ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

みどりの しっぽの ねずみ」 みんなの声

みどりの しっぽの ねずみ 作・絵:レオ・レオニ
訳:谷川 俊太郎
出版社:好学社 好学社の特集ページがあります!
本体価格:\1,456+税
発行日:1979年
ISBN:9784769020110
評価スコア 4.2
評価ランキング 15,706
みんなの声 総数 19
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

19件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 仮面の魔力

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子14歳、男の子12歳

    表紙のトーンと「かめんにとりつかれたねずみのはなし」という副題が暗示的です。
    平和に暮らしていた野ねずみたちが町のねずみと出会い、
    仮面パレードのお祭りの話を聞きます。
    早速まねし始めた野ねずみたちは、仮面をかぶることで・・・。
    訳者の谷川俊太郎さんはこの作品に、レオニの不安を感じ取っています。
    確かに、レオニのやりきれないメッセージも感じられます。
    展開や色調に、ちょっと怖がる子ども達もいそうです。
    でも、この状況は、戦争の状況とそっくりに思います。
    武装することで、だんだんと憎しみの感情に染まっていくという恐ろしさ。
    本筋とはあまり関係なさそうなみどりのしっぽが題名であることも、
    恐怖よりも愚かさを忘れまい、ということでしょうか。
    少し考えさせる、重いテーマの潜んだ作品だと思いました。

    掲載日:2008/01/23

    参考になりました
    感謝
    1
  • レオ=レオニの 「かめんに とりつかれた はなし」副題で少し分かりましたが・・・・
    マルディ・グラの意味が始め分かりませんでした 
    火曜日の懺悔?  フランス語で 仮面をかぶってパレードするといのですが
    いなかねずみ達は自然の中で幸せにくらしていたのに・・・町のねずみ
    がやってきて「マルディ・グラのことを聞いて まねっこ するのですね

    仮面はおもしろいのですが
    仮面をかぶると 人が変わってしまうのですね、
    なんと 平和な毎日だったのに・・・・
    のねずみたちは かめんをかぶって にくしみや うたがいが うずまくなんて
    なんだか 人間社会にもあるようで・・・こわいきがしました

    みんな元の現実にきがついて 仮面を焼いてしまうのです
    ほんとうのねずみにもどったのですね
    そして いままでのように しあわせに たのしく いきてゆきたいと 気がつくのです
    悪い夢をみていたようですね

     まちのねずみはどうしたのかしら?

    掲載日:2014/11/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 全てのページの絵、額に入れて飾っておきたくなるくらい

    • 梅木水晶さん
    • 30代
    • ママ
    • 山形県
    • 女の子2歳、男の子0歳

    美しい絵です。私のレオレオニ好きに更に拍車がかかりました。このねずみたちは、自分が仮面をつけたことによって自分が強くなったと勘違いしてしまったのかな?争いのない平和な毎日が何よりも素晴らしい事なのにね!

    掲載日:2014/10/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大人っぽい話

    今、国語の授業で「スイミー」をやっているせいか
    娘が学校の図書館からレオ・レオニさんの絵本を借りてきました。
    一緒に読んだのですが、この絵本は、絵本といえども、ちょっと
    難しかったです。大人っぽいなあって思いました。
    かめんをつけると、本来の自分の姿っていうものを忘れてしまう
    のですね。それほど考えもせずにやりはじめたことでも、こんな
    風になってしまうって、とってもおそろしいことだなあと思いました。
    そうして、でも、かめんをたきびでもやしてしまうと、なにが
    あったか思い出しもしなくなった・・・それもまたこわいことだ
    とも思いました。
    娘は、ただただ不安そうに聴いていました。

    掲載日:2014/06/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子どもは、どう感じるのかな?

    フレデリック?
    ではないのか?な?

    これも知らなかった・・・レオ=レオニの作品

    副題が気になります
    「とりつかれた」って、何だろう?

    カバーの谷川さんの
    「レオニの一面」
    「自然というものの限りなさのおそれ」
    「人工の世界の秩序に逃げ場を求めた」
    「レオニの不安とそれ故のメッセージ」
    の言葉に「???」

    文字がない場面が
    動き出しそうな雰囲気

    伝えていくもの・・・なのかな

    子どもは、どう感じるのかな?

    レオニ作品の奥深さをまた感じました

    掲載日:2012/07/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 可愛い顔だけど

    可愛い顔をしたネズミだけど
    仮面をかぶることによって、強くなった気がする。
    みんなで強くなった気がしているだけで
    実際は、かわらない。
    楽しい気持ちを通り越して
    別の気持ちが芽生えてくる、恐ろしいお話だと思いました。
    戒めのように緑のしっぽは緑色のまま。

    掲載日:2011/12/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 仮面の力

    レオニさんの作品は他にも読みましたが、こちらはずいぶんとダークな印象です。
    お話が進むにつれて、深みにはまっていくような感覚になりました。

    サブタイトルどうり、仮面の魔力にとりつかれているようです。
    女性ならば、メイクや服で、その日の気分が変わったりするでしょう。
    レオニさんは、そんなことを風刺しているのでしょうか。

    全体的に、色のトーンが暗めなことも、お話の印象に大きく影響していたと思います。

    掲載日:2011/12/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 仮面の象徴するもの

    • きゃべつさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子10歳、男の子7歳

    レオニ作品は、好きでよく読みますが、私が読んだ作品の中でも一番重ーい難しい題材でした。
    あるとき仮面をつけてお祭りをすることを知ってしまったねずみたちが
    その後も自分を見失いそうになります。
    仮面を外すことにして、普段の平穏な生活になったように見えたけれど、みどりのしっぽだけは消えずに残った・・

    このストーリーで私が思い浮かべたのは、
    田舎の場所にそぐわないようなきらびやかな物
    今も処遇に困ってるような施設だったり、
    もしくはもっと身近なことで、
    立場によって自分を変えないといけないときがあるけれど、
    それで勘違いしてはいけないんだという戒めなのかなと思ったり・・
    仮面をつけたネズミたちが象徴するものについて考えされられました。

    人の見栄のような欲に対する警告なのかなと感じました。
    子供向けの絵本とは思えない内容でした。

    掲載日:2011/12/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 戒めのみどりのしっぽ

    レオニ作品では、めずらしく背景が青い作品です。
    いつもの美しい白さはなく、どことなくどんよりした雰囲気です。

    ねずみたちが、仮面に取り付かれ、本来の自分らしさを失ってしまい
    しまいには、自分自身すら見失ってしまいます。
    そこに一匹のねずみが現れたことにより、ねずみたちは
    もとの生活に戻っていき、不幸な過去を忘れてしまいます。

    しかし一匹のねずみだけ、変装したときに塗ったしっぽの色がとれずに
    そのことを忘れずにいる

    忘れちゃいけない。と

    これまで人が争ってきた歴史も、繰り返さないように忘れちゃいけない

    とても深い題材の話だと思います
    大人が読む絵本なのではないかと思うほどです。
    子供には、歴史を学ぶ頃に読んであげたいと思います

    掲載日:2011/12/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • みどりのしっぽの意味

    仮面をつけたのねずみの話。

    遊びでつけた仮面だったのに、仮面が心にまで影響を及ぼしてしまう。

    恐い内容の絵本だなぁと思いました。

    我が家の子供達には、難しくて、重すぎたような感じです。

    もう少し大きくなってからじっくり読みたいと思いました。
    そして、みどりのしっぽの意味を感じて欲しいです。

    掲載日:2011/12/09

    参考になりました
    感謝
    0

19件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語


『大きなクスノキ』 みそのたかしさん さとうそのこさん インタビュー

みんなの声(19人)

絵本の評価(4.2)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット