ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

リタとナントカ がっこうへいく」 みんなの声

リタとナントカ がっこうへいく 作:ジャン=フィリップ・アルー=ヴィニョ
絵:オリヴィエ・タレック
訳:こだましおり
出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
本体価格:\950+税
発行日:2009年09月
ISBN:9784265069149
評価スコア 4.25
評価ランキング 14,267
みんなの声 総数 3
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 赤と黒しか使っていないけど可愛い絵!

    リタと、まだしっかりした名前のついていない犬ナントカの話でシリーズもの。

    リタが学校にいくとき、こっそりかばんにいれてナントカも連れて行く。絶対出てきちゃだめ、と言いつけるのだがこっそり出ては給食を食べたりいたずらしたり、、、。でもリタは気づかないみたい。最後、遊びつかれたナントカはぐっすり。

    絵が白黒赤だけでもすごく魅力的で、面白い。娘も気に入っていました。展開も良くてなかなか素敵な絵本でした。

    掲載日:2011/10/11

    参考になりました
    感謝
    1
  • 忍者みたい

    今回のお話ではナントカが忍者のように学校に潜入していました。うちの子はそれを見て「かっこいい〜!!」って言っていました。リタは気づいていなかったのですが、ナントカはとっても楽しそうに学校ライフを楽しんでいたのがとってもかわいかったです。

    掲載日:2013/01/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 疲れる

    ナントカは、鞄の中で寝れてよかったじゃあないと思っていた私ですが

    やっぱり、窮屈だし、面白そうな学校でじっとしてなんかいられないナ

    ントカを応援したくなりました。

    応援なんか必要もなさそうで、好奇心旺盛なナントカにびっくりしてし

    まいました。やってはいけないことをやりたがるナントカは、リタ以上

    に子供なんだと思いました。二人のほのぼのとした会話にも笑えてしま

    いました。ナントカを信じるリタの純粋な気持ちも可愛くてこのシリー

    ズ益々好きになった私です。

    掲載日:2010/08/31

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



宮部みゆきさん × 佐竹美保さん 対談インタビュー

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット