雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

明るく斬新なイラスト
賢治がずっと思っていたこと、こうありた…

オリビア サーカスをすくう」 みんなの声

オリビア サーカスをすくう 作・絵:イアン・ファルコナー
訳:谷川 俊太郎
出版社:あすなろ書房 あすなろ書房の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2002年
ISBN:9784751519899
評価スコア 4.48
評価ランキング 7,098
みんなの声 総数 20
「オリビア サーカスをすくう」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

20件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • さすがオリビア!

    こぶたのオリビアが1作目よりもちょっとお姉ちゃんになっていました。
    その分,頭も回るといいますか。。かなりのおしゃまさんです(笑)。
    大人が読んでいて楽しく面白い絵本です!
    さすがオリビアですね!
    今後のシリーズも楽しみです☆

    掲載日:2015/10/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 気になっていたので・・・

    前からこの絵本の洋書が気にはなっていたのですが・・・なかなか読む機会がなかったので、今回日本語の方を見つけたので読んでみました。やんちゃな豚の女の子のお話で、男の子でも聞いていて楽しそうでした。このシリーズまた読んでみたいそうです。

    掲載日:2012/04/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • オリビア

    以前にも同主人公が登場する絵本を読んだことがあったのでこの絵本を選びました。裏表紙に書かれている谷川俊太郎さんの文章が極上でオリビアの魅力を端的に表現しているのが良いと思いました。モノトーンの中にピンク色がとても効果的に使われているのが素敵でした。どんな役もこなしてしまう主人公はとても格好いいなと思いました。サーカスに行きたくなる絵本です。

    掲載日:2010/04/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • やっぱりオリビア!

    • ゆすさん
    • 30代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 女の子0歳

    前作があまりに気に入り、心待ちにしてた2冊目。
    発売されてすぐに買いに行きました。

    やっぱり、相変わらずのオリビア。
    今度はサーカスで大活躍!

    もぅ。やっぱり可愛すぎます!
    オリビアグッズも発売され、ついつい買ってしまいました。

    親子で楽しめる絵本です。

    掲載日:2009/11/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • サーカスへ行きたい!

    • ゆぺちさん
    • 30代
    • ママ
    • 岡山県
    • 女の子3歳、男の子1歳

    大人気のオリビアの第2弾。オリビア、パワーアップしてます!
    学校でのお休みの日に何をしたかの発表。オリビアはサーカスへ行った事を話します。でもそれは、サーカスを見たのではなく、サーカスを披露する側でした!!何でも出来るオリビアですが、サーカスまで?!軽い身のこなしで、絵本から出てきそうです^^
    得意げに話したオリビアですが、先生は「本当のはなしですか?」と繰り返し…先生とオリビアとのやり取りも笑えます。
    前作には無かったちょっとした仕掛けもあり、子供は大喜び。
    3歳の娘はまだサーカスを見たことがないのですが、興味津々でした。

    絵もいかにもオリビアらしく、オシャレな所や白黒の中に赤が効いているところなど見所満載。個人的にはオリビアのベットの所の絵画が何だかくすっと笑えて気になりました。そんなところが大好きです。

    掲載日:2009/02/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • オリビアの行動力って子どもそのもの

    「オリビア」を読んでからずっと続編を読みたいと思っていて、続きの話が3つ見つかったので、一気に読みました。

    オリビアの行動力って子どもそのもの。

    食事を作って片付けをしないでそのままのところや、朝、服に文句をつけているところなんて笑ってしまいます。

    サーカスへ行って、サーカスがやっていなければ、自分で出てしまう点もすごいなって思いました。

    子どもだけじゃなくて、誰にでもどこかにオリビア的なところが潜んでいそうな感じがしました。

    掲載日:2008/10/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • うちの娘だったら!!

    オリビアのママや先生とおはなしする態度の生意気さと言ったらないんです。
    うちの子がこんな風だったら、絶対に許せない。
    でも、読んでると『こんな子も、いてもいいよね」なんて思えてきちゃうから不思議。
    妄想の世界をむくむくむくっと広げて、クラスで発表しちゃうエピソードなのですが、「ウソ」とは分かってるのに、どんどんお話に引き込んで楽しませる魅力を持っていて、脱帽でした。
    回りの人間がどう思おうかなんて、全く感心ない! というのが強烈です。

    掲載日:2008/09/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • うちの子もしてそうで…

    息子の通っている小学校でも、
    月曜日の朝に、数名が週末にあったことを話すそうです。
    この絵本を読んで、息子もこんなこといってるんでは〜と、
    ちょっと空想癖のある息子なので、心配になってしまいました^^;

    でもこのオリビアの空想レベルは、なかなかすごいですね〜。
    絶対思いつかない(笑)
    お休みの理由までしっかりしているし!

    何よりも最後の掛け合いの様子に、めっちゃ笑ってしまいました〜。

    掲載日:2008/07/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • ふるい弟って!!

     前作のオリビアがすっかり気にいった我が家の兄弟。この絵本で、前作以上にパワーアップしたオリビアの姿に、兄弟の目は釘付けです。

     あたらしい弟とふるい弟っていう表現に、自分が読んでいて吹き出してしまいました。そうなんですけどね。

     サーカスのピンチを救うオリビア。夢のようなお話なんだけど、最後に寝る前のお母さんに「トランポリンの女王」と言われているところをみると、日常の生活の中の一コマが、そういった空想を広げるきっかけになっているんでしょうね。

    掲載日:2007/12/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 想像力がたくましい

    相変わらずですね〜オリビアの想像力のたくましいこと。
    サーカスの皆が“中耳炎”でお休みだから オリビアが代役だなんて笑える〜〜
    しかけの部分もなんだかとぼけていて可笑しいです。
    娘もページを開きながら「クフっ」っと笑っていましたよ。
    先生との最後の掛け合いもなんだかズッコケなお笑いの雰囲気があっていい味だしてますね。
    オリビアが制服を“ダサイ”っていうのも分かるなあ
    オリビア流の赤いリボンと帽子バッグの組み合わせがおしゃれでカワイイですね。

    掲載日:2007/12/03

    参考になりました
    感謝
    0

20件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / ぞうくんのさんぽ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


『ことわざ生活 あっち篇 こっち篇』<br>ヨシタケシンスケさんインタビュー

みんなの声(20人)

絵本の評価(4.48)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット