サンタクロースのはるやすみ サンタクロースのはるやすみ サンタクロースのはるやすみの試し読みができます!
文・絵: ロジャー・デュボアザン 訳: 小宮 由  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
クリスマスじゃなくてもサンタクロースは大活躍!

きれいなはこ」 みんなの声

きれいなはこ 作・絵:せな けいこ
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\700+税
発行日:1972年12月
ISBN:9784834003758
評価スコア 4.28
評価ランキング 13,957
みんなの声 総数 109
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

109件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
  • ラストが衝撃的すぎます!!!

    3歳半の娘が、「これ読んで〜」と持ってきて、読みました。

    切り絵のような独特のタッチのねこちゃんとわんちゃん。

    きれいな箱をみつけて、とりあって…

    最後には、おばけになっちゃった!!!!!!



    …最近の、「優しい世界」の物語 (以前見た人形劇では、「3匹のこぶた」のラストが何と、「オオカミと和解して、仲良く暮らしました」になってて驚きました)にすっかり慣れてしまっていた私としては、もうびっくりでした。
    ※出版年を見ると、自分が産まれる前で納得しました。。

    親の私は、ラストにかなりの恐怖を覚えたのですが、娘はあまり分かっていないのか、割とケロっとしていました(笑)。

    主人に見せると、「こんなの子供に読ませたらダメだろ!!」という位にびっくりしていました(笑)。


    最近の物語や絵本って、「悪い事してはダメですよ。でも、改心したら、みんな幸せになれますよ。」という、マイルドで優しい物が多くなったなぁ… と、この絵本を読んで、改めて感じました。


    このラストは、今ですと賛否両論ありそうですが、個人的には「教訓のお話は、この位で良い」と感じました。

    「おばけにされるぞ」 という、怖いけど、現実からかけ離れてる所も、ちょっといいなぁと思いますし。


    可愛くて、優しい絵本も良いですが、たまにはスパイス的に、こういう教訓を含めた絵本も読んであげようかな? と思いました。

    「おばけ」の怖さを分かっている (トラウマにならない位で(笑))子供の、しつけの一つとして、良いと思います!

    掲載日:2017/01/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • なんだかユーモラス

    面白いです。
    まずねこと犬の、リアリティーあふれたけんかが面白かったです。
    和風のきれいな箱、何が入っていると想ったのかしら。
    そして、おばけちゃんが出てきました。
    うちの孫は、このおばけちゃんに今はまっているので、
    おばけちゃんが出てくるだけで盛り上がります。
    シザーハンズのような手、大きな口、
    あら、おばけになっちゃった。
    ねないこだれだのいぬねこみたいです。

    掲載日:2016/12/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちょっと怖い

    うちの息子はせなけいこさんの絵本、怖がります。お化けの話も多いのと背景が真っ黒なページが多いので引き込まれるようです。

    今回もお馴染みのお化けが登場します。
    息子は乱暴者じゃないし、逆にひとに譲ってばかりなので取り合いの喧嘩はしないのでそんなに怖がったりはしなかったです。

    自分の欲張りでお友達を傷つけたり、お父さんやお母さんを傷つけたりすると怖いお化けがくるみたいよって、感じで話しました。
    優しいので他の友達が連れて枯れちゃうかな?って心配してました。

    この時期はお化け話は本当に怖がります。
    恐怖でいさえ過ぎないように読んであげれば、いいと思います。

    掲載日:2016/03/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 恐ろしい…

    正直言ってこんなにも恐ろしい絵本はないと思います。ケンカをしたら、長い爪にされたり、大きな口にされるだけでなく、おばけにされてしまうのですから…。

    子どもにとったら怖いけど見たいという感覚なんでしょうね。2才のわが子も「怖いよ!」と言いながらもドキドキした表情でのめり込んで見ています。

    掲載日:2014/12/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 口と爪に注目

    • ポン太さん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子2歳、女の子0歳

    2歳の息子に読んであげました。

    まだ、他の子と取り合い等をした事がないので、本の内容はちゃんと理解出来ていないと思います。
    息子は大きくなった口と長い爪に注目して、読んでいる程度です。

    もう少し大きくなったら、また読んであげたいです。

    掲載日:2014/12/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • あっ、おばけ。

    • ととくろさん
    • 30代
    • ママ
    • 千葉県
    • 女の子5歳、女の子2歳

    うまく物を貸したりできない娘たちに
    なにかよい絵本はないか・・・
    これをすすめてあったので読んでみました。
    可愛い絵ですが、怖い話です。
    猫と犬が綺麗な箱をめぐって喧嘩。
    すると箱からおばけが出てきて・・・
    おばけは「ねないこだれだ」でよく知られるおばけですね。
    私はこれも不気味でそんなに読まないのです。
    せなさんの絵は愛らしく
    それほど尾を引く怖さではないんですけど。

    掲載日:2014/11/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • けんかはだめよ

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    きれいなはこ。いったい中身はなにかしら?と思っていたらなんとおばけ!せなさんの絵本ではおばけは定番ですねー。
    このおばけ、けんかをたしなめるおばけでいいおばけなんでしょうが、怖くもあります。
    娘は「どうしておばけになっちゃったの?」と身に覚えがあるせいかちょっと怖がっていたかな。けんかで手をあげる前にちらっとこの絵本のことを思い出してくれれば手が引っ込むかも?

    掲載日:2014/10/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 私自身のトラウマ絵本で、

    • 梅木水晶さん
    • 30代
    • ママ
    • 山形県
    • 女の子2歳、男の子0歳

    小さい頃に読んで怖くて怖くて仕方がありませんでした。小さい頃は、箱からおばけが出てくるページのけむりの部分を、おばけの髪型だとずっと思っており「なんでこんな変な髪型なんだろう」とずっと思っていました。お恥ずかしい限りです。

    掲載日:2014/10/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • この箱うちにも一つ下さい。

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子7歳、女の子2歳

    ねこちゃんと犬さんが、箱を見つけて大喧嘩。

    私が先にみつけたっ と犬をひっかくネコ。
    ぼくが先だっ とネコにかみ付く犬。

    我が家の兄妹喧嘩と全く同じ状況、光景。

    あれれれ箱からオバケが出てきて、
    犬をひっかいたネコの爪はどうなった?
    ネコにかみ付いた犬のお口はどうなった?

    あれあれあれれー!?!?!?

    と読んでいくと、
    見に覚えのある2歳の娘、
    ちょっとおとなしくなりました。

    いいね、この箱。
    うちにも一つ下さい!

    掲載日:2014/05/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 息子の成長を実感

    赤ちゃんの頃にこの絵本を読んだときには、わけも分からずかわいい絵にニコニコしているだけだった息子ですが、3歳になってからまたこの絵本を読み直したところ、こわーい意味がよく分かってきたようで、しばし呆然としていました。一つの絵本で息子の成長を感じることができるなんて、とてもうれしいです。
    せなけいこさんのの絵本は、大人が読んでも楽しいところがいいです。変にハッピーエンドにならないところなんて、最高です。

    掲載日:2013/03/12

    参考になりました
    感謝
    0

109件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • わすれもの
    わすれもの
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ぼく、ここでまってなきゃ。 切なくてあたたかい、ちいさな「わすれもの」の気持ち。


『コウノトリのコウちゃん』かこさんインタビュー&コウノトリの里、越前市レポート

みんなの声(109人)

絵本の評価(4.28)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット