あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
あんじゅじゅさん 40代・その他の方

確かに、あくたれ
「あくたれ」というなんだかパンチのある…

おさるになるひ」 みんなの声

おさるになるひ 作・絵:いとう ひろし
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,100+税
発行日:1994年01月
ISBN:9784061978362
評価スコア 4.69
評価ランキング 1,514
みんなの声 総数 12
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • ほんわか

    おさるのぼくに弟か妹ができるお話です。

    初めの方の、ヘビやカエル、ウミガメの弟だったらいいなぁ〜というところは、ナルホド!と思いました。
    こういう発想、面白いですね(^^)
    へにょへにょのクラゲ、意地の悪いカニのところは息子も爆笑。

    そして、後半のお母さんとのお話のところは私の方が感動しました。

    兄妹が出来るっていいなぁ、と思える素敵なお話です。

    挿絵も、白黒のページと、カラーのページとがあるのですが、カラーのページも絵の具で濃く塗られてあるところと、色鉛筆で淡い色で塗られているページがあったりして、そういう違いもいいなと思います。

    読み終えて、ほんわか温かい気持ちになれる1冊です。

    掲載日:2015/04/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 妹が生まれて、やっぱりおにいちゃんにも赤ちゃんの頃のことをいっぱいいっぱい伝えて愛情いっぱいで育てられたことを教えてあげることが必要なんだと思いました。7歳になるおねいちゃんと、2歳のなる新米おにいちゃんにも赤ちゃんの頃の写真を見せたりしています。おかあさんの愛情がいっぱい伝わってきて癒される絵本です。

    掲載日:2014/12/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • お兄ちゃんになる揺れる気持ち

    絵本から、すこしずつ児童書と呼ばれる読み物にも興味を持ち始めた6歳の娘にちょうどよいかなと思って、図書館で借りてきました。
    娘と一緒に読んだのですが、私の方がジーンときてしまいました。
    もうすぐ赤ちゃんが生まれてお兄ちゃんになるおさるの揺れる気持ち。それに対するお母さんの受け答えが、自然で、愛情たっぷりなのが素晴らしいです。
    自分が小さい頃のエピソードを聞いて、お母さんの愛情をたっぷり受けたんだと納得したおさるは、きっと生まれてくる赤ちゃんにもやさしくしてあげれるでしょう。
    もうすぐ妹や弟が生まれるお子さんに読んであげるのもいいと思います。

    掲載日:2014/03/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 赤ちゃんが生まれるときに

    絵本よりも対象年齢が上の、児童書コーナーにありましたが、文章は短くて絵が全てのページについているので、絵本感覚で読めます。
    絵本を卒業したばかりの時期に、ちょうどいいのではないかと思います。

    赤ちゃんが生まれて、お兄ちゃん・お姉ちゃんとなる子供達にピッタリのお話です。
    全ての文章から、ママの愛情があふれんばかりに伝わりました。
    赤ちゃんのときの記憶はなくても、みんな愛されて育ったんだと思いました。

    タイトルは「おさるになるひ」ですが、きっと「お兄ちゃん・お姉ちゃんになる日」でもいいかなと思いました。

    掲載日:2011/11/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 愛情を感じてほしい

    産まれてくる兄弟も、自分もみんな愛されているんだって感じられる絵本。子供によっては、妹や弟が産まれるのを楽しみにしていた頃を思い出すでしょう。お母さんの、みんな大好きだよっていうメッセージが子供に伝わるので、母としてはぜひ子供に読ませたい。絵もとてもかわいらしく魅力的なので、自分で本を読めるようになった年齢の子供にもぴったりだと思います。おさるシリーズの他の本も楽しく読めます。

    掲載日:2011/04/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大切なことを教えてくれる

    • きゃべつさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子8歳、男の子5歳

    長男が自分で図書室で借りてきました。いつものお猿シリーズだろうくらいの気持ちで
    絵のかわいさに興味を持った次男に、軽い気持ちで読み聞かせ始めたら、
    思いのほか内容が深かったです・・。

    お母さんのお腹の中に赤ちゃんがいる。
    だけど、僕はお腹の中のことは覚えてない。おっぱいを飲んだことも覚えてない・・
    そんなことから、お猿のお兄ちゃんの自問自答が始まるわけですが、、
    お母さんが温かく見守ってます。寄り添ってるお猿の姿がほのぼのとかわいく、心温まります。

    読んだ後、子供達と赤ちゃんのときのことを覚えているかと言う話をしました。
    次男は「おっぱい飲んでたのは覚えてるけど、味は覚えてない」そうです。
    長男はすっかりいろんなことを忘れてるみたいです。

    いとうひろしさんのお話特有の押し付けがましくない哲学観が良く
    読後の親子の会話も進みました。

    掲載日:2009/07/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • お兄ちゃん

    南の島に住んでいる、おさるくんがお兄ちゃんになるお話です。
    のんびりゆったりとした話の中に
    うんうん。わかるわかる。とうなづけたり、ニッコリ
    してしまうセリフやシーンが多々あり
    本当に幸せな気持ちになれる本です。
    ちょっとした言葉の中におさる達の深い思いが表されてます。
    うちは上の子が2歳の時に下の子が産まれたので
    こんな感情は全く感じてないと思いますが
    これからお兄ちゃん、お姉ちゃんになる年長さん位からは
    内容をしっかり受け止めれると思います。
    そんな方には特におすすめです。

    字が大きいので上の子が私が炊事している
    間、下の子に読んでやってました。
    絵も可愛くて大好きな本です。

    掲載日:2008/05/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • もうすぐお兄ちゃん

    • ゆったり♪さん
    • 40代
    • ママ
    • 佐賀県
    • 男の子6歳、男の子1歳

    絵本と児童書の中間にあるような本です。
    それぞれのページにシンプルな絵が描いてあり、
    文字は1行〜2行の1文のみ。
    自分で読み始めるのに、もってこいだと思います。

    南の島に住んでいるおさるくん。
    もうすぐ赤ちゃんが生まれて、お兄ちゃんになります。
    でもちょっと複雑・・・・。

    「おさるの赤ちゃんじゃなくって、へびとかかえるとかかめとかだったら面白いのに・・・」といった空想から「記憶にないんだけど、ほんとに僕はお母さんから生まれたのかな?」といった思いを馳せ、そしてお母さんとじっくり話し合います。

    恐らく長い間一人っ子であったであろうおさるくんの不安な気持ち、それを優しくフォローするお母さんの姿勢。なんともほのぼのとした優しい気持ちになり、じ〜〜んときます。

    なぜか我が家では、小1のお兄ちゃんよりも、1歳の弟のほうが気に入ってます。

    掲載日:2007/10/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • じんわりとあたたかい

    シンプルな絵と文章でさらっと読ませてしまうのに、読後にじわじわっと胸にせまるものがあります。新しく生まれてくる命に思いをめぐらすおさるの『ぼく』のつぶやきやお母さんとの何気ない会話がとても素敵です。大切な事を説教臭くなく心のこもった言葉で子供に伝えるおさるのお母さん。子供より大人のほうがはまってしまう本だと思います。

    掲載日:2006/03/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 愛されること、愛すること

    • 金のりんごさん
    • 40代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子11歳、男の子8歳、男の子6歳

    大好きな いとうひろしさんの作品です。
    前にさらっと読んだのですが、今回図書館で友人を待つ間に改めて読んでみたら、やっぱりジーンときました。

    もうすぐお兄ちゃんになるおさるくんの、ちょっぴり複雑な気持ちと、そんなおさるくんを優しく包み込むお母さんの姿がさらりと描かれています。

    おさるくんの生まれてきたことを、どんなに皆が喜んだか、そして今度生まれてくる子どもも全く同じように皆待ち望んでいること、おさるくんも赤ちゃんも全く同じよう愛されているんだということが、ひしひしと伝わってきます。

    さらに、お兄ちゃんとなるおさるくんは、今までのように愛される対象というだけでなく、赤ちゃんを愛し、守るという新しい役割も担うことになることが、さりげなくお母さんから伝えられるのです。

    愛されること、そして愛することの素晴らしさが、本当に何気ない短い文章で描かれています。

    もうすぐお兄ちゃん、お姉ちゃんになるお子さんに、お膝の上でゆっくりと読んであげて欲しい一冊です。

    掲載日:2006/02/11

    参考になりました
    感謝
    0

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『こえだのとうさん』 いとうさゆりさん インタビュー

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.69)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット