モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
モカミさん 40代・ママ

可愛らしい
娘がふくざわゆみこさんの本が大好きで、…

でてこい、ゴンタ」 みんなの声

でてこい、ゴンタ 作:みずしま志穂
絵:村上 康成
出版社:くもん出版
本体価格:\1,262+税
発行日:1991年
ISBN:9784875766278
評価スコア 4
評価ランキング 18,706
みんなの声 総数 5
「でてこい、ゴンタ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • お友達

    ゴンタがきつねだとわかってもやっぱりお友達と遊んだ日々が楽しくて

    クラスの仲間として認めてくれている人間の子供たちが素晴しいと思い

    ました。ゴンタを虐めたいじめっこたちもゴンタがいなくなって寂しく

    なったと思います。ゴンタを探しにクラスのみんなで山登りをしたこと

    は、いつまでも忘れないと思いました。お友達って素敵だなあって思い

    ました!

    掲載日:2012/07/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 山の好きなくま先生を助けてあげたキツネの子のゴンタ

    子供の姿にばけて 学校にやってきたんです

    花名はごんたのことを受け入れてあげたけれども・・・他のこは どうしても受け入れられず・・・かけっこの遅いゴンタを馬鹿にします
    ところが ゴンタは なにくそと 「コーン」とないて 一番でゴール

    みんなは 「キツネだ」と言います
    煙でいぶされたゴンタは とうとう キツネの姿になって 山に帰るのです
    でも こどもたちは、いなくなって初めて やっとゴンタのことを受け入れたんです

     「ゴンタにあやまる」みんなで、夏休みに、ほたかの山にのぼるのです
    こういう展開になるんだったら もう少し前に ゴンタのこと受け入れてあげたらよかったのに こんな物かも知れません
       
    あとのまつり そんな言葉が有るのですが
     
    いなくなって初めて気がつくんですね・・・・
    ゴンタはキツネ  一度だけでもみんなと遊べて良かったのかも知れませんね(お話しの展開は これでいいのですが ちょっと ゴンタとのかかわりが短くて残念でした)

    村上康成さんのゴンタのキツネの絵が 心に残りました

    掲載日:2012/07/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大事なともだち

    村上康成さんのかわいいゴンタ君の絵に惹かれて手に取りました。

    転校してきたゴンタ君と、クラスメイトとのお話です。
    キツネであることを隠してみんなと過ごしているときのゴンタと
    ゴンタがいなくなってしまった後で気づく友達の心の動きが
    子供たちもジーンときたようでした。

    山男の先生もすごくいいですね〜。

    山から帰るときの子供たちの表情がうまくかけているな〜と、
    思いました。

    掲載日:2012/07/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 友情について

    • まりん♪さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子11歳

    5月のある日転校生がやってきた。
    名前はゴンタ。
    ちょっと変わっていて、いじめっ子に目をつけられます。
    ある日、ゴンタが実はきつねだと知ったいじめっ子はみんなの前で正体を暴いてしまいます。
    その日からゴンタは学校にこなくなります。
    そしてみんな、気がつくんです、ゴンタが大切なクラスの仲間だったということに。
    再会を祈ってクラス全員で山に登りますが、希望通りの再会にはなりませんでした。
    でも、またいつかきっと・・・。という希望・期待をもったまま絵本を閉じる事ができる素敵なお話でした。

    掲載日:2003/12/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • もう少し、盛り上がって欲しかった。

    イラストは村上康成さんなので、子供達がとっても生き生き描かれています。
    前半はすっごく面白くて、へェーそれでそれでって、ページをめくりました。
    だからこそ、中盤でゴンタが実はキツネの子だったって、分かってしまうシーンがあっけなかったです。もうちょっと、盛り上がって欲しかったな。

    掲載日:2003/04/02

    参考になりました
    感謝
    0

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。


賢治の祈り『雨ニモマケズ』柚木沙弥郎さん×松田素子さんインタビュー

みんなの声(5人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット