一通り聞いてから、
    最後に一言はっきりと「ごちゃごちゃゆわんと、はよねぇ!」って、言っちゃうお父さん、めっちゃいい味ですよね〜。
    今度ぜひ、学校の読み語りでもやってみようと思います。
    これは、個人的に小学生なら学年を問わず、喜んでくれそうな気がします。

    掲載日:2009/09/04

    参考になりました
    感謝
    1
  • 思春期の男の子の妄想?

    • 金のりんごさん
    • 40代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子12歳、男の子9歳、男の子7歳

    前に読んだ時は、「?」でした。
    なんとなくわかるような気もするんだけど、でもはっきりとはわからないな・・とどことなくスッキリしない気分でした。
    でも、しばらくしたら、また読みたくなってしまいました。
    そうしたら、今回は、「ちょっとこれは、もしや思春期の男の子の気持ちそのものじゃないの?」と、サッと霧が晴れたような気分になりました。
    長谷川集平は、やっぱりいい!
    強いて言うなら“混沌”なのです。
    なんだかわからないモヤモヤとした気持ちに突き動かされてしまう夜。そんな夜に捕まってしまった少年の姿が浮かび上がってくるのです。
    6年生の娘は、「よくわからない」と言っていますが、6年生の男の子に読んでみたい気持ちに突き動かされている私です。

    掲載日:2007/02/24

    参考になりました
    感謝
    1
  • かなりシュール…

    息子が学校の図書室で借りてきて、家で読んでました。どんな本かなとのぞいてみたら…かなり変です…
    この題名はなんだろうなあと思うし(読めばわかりましたが)表紙からして不思議だし、なぜ最後に男か女かもわからない恐竜(?)がかおるちゃんを連れて行くのか、強い風が不安で好きなコのかおるちゃんがどうしてるのか思いを馳せているのか、裏表紙も何だろう誰だろう…不思議なことばかり。
    息子も面白いというだけでどう面白いのか説明してくれませんでした。もしかして説明できないのかな?
    まあ大人にはシュールなお話でした(苦笑)

    掲載日:2012/12/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 評価が高いのですね

    シリーズ「逆襲」のほうを、先に読んでしまい、こちらも手にしました。
    「逆襲」に比べれば、まだ何となくでも解りやすかったかな?
    この絵、世界観には、好みが分かれそうと思ったのですが、こちらのサイトに来てみれば、みなさん評価が高いのですね。
    ちょっと、驚きました。

    掲載日:2012/09/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 破壊的衝動

    • 10月さん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子5歳

    こちらのレビューで興味がわき、読んでみました。
    なんでしょうか・・・いろんなところが気になります。
    まず表紙。写真の中に「トリゴラス」の看板。
    作者の名前の、手書きっぽいクセのあるよじれた字。
    そして最後に長髪の作者の写真の射るようなまなざし。

    男の子の性のめざめについて描かれた絵本とのこと。
    思春期が近づくとこんなふうによく分からない嵐のようなものに
    支配されるのでしょうか。
    5歳の息子は「ちょっとこわい」といいながら読んでいました。

    小学生になってから読んだらまたちょっと違うかな。

    長谷川集平さん。気になる絵本作家さんです。

    掲載日:2011/01/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • 顔が怖い!

    嵐の夜に眠れない男の子。
    外の風は「きっとトリゴラスだ!とぼけんといてか!」と
    お父ちゃんに詰め寄る様子がとても可笑しいです。
    表情も影を背負ってすごく真剣。
    読み進めるにつれ 本当にトリゴラスはいて
    気が付いたら読み手も男の子と一緒に緊迫感のただなかにいるような錯覚に襲われるくらい 真に迫っているのです。
    怪獣映画とかウルトラマンとかが好きな男の子にはたまらないお話ではないでしょうか?
    娘は全体的に劇画タッチで男の子の顔に影がついていたりするのが怖い怖いと言ってまともに読みませんでしたが
    私自身は結構好きです。
    大阪弁もなんともいえません。
    かおるちゃんが目的?のトリゴラス
    なんとも神秘的です。背表紙のイラストも何とも言えません。

    掲載日:2011/01/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • ぼくはほんまのことがききたい

    • 雪ねこさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子7歳、男の子5歳

    ある風の強い夜。ぼくはとうちゃんに言う
    「ぼく ほんまのことが ききたい」

    空でびゅわんびゅわんゆう、あの音は怪獣にちがいない…
    「あの怪獣トリゴラス」は、少年の街の人々を襲い、破壊し、とうとうかおるちゃんをさらっていってしまう。

    …というのは「ぼく」が布団の中で考えてることなんだけど、「ぼく」はトリゴラスが男なのか女なのか気になる。
    布団の中で暗い顔をして「かおるちゃん…」で終わる話。

    この本は5歳の息子が図書館で、そのおどろおどろしい背景と空飛ぶ怪獣の絵で借りてきました。
    子どもは怪獣ものの本として面白そうに読んでいましたが、私は、「そうじゃないんだなあ〜。少年よ。」と思いながら横で見ていました。

    大人の私は冷静に面白いと言えるけど、ある程度年のいった少年が読むと、なんだか恥ずかしい気持ちのする本じゃないかな。

    掲載日:2009/05/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 思春期になったら息子に読ませたい

    • ねがいさん
    • 30代
    • ママ
    • 大阪府
    • 女の子7歳、男の子3歳

    この「トリゴラス」、ずっと気になっていました。
    が、娘と読むにはちょっと早かったかな?
    私はとっても面白いと思ったのですが。

    最初にお父さんに外の音のことで詰め寄る場面から、もう笑ってしまいました。
    おかしいだけとはちょっと違う。
    なんかこんな子を想像するだけで、嬉しくなってしまうのです。
    真剣に話をする息子を、一蹴する父にも笑えます。

    息子が思春期になったら、読ませたい絵本です。

    掲載日:2008/10/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • トリゴラスってなに?

    • ぜんママさん
    • 30代
    • ママ
    • 広島県
    • 男の子8歳、女の子7歳

    先輩ママに薦められた本でした。
    一言で言うと、妄想本とでもいうのでしょうか・・・。
    大阪弁もさることながら、トリゴラスっていう怪獣がでてくるんです。
    しかも町をめちゃくちゃにしたり、かおるちゃんをさらって納得したり。
    はちゃめちゃしてます。
    少年の心を描いているみたいです。
    息子・娘「絵がこわ〜い。わけがわからない」と申しておりました。

    掲載日:2007/01/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • あとひく絵本。

    • ちうやかなさん
    • 30代
    • ママ
    • 北海道
    • 男の子9歳、男の子6歳

    私、個人的にはスゴイ!!と思うのです。・・・が、他の方はどう思うのか?・・・という点で自信なく、☆4つなんですよね〜。
    大阪弁もいいし、ばかばかしさもいい!なぜお父さんと大きい息子が同じ部屋に寝ているのか、けっこう気になりますね。そして、果てしなくとっちらかって思いこんでいく想像力?もケタ違い。疑問多く、「あとひく」絵本!
    小学校の子には、まだ読めないなー。

    掲載日:2005/03/11

    参考になりました
    感謝
    0

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

みんなの声(18人)

絵本の評価(4.11)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット