だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

ほろづき 月になった大きいおばあちゃん」 みんなの声

ほろづき 月になった大きいおばあちゃん 作・絵:沢田としき
出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2001年8月15日
ISBN:9784265034673
評価スコア 4.56
評価ランキング 4,437
みんなの声 総数 15
「ほろづき 月になった大きいおばあちゃん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

15件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 身近な命

    ひいおばあちゃんのことが描いてある絵本です。
    方言が強くて、言葉がわからない、腰がまがっているちいさなおばあちゃん。
    そのおばあちゃんが、年に二回遊びにくる、ひ孫たちと会えることをとても楽しみにしているんだなということが、絵本からにじみ出てきていました。
    ひいおばあちゃんの死…身内の死というものは、なかなか実感がわきません。
    優しいおばあちゃんの姿を、きれいな月に重ねてみているユキの気持ちが痛いほど伝わってきて、じんわり心があったかくなりました。

    掲載日:2013/08/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • またおいで

    ひいばあちゃんの「またおいで」の方言がとても温かく感じました。

    そんな故郷に帰れるのに憧れてしまいました。

    故郷の景色がとてもいいなあって思いました。

    「またおいで」と孫にも温かい言葉をかけてあげたいと思いました。

    掲載日:2012/10/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • おばあちゃんの「家」って、いいよね。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子17歳、女の子12歳、

    北国の景色がよく伝わってきました。
    この絵本の中で一番気に入ったのところは、いとこたちが集まって大おばあちゃんの畑でジャガイモ濠をするところ。
    私自身母方のいとこたちと、幼い頃よくこうして祖父母の家に集まっていろいろやったことがあるので、なんだか懐かしいな〜と思いました。

    逆にうちの子たちは年の離れていることもあり、いとこたちとこういう経験をしたことがないので、可愛そうだなと思います。
    おじちゃんやおばあちゃんの(田舎)の家って、特別の場所ですよね。
    子ども心にこういう場所があるのって、なんだか安心しました。

    このお話の本筋の部分は「おばあちゃんの死」があるのでしょうけれど、
    私はこのお話から、おじいちゃんやおばあちゃんという安心していける場所を持っている孫のお話。という印象を受けました。

    掲載日:2012/10/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • まんだ こいへ

    まるで、我が家のひいばあちゃんのことを描いているようで
    思わず買ってしまった本です。

    北国に住むひいおばあちゃんのおはなし。
    人間のの温かさ、たくましさ、命のはかなさがぎゅっとつまった絵本です。
    裏表紙に描かれている賑やかなお祭りの様子が、
    絵本の中身と対照的でなんだか余計に寂しさを感じます。

    「まんだ こいへ」
    この柔らかな響き・・・癒されます。
    「まんだ こいへ」
    は、ひいばあちゃんからおばあちゃん、おかあさん、ユキへと続く
    命のバトンのように思えてきます。

    掲載日:2012/05/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • おばあちゃん

    ちょうど今日、NHKの「てれび絵本」で取り上げていましたね。
    手元にあったので、改めて読んでみました。
    おばあちゃんって、こんな存在だよなーと思いました。
    おばあちゃんの嫁入り場面では「もしかして、弘前?」と思っていたら、作者さんは青森出身だったのですね。

    掲載日:2012/03/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 誰もが経験するであろう悲しみと温かさ

    • 環菜さん
    • 20代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子4歳、男の子2歳

    『大きいおばあちゃん』すなわち、曾おばあちゃんとの別れの話です。
    滅多に会えなくても、夏休みや冬休み、遠い町でおじいちゃん・おばあちゃんに会いに行くときって、子供ながらにすごく楽しみで、小さな出来事も思い出になっていたりしますよね。
    でもおばあちゃんは逝ってしまった・・・。
    寂しさ、悲しさ、そしておばあちゃんの温かさ。胸にじーんときます。
    そして、お月様を、見上げたくなりますね。

    掲載日:2010/11/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大きいばあちゃんが伝えてくれたこと

    北の小さな村に一人で住んでいる大きいばあちゃん(ひいおばあちゃん)。
    話す言葉は訛りがあってよくわからないけれど、背はまがっていて小さいけれど、ユキや他のひ孫たちにも好かれる大きな存在です。
    この絵本は、大きいばあちゃんの生活、思い出、そして葬式を淡々と描いているのですが、愛というものを月の模様に重ねて伝えてくれます。
    他のひ孫たちと一緒に大きいばあちゃんの家を訪れてジャガイモ掘りや、海水浴をした夏休み。
    これだけの親戚が集まってくるのは大きいばあちゃんの人柄であり、大きいばあちゃんから順番に受け継いでこられた家族愛だと思います。
    さりげなく語られているお話にはドラマチックな展開がないだけに、本当にじんわりとぬくもりを感じるシーンです。
    秋の夜長にじっくりと語りかけるのに良い絵本だと思います。

    掲載日:2010/09/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 沢田さんの作品

    以前沢田さんの”アフリカの音”という作品を読んでとても心に響いたのでこの絵本を選びました。この絵本も御婆ちゃんや御婆ちゃんが住んでいる土地の様子がとても丁寧に描かれていると思いました。どの場面でも御婆ちゃんがとても幸せそうにしているのが印象的でした。お葬式の夜主人公が見た月がとても心に響きました。この光景は一生主人公の心の中に生き続けるのだと思いました。またおいでといつでも買える事が出来る場所がある事は幸せな事なのだと思いました。心の琴線に触れる素晴らしい作品でした。

    掲載日:2007/12/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 会いたいな!

    娘が幼稚園年中の頃に私のおばあちゃん、つまり娘にとって
    大きいおばあちゃんが亡くなりました。
    娘と祖母が過ごした時間はわずかでしたが
    なぜか娘は祖母のことをよく話します。

    娘と一緒にこの絵本を読みましたが、祖母もやっぱり方言で
    ひ孫達に話しかけては、ひ孫達は「なにいってるかよくわかんない!」
    って言ってたっけ。でも、ひ孫達が話してることはちゃんとわかってて
    そこが子どもたちにはとても不思議なコトだったようです。

    そんな様子も含め、ユキを見送る様子・お葬式の様子
    全てが娘も経験したこと。
    静かにお話しを聞きながら、うっすらと目に涙を浮かべて
    読後に一言「また、おおきいばあちゃんに会いたい」

    その一言また、ジ〜ンと来ました。

    掲載日:2007/05/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 死を受け入れるということ

    • あまたろうさん
    • 40代
    • ママ
    • 千葉県
    • 女の子7歳、男の子7歳

    遠くに住んでる、大きいおばあちゃん。夏休みや冬休み、ぼくたちが遊びに来るのを楽しみにしていた。そのおばあちゃんが亡くなった。おばあちゃんは空の月になって、みんなを見守っている。「まんだこいへ」。おばあちゃんが言ってた言葉をつぶやいたら、泣きそうになった。
    おばあちゃんの死を通して、主人公ユキが感じたこと。淡々と語られる口調から、おばあちゃんへの思いがしんみりと伝わってきました。天国にいる祖父・祖母のことを思い出しました。

    掲載日:2006/12/11

    参考になりました
    感謝
    0

15件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / わたしのいもうと / あのときすきになったよ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



宮部みゆきさん × 佐竹美保さん 対談インタビュー

みんなの声(15人)

絵本の評価(4.56)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット