かさちゃんです。 かさちゃんです。
作・絵: とよた かずひこ  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
雨の日のおでかけも楽しくなるよ!

のねずみチュウチュウおくさんのおはなし 新装版」 みんなの声

のねずみチュウチュウおくさんのおはなし 新装版 作・絵:ビアトリクス・ポター
訳:石井 桃子
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\700+税
発行日:2002年10月
ISBN:9784834018622
評価スコア 3.67
評価ランキング 31,041
みんなの声 総数 8
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • きれいずきな奥さんは疲れ果てて

    子どもと読んでいた当時、なぜかこの本の人気が高かったです。
    神経質なくらい、自分の家の掃除に熱心なチュウチュウおくさん。
    ところが、やたらに呼びもしない虫たちが、家のあちこちでうろうろしています。
    これではチュウチュウおくさんでなくても、イライラしますね。
    きれいにしたお部屋も、みんなが汚して、
    掃除をしたくてもくたびれ果ててしまうチュウチュウおくさんに同情してしまいます。
    ジャクソンさんは困った人です。

    掲載日:2016/09/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • ピーターラビットの初めての絵本

    • みるぴんさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 男の子1歳

    ピーターラビットは知っているけれど、絵本は読んだことがありませんでした。
    初めて読んだのがこの本です。
    ピーターラビットは出てきません。
    綺麗好きなチュウチュウおくさんのお話です。
    チュウチュウおくさんの家に色々な訪問者が訪れるのですが、
    その絵がとても素敵です。
    でも、マルムシ、カエルなどちょっと苦手な絵もありました。
    物語に本当にぴったりな絵、こういう本を絵本というんだなとしみじみ思いました。
    特別なことがおこるお話ではなく、淡々としたお話なのですが
    どこか懐かしいような気持ちになります。
    ポターが愛されている理由が少し分かったような気がしました。

    掲載日:2011/09/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 読み聞かせはやめました

    綺麗好きな チュウチュウおくさんのお家に、呼んでもいない
    お客さんが 勝手に入りこんできて、お話が広がっていきます。

    子供は引き込まれるようで
    登場人物の名前を覚えたり、リズムのいいフレーズを覚えたり
    するぐらい、気に入っているようだったのですが

    『でていけ、きたならしい おいぼれのかえるめ!』

    『でていっておくれ、ずうずうしいくものやつめ!』

    という言い回しを、どうしても読み聞かせたくなくて
    本棚に置くのを止めました。

    絵はとってもかわいいので、私用の絵本として
    楽しもうと思います。

    掲載日:2010/10/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • イライラ、ムカッ、でも・・・

     几帳面できれい好きなチュウチュウおくさんは、小さな埃も汚れも見逃さないぞ!とばかりに、目を光らせて掃除をしています。ところが、チュウチュウおくさんの家には、呼びもしないのに、次から次へといろんなお客がやってきて・・・。

     このイライラ、とってもわかる気がします。チュウチュウおくさんほどでなくても、自分の領域に土足で入ってくるようなことをされたら、誰だってムカっと来ますよね。でも、チュウチュウおくさん、雑巾を片手に、後ろから着いて回り、きゅっきゅと嫌味っぽく床を拭きながらも、ちゃんとご飯まで出してあげるところなんかは、いかにもイギリス人的で、おもしろいなあ、と思いました。

    掲載日:2010/06/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 意外に辛口

    息子が、「ピーターラビットを読みたい」と言って図書館で大量に借りてきた本の中の一冊です。ピーターラビットものを読んだことがある方ならご存知だと思いますが、ミニサイズなのに、文の量が意外に多いのです。毎日5冊ほどは読んでいるので、この本を読む頃には私の声がかれていました。

    のねずみのチュウチュウおくさんは、きれい好きです。きれい好きなのに、穴の中の家にはごみむし、てんとうむし、くもと珍客が次々とやって来ます。それをおくさんがあの手この手を使って追い払うのです。

    極めつけは、びしょぬれのかえるのジャクソンさんでした。部屋は濡れているし、ジャクソンさんが居座るのでごはんを出さなくてはいけない始末。その上、ジャクソンさんは独特のマイペースさで、おくさんの心労を意に介さないのです。

    この二人の噛みあわないやりとりが読んでいて笑えますが、実際こんな客がいたら、さっさと帰ってほしいところです。ストレスがたまりそう。

    チュウチュウおくさんのようにきれい好きでなくても、家に呼ばないお客が次々と来て汚していったらいやだなと思うでしょう。
    珍客たちを負い払った後、やれやれと眠ってしまうおくさんの気持ちがよくわかりました。息子も隣で事のなりゆきをにやにやと見守っていました。

    ジャクソンさんに言う「よびもしないのに、おしかけてくるおきゃくがね!」というチュウチュウおくさんの嫌味たっぷりの言葉にも笑ってしまいます。ピーターラビットシリーズって意外に辛口なんだなあと思いました。

    掲載日:2008/05/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 主婦のはなし・・・!?

    • イザリウオさん
    • 30代
    • ママ
    • 群馬県
    • 男の子7歳、男の子5歳

    ピーターラビットの絵本8巻
    のねずみチュウチュウおくさんの家の中でおこったお話で、出てくるのは呼んでもいないのに勝手に入ってきた虫たちや、突然の招かざる客。
    自分のせいではないのに家事がふえると機嫌が悪くなりますよね。そう、私も同じです。
    チュウチュウおくさんを見てると、まるで自分の事のように思えてきて、読むのがちょっと嫌でしたが(ママみたいと言われるのじゃないかと思って)、でも、きっとどこの世界も家を守るおくさんはこんなものだろうということなのかなと考えると、ほっとしました。
    子供はやはり、あまり面白くなかったようです。

    掲載日:2008/05/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • チュウチュウおくさんを見習わねば(汗)

    • あまたろうさん
    • 40代
    • ママ
    • 千葉県
    • 女の子8歳、男の子8歳

    土手の穴に住むチュウチュウおくさんは、とてもきれい好きなのねずみでした。
    ある日、家の奥にまるはなばちが入り込んだことを知ったチュウチュウおくさんは…。

    広い家には、さまざまな『招かれざる客』がやってきます。その客をその都度追い払うおくさんのストレスは相当なものでしょう。
    まるはなばちや、かえるのジャクソンがようやく去ったあと、気が抜けて椅子で居眠りするおくさんに「お疲れ様」と声を掛けたくなりました。

    ごみむし、てんとうむし、くも、ちょう…など、他にもいろんな小動物が登場します。
    このお話は架空と知りながらも、読んでいると、思わず、地中では本当にこんなやりとりがあるのかも…と思えてくるのでした。

    几帳面なチュウチュウおくさんは、まさしく主婦の鑑。
    日頃の自分を振り返り、少しは見習わななくては!と思いました。(笑)

    まるはなばちの「じじ・びず・びず!」や、ジャクソンさんの「だが、わたしは歯なしです、歯なしです!」など、笑みを誘うセリフも多いです。子どもたちも大喜び!
    石井桃子さんの訳のセンスの素晴らしさに脱帽です♪

    掲載日:2007/10/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • チュウチュウおくさんは数年前の自分!?

    • モペットさん
    • 20代
    • ママ
    • 千葉県
    • 女の子5歳、男の子4歳

    ピーターラビットシリーズの第8話。1話の「ピーターラビットのおはなし」と比べると、ずいぶん話が長く、読みごたえのある作品です。
    きれい好きで、やかましやのチュウチュウおくさん。今日は次々と好まざるお客様がやって来るので、おくさんの機嫌も悪くなるばかり・・・
    実は、私は部屋にモノが散らかるのが大嫌い。子供は片づけが苦手だし、次々とモノを出してくるのが性分。さすがに今はしなくなりましたが、子供の遊んでるすぐ脇で、常に片づけをしていた数年前の自分を思い出しながら読みました。傍から見るとこんな感じだったんだろうなと恥ずかしくなりました。
    ところで、このお話には次々と虫たちがお客として登場します。ポターの描写はとても素晴らしいと思うのですが、だからこそ余計に虫嫌いの私や娘には避けたい作品となってしまいました。お話としては面白いんですけどね・・・

    掲載日:2003/04/01

    参考になりました
    感謝
    0

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 怪物はささやく
    怪物はささやくの試し読みができます!
    怪物はささやく
    作:シヴォーン・ダウド(原案)/パトリックス・ネス(著) 絵:ジム・ケイ 訳:池田 真紀子 出版社:あすなろ書房 あすなろ書房の特集ページがあります!
    2017/6/9より映画公開中


人気デュオ ガーガーズのパネルシアターから生まれた絵本

みんなの声(8人)

絵本の評価(3.67)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット