あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
あんじゅじゅさん 40代・その他の方

確かに、あくたれ
「あくたれ」というなんだかパンチのある…

わたしから、ありがとう。」 みんなの声

わたしから、ありがとう。 作・絵:河原 まり子
出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2006年10月31日
ISBN:9784265069729
評価スコア 4.69
評価ランキング 1,513
みんなの声 総数 12
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • ありがとうの大切さ

    • たぽたぁぽさん
    • 40代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子11歳、男の子7歳

    小学校低学年の子どもたちに、
    人権をテーマにした読み聞かせのときに紹介しました。

    おはなしは、歌手の中島啓江さんの自伝的作品です。
    かつて学校でいじめを受けていた中島さんは、
    こう語っています。

    学校でいじめにあっていたわたしの心を
    優しく包んでくれたのは母、
    そして母の教えてくれた魔法の言葉
    「ありがとう」でした

    「いじめ」というテーマではありますが、
    色彩豊かな温かいタッチの絵なので、
    重苦しい感じはなく、
    ありがとうの大切さをそっと伝えてくれます。

    主人公のももちゃん、いじめっこのブラッキー。
    そしてクラスのおともだち、それぞれの心の変化を
    子どもたち自身で感じとってもらえたらうれしいです。

    掲載日:2015/05/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 親子関係

    いじめられていたのに、もう引っ越してしまうのに、一人ひとりの目をみて、「ありがとう」を言う勇気が素晴らしいと思いました。お母さんが教えた魔法の言葉「ありがとう」が、おかあさんとの親子関係が羨ましかったです。子供に寄り添って子供のことを常に見守っているから、子供との会話が常にあるから出来たんだと思いました。母親の愛情が素晴らしいと思いました。子供が困っているときにいつも味方でいたから、子供に向き合っているから適切な助言ができたんだと思いました。

    掲載日:2014/08/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 心を強く、心を豊かに・・・

    このお話は、オペラ歌手の中島啓江さんの幼少の頃の体験談をベースに描かれた物語ということでした。
    もうすぐ引っ越してしまう主人公。今まで、自分をいじめてきた相手にも、「ありがとう」の言葉を残していくというストーリー。主人公への理不尽な攻撃。しめつけられるような思いが伝わってきて、涙が出そうになりました。

    娘には、『「ありがとう」と「ごめんなさい」は、一番大切なことば』と教えています。
    でも、自分に攻撃的な相手に対しても「ありがとう」と言うことは、大人でも難しく勇気のいること。その壁を乗り越えることができたからこそ、今の中島さんの輝きがあるんですね。そして、その壁を乗り越える強さを持てたのは、お母さんの大きな愛情。

    本当に複雑な現代の人間関係。娘も、これから幾度と壁にぶつかる日が来るでしょう。乗り越えていかなければいけないのは、娘自身。
    このお話を読んで、壁を取り除くのではなく、後ろから見守り、すこしだけ背中を押してあげられる母でありたいなと思いました。

    掲載日:2012/04/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 心を強くするには・・・

    • しいら☆さん
    • 40代
    • ママ
    • 宮城県
    • 男の子19歳

    表紙を開いて
    カバーに
    「この世の中でいちばん悲しいことは、心が貧しいことです。」
    \(◎o◎)/!
    中島さんのメッセージに、びっくり

    いじめの本なんだ・・・

    と少々暗い気持ちで読みすすめるのですが
    絵が、なんともカラフルなので
    暗くならず

    ももちゃんの気持ちに同化していきます

    でも、おばさんな私は、おかあさんの気持ちもなんとなく
    わかるし・・・
    でも、こどもが読むとどうなのかな

    ブラッキーの妬み?

    おかあさんが作ったものをプレゼント・・・というのがちょっと
    ひっかかりました
    引っ越すという、物理的に嫌なことから離れる・・・ということも
    ちょっとひっかかりました
    そうでなかったら、どうしたのかな?

    許すって、難しい
    素直になるのも難しい
    自分って、難しい

    と、思いました

    で、母は、おおらかに見守ってあげる存在でありたい・・・と思いました

    掲載日:2011/05/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 言葉

    緑がたくさんあるところで住める主人公は幸せ者だと思いました。主人公の気持ちがひしひしと伝わってくる文章が素晴らしいと思いました。有り難うという言葉の持つ魅力を感じられる絵本でした。母の愛は偉大だと再確認できる絵本です。心が通うことの素晴らしさを感じました。

    掲載日:2010/04/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「ありがとう」の魔法

    この絵本は、オペラ歌手である中島啓江さんの子供の頃の体験談を元に、
    絵本作家の河原まり子さんが絵本にした作品です。

    学校でいじめにあっていたももちゃん。
    ももちゃんの毎日を真っ黒に塗りつぶすブラッキー。
    ブラッキーなんて大嫌い!
    そんなる日、ももちゃんはお引越しすることになります。

    絵本ではあえてさらっと表現されていますが、いじめを取り上げた
    本当はとても奥深い絵本だと思います。
    母さんに言われ、しぶしぶみんなとお別れの「ありがとう」を言うことになった
    ももちゃんですが、その一言が不思議な魔法を持っていることに気付きます。

    ありがとうっていう言葉の重みが改めて認識させられ、大人が読んでも
    いろいろ考えさせられる一冊だと思います。
    子供だけじゃなく、いろんな世代に読んで欲しい一冊です。

    掲載日:2008/05/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 中島啓江さんの実話

    • PIROさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 男の子8歳

    以前テレビで中島啓江さんがこのお話をしているのを見たことがありました。
    この絵本を手にしたときは、中島さんのお話だと気づいていませんでした。
    タイトルと表紙が素敵だったから手に取った絵本。
    読んでみたら!!あ!!あのお話だ。
    テレビで見たときは、絵本の雰囲気よりももっともっと暗〜く悲しい思い出話のようでしたが。。。

    この絵本は、その悲しい気持ちを吹き消すかのようにさわやかな雰囲気でした。

    そうか。お話も絵によってまたお話の書き方によって雰囲気がすごく変わるものなのね。
    これなら子ども達も暗くならずに、前向きになれそうですね。
    素敵な中島さんとお母さんのお話。ぜひ読んでみてください。

    掲載日:2007/06/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 母が押してくれた

    著者の中島さんご自身の思い出を振り返りながら書きつづったおはなし。

    子どもたちは、どんなときでも両親の愛情・アドバイスを
    待ってる物なのかな?って感じるお話しでした。
    あの日、あのとき、ももちゃんの背中を押してくれたのは
    おかあさんの魔法の言葉。

    私も2人の子を持つ母として、子どもたちのこれから先の
    お友達との関わりの中でいろんな壁に直面すると思いますが
    私にも、お話しの中のおかあさんのように子どもたちの
    背中をうまく押すことができるだろうか?

    そして、子どもたちはそんな私たち親の言葉を胸に
    進んで行くことができるだろうか?

    私たち親子に考えさせる機会を作ってくれたのと同時に
    ももちゃんの勇気をしっかり感じ取ることができたと思います。

    掲載日:2007/04/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 魔法の言葉

    • ぜんママさん
    • 30代
    • ママ
    • 広島県
    • 男の子9歳、女の子7歳

    最近、”いじめ”をストレートに題材にした絵本も出版されるようになりました。
    この本は、オペラ歌手 中島啓江さんのいじめ体験を
    河原まり子さんが”子ども達に絵本で伝えたい”ということで、うまれた絵本です。
    自分から勇気を出して使った「ありがとう」により、
    今まで見えなかった友達の心、自分も変われるという自信など
    いろいろなことを感じ取る事ができると思います。
    「ありがとう」という言葉をもっと素直に使える人になれるといいですね。

    掲載日:2007/04/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • ありがとうは魔法の言葉・・・

    • めりぃさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子8歳

    あのいじめっ子がいなければ、楽しいはずの学校なのに・・。
    あんな子大嫌い。
    助けてくれない友達もキライ。
    悔しいし嫌だけど、私はもうすぐ引越しするもん。
    だからいいの。何も言わずに引っ越すの・・・。

    そんな私にお母さんは言いました。
    最後にお友達の目を見て、みんなにありがとうって伝えようねと・・・。

    どうしてそんなこと言うんだろ。
    私はあの子達が嫌いなのに・・・。

    子どもの頃の素直な気持ちが文章に表れていて、そして『ありがとう』という
    素晴らしい魔法の言葉が、子どもたちの心にどのように響くのか、是非子供にも
    大人にも読んで欲しいと思う1冊です。

    掲載日:2007/03/29

    参考になりました
    感謝
    0

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / まどから おくりもの / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ぼちぼちいこか / がたん ごとん がたん ごとん / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。


風変りで美しい表現方法がたくさん!

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.69)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット