ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
morimoriさん 30代・ママ

クリスマスにぴったり^^
小さなねずみのねみちゃんがみんなのため…

おばけじま」 みんなの声

おばけじま 作・絵:長 新太
出版社:あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!
本体価格:\1,165+税
発行日:1995年
ISBN:9784251032133
評価スコア 4.11
評価ランキング 17,685
みんなの声 総数 8
「おばけじま」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • おおきなおばけ

    • サマさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子3歳、女の子0歳

    おばけが好きなので、選びました。

    ノコギリザメのいたずらからやまのおばけとうみのおばけの喧嘩が始まり、ついには固まって島になってしまう。しかも足だけは動いて移動するとは!!!!

    私はもちろん、子供の想像も超えた内容に思わず一緒に笑ってしまいました。

    最後に踏まれているイカとタコに息子は大うけでした。

    掲載日:2010/09/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 仲良くなったのかな?

    山のおばけと海のおばけが抱き合ったまま、おばけ島となったのは、き

    っと仲良く永遠に歩いていくのでしょうか?

    海のおばけが、海の仲間のノコギリザメのかたきをとろうと山のおばけ

    と喧嘩したのは、仲間思いの優しさだと思っています。

    赤と黄色の目の覚めるような色鮮やかさのおばけに、ただただびっくり

    しました。

    でも、可笑しさもあって面白かった面もいっぱいあります。

    不思議なおばけ島は、何処かに存在するのか?と、思うのも楽しいです

    掲載日:2010/04/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちょっと気味悪くて、おかしい。

    • おしんさん
    • 40代
    • ママ
    • 鹿児島県
    • 男の子23歳、女の子21歳、男の子18歳

    ノコギリザメが、山をゴリゴリと切りつけてきたのでさあ大変!
    怒った山のおばけは、のこぎりをポキーン!
    すると、海のおばけが出てきて、またまた大変なことになってしまいます。

    へんてこりんな長さんの世界。なんだか気味が悪いし、怖いけど、おかしくて、思わず笑いが出てくるほどです。
    そして、この島は、とっても不思議。もしかしたら、こんな島、本当にあるのかもしれません。
    島を見て、その形から想像して、こんなお話ができたのかなあ。

    掲載日:2009/09/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 最後が面白かった!

    海と山がケンカした。そして…
    ケンカして、こうなるんかあ?
    そして最後はなぜ?
    と、子供自体もハテナがいっぱいあるお話だったようです。
    オチが主人公たちと関係ないっていうのも笑えます。
    なので最後は親子で吹き出してしまいました♪

    掲載日:2008/11/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 最後がすき

    • けいご!さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子8歳、男の子4歳

    長さんのあいかわらず、おかしな展開に笑わされてしまいました。

    やまのおばけとうみのおばけがでてきて、けんかをして、結局二つが一つになって、おばけじまになって…二つのおばけは仲良くなったのか、ならないままだったのか、あんまり結論は出さなくてもいいかな…おもしろく笑えれば、それでいいか! ということで、よろしいでしょうか。

    長さんも、最後は「イカがキューッ。タコがキューッ。」でしめてますよね。すみを吐くイカとタコ…主人公ではないものの描写で終わっているなんて、ナンセンスの王道だと思います。大好きです。

    掲載日:2007/07/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • たしかにこういう島はあるかも・・・

    長新太さんの絵本は深く考えずに読んで、本能に任せて笑うのがいいと思うので、特にコメントはしません。ストーリー性も追求しません。島が歩くかどうかは別にして、こういう島の言い伝えはあるかもしれないなあと思いました。子どもは惹かれるところがあるようです。

    掲載日:2005/09/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • かなり笑える!

    • ぽぽろんさん
    • 20代
    • ママ
    • 長野県
    • 女の子3歳、男の子2歳

    インパクトのあるイラストと色。登場する山のおばけと海のおばけの顔も面白い。それがケンカして、くっついてしまっておばけじまになるというストーリーも不思議。また言葉も面白い。海のおばけが「グエッグエッグエッ」と出て来たり、「シャボシャボズンズン」としまが歩いていたり。

    初めは?って感じだったけど、読んでいくごとに味わいの出る絵本だなーと思います。読みながら笑ってしまう。特に、最後の「イカがキューッ。タコがキューッ。」って、しまにふみつぶされてスミを吐いてつぶれているイカとタコ!爆笑です。長女は「もういっかいよんで!」と催促します。

    掲載日:2004/01/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「なんじゃ、あれは?」

    ノコギリザメのちょっとしたいたずらから、山のおばけと海のおばけが大げんか!
    喧嘩しているうちにふたりは固まってしまって、おばけじまになったって。
    最後のページで船に乗ってる船長さんが、おばけじまを見て、「なんじゃあれは?」といっているのがなかなか笑えました。
    ほんとに変なかっこうでくっついっちゃってるんですよ。
    (ただ、長さんの作品にしては、「変」が少なかったかな?)

    掲載日:2003/04/02

    参考になりました
    感謝
    0

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.11)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット