だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!

おむすびころりん」 みんなの声

おむすびころりん 作:與田凖一
絵:渡辺三郎
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1967年06月
ISBN:9784033031507
評価スコア 4.44
評価ランキング 7,733
みんなの声 総数 8
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • リズムが楽しい

    図書館での読み聞かせでこの本を読んでもらって以来、子供達がいつも「おむすびころりんすっとんとん!」と歌っています。
    我が家にも手元に一冊置いておこうと思い購入。
    定番の昔話は数種類出版されている事が多く、挿絵はもちろんのこと、お話の内容も少し違ったりします。
    この絵本では、隣の意地悪じいさんは地面からなかなか出てこられないという結末ですが、他の本ではそのままモグラになってしまったりする物もあるようです。
    「まんが日本昔話」に出てきそうなタッチの絵と文章が気に入ったので、私はこの一冊を選びました。

    掲載日:2015/08/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 昔話の定番

    昔話の定番「おむすびころりん」のお話も、沢山の本が出ていますが、こちらの絵本は、ごく一般的なお話に
    なっていると思います。お話の長さも丁度良く、読みやすかったです。
    ねずみの餅つきの所「せんねん まんねん たったとて〜」と続く歌は、初めてだったので、私も新鮮で
    面白かったです!!
    やっぱり昔話の定番は、何度読んでも飽きないし楽しいです。

    掲載日:2012/04/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • いじわる爺さんがー

    だれもが知っている「おむすび ころりん」
    子供も読む前から、お話を知っていました。

    正直爺さんと、隣の悪者爺さんのお話は、子供にもわかりやすくて面白いです。

    昔話は、地方や書き手によって異なることも見られますが、こちらの絵本は、おそらく一般に広く知られているお話になっていると思いますので、子供にも安心して読ませることが出来ました。

    掲載日:2011/12/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 歌にもなってる古典本

    3歳なりたてにはちょっと長いけど、おむすびころころの歌などをよく保育園やTVでやるので、親近感のある本です。最後まで一緒に読めました。穴におむすびを落としてしまい、何度かわざと入れたらねずみに家(穴)に招待され、お土産に小判をもらうおじいさん。まねして入り、小判目当てでネコの鳴きまねをしたら何ももらえず、妻に叩かれる隣のおじいさん。強欲はよくないと教訓も入っていますが、単純に歌から連想して気に入ったようです。

    掲載日:2011/03/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • おむすびころりんすっとんとん

    有名な昔話は色々な絵本が出ているので迷います。『おむすびころりん』もたくさん種類があるようですね。

    こちらの絵本は標準語で書かれているので、読むのに苦労はありませんでした。また絵もかわいすぎず、昔っぽさが表現されていると思います。

    息子も「おむすびころりんすっとんとん」のフレーズはすぐに覚えて繰り返していました。

    最後の終わり方は私の記憶とは違う気がしたのですが、一般的なのでしょうか。他のも読んでみたいと思いました。

    掲載日:2011/03/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • リズミカル

    • ユナママさん
    • 20代
    • ママ
    • 大阪府
    • 男の子4歳、女の子2歳、女の子0歳

    図書館で他の出版社のおむすびころりんをかりたことがあるのですが、話が短すぎて驚きました。
    有名な日本昔話は、しっかり子供たちに教えてあげようと思ったので、この絵本を選びました。
    “おむすび ころりん すっとん とん”と言うフレーズは、子供も一度で覚えてしまいました。

    掲載日:2006/04/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 親しみやすい昔話

    日本の昔話を代表するお話の1つである『おむすびころりん』。4歳の息子もすでにお話をしっています。
    この絵本には大好きな節「おむすび ころりん すっとん とん」が入っているので、とっても親しみをもっています。
    絵もすごく素敵で、おじいさんはねずみの歌が聞きたくて、こんな風におむすびを穴に入れたんだろうなあとか、創造膨らむ挿絵です。
    絵も適度にあり、文章もしっかりあるので、かっちりと読める昔話絵本の1つだと思います。

    ついでこの絵本を読んでいると、『はなさかじいさん』や『こぶとりじいさん』など、善意なおじいさんばあさんと強欲なおじいさんおばあさんが隣同士に暮らしているシリーズを読みたくなっちゃいます。

    掲載日:2006/04/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 刷数の多いのを選びました

     同じ題の絵本を何冊か並べた時、これが一番刷数が多く、58刷となっていました、だから安心して?手に取りました。
    むかし、あるところに、おじいさんと・・・ではじまるお話を沢山読んで上げたいと思っていました。
    「おむすびころりん」は隣の欲張りおじいさんが登場してきます。欲張ると良いことがないこと教えてくれました。
    また、「おむすび ころりん すっとん とん」はとっても懐かしい歌で、息子に教えて上げました。
    偕成社の「おむすびころりん」はおすすめですよ。

    掲載日:2003/04/05

    参考になりました
    感謝
    0

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…


宮部みゆきさん × 佐竹美保さん 対談インタビュー

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.44)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット