だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

おとうさんはげひんです」 みんなの声

おとうさんはげひんです 出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2004年03月10日
ISBN:9784265052516
評価スコア 4
評価ランキング 22,275
みんなの声 総数 1
「おとうさんはげひんです」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 家族で詩を楽しみたい時に

    図書館の詩の本のコーナーを歩いていたら、目に飛び込んできたタイトルがこれでした。

    『おとうさんはげひんです』ってすごくインパクトのあるタイトルだし、絵が最近注目している沢田としきさんということで読んでみました。

    開いていみると谷川俊太郎さん、まどみちおさんなど日本を代表する詩人の方々の家族に関する詩が掲載されていて、時々ほろり、時々しんみりしながら詩の世界に浸りました。

    あれ?でも、タイトルになっている『おとうさんはげひんです』ってないよねと思ってもう一度読み返したら、

    ありました、ある詩の中に。どれだかは読んだ皆さんが見つけてくださいね。

    私は「かぜのなかのおかあさん」という阪田寛夫さんの詩が心に残りました。

    自分のお母さんにはいつも若くて元気でいてほしいなあって、子どもの願いでもありますね。

    家族の風景の一場面があり、こんなこともあるなあって思える詩がたくさん載っていましたよ。

    家族で詩を楽しみたい時にいかがでしょう。

    掲載日:2010/11/15

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



体験型絵本シリーズ創刊! 「BigBook」シリーズ体験レポート

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット