だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

きかせてたのしいこと ねんねのまえに」 みんなの声

きかせてたのしいこと ねんねのまえに 作:ジョイス・タンバー
絵:デビ・グリオリ
訳:山口 文生
出版社:評論社 評論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2000年
ISBN:9784566006911
評価スコア 4.53
評価ランキング 5,023
みんなの声 総数 14
「きかせてたのしいこと ねんねのまえに」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

14件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 寝る前に

    このお話は、なかなか寝付けない妹をお兄ちゃんがなだめて寝かしつけるお話でした。お兄ちゃんが優しくなだめている姿がとっても素敵で、私も子供が寝ないときはもう少し優しくしてあげなくては、と思いました!うちの子もこの絵本を聞いて、「ちょっとうらやましいな〜!」と言っていました。

    掲載日:2015/11/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 眠れない夜の1冊に・・・

    デビ・グリオリ氏の絵がかわいい・・・
    くまさんとうさぎさんと
    どちらもお休み前の絵本のようで
    気になって、2冊一緒に借りてきました

    耳長で、垂れてるぬいぐるみのようなウサギさんの
    兄妹なんだね

    2段ベッドで
    お兄ちゃんが アドバイスしても
    妹のウィラは怖い夢を心配して
    眠れない

    よくあること(^^ゞ

    しかし、お兄ちゃんのウィロビーの偉いこと!!
    寄り添って
    ちゃ〜んと相手をしてくれてる
    すごいねぇ
    マネ出来ません(^^ゞ

    それにしても
    素敵なお家に、素敵な雑貨(^^ゞ
    とっても安心して眠っている他のぬいぐるみ

    寝る前の絵本にぴったりですね

    掲載日:2012/10/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • まさにお休み前の1冊に

    怖い夢を見そうで怖くて眠れない。。。子どものころ私自身もそんな気持ちになっていたなと懐かしく思い出しました。

    ほのぼのとした語り口調の文からも、
    イラストのふんわりしたタッチからも、寝る前の読み聞かせにまさにおススメだと思います。

    娘は、にわとりスリッパが気に入ったようで、これほし〜と言っていました。

    おにいちゃんと妹のふたりでのお話展開なのですが、パパやママの影がイラストから見えるのが素敵だなと思います。

    掲載日:2011/11/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 兄弟

    主人公の表情が素敵な表紙に魅せられたのでこの絵本を選びました。主人公の身持ちがひしひしと感じられるのが良いと思いました。夜が怖い気持ちをしっかりと言葉で表現できるのが素晴らしいと思いました。主人公のお兄ちゃんはとても妹思いで感動しました。こんな素敵なおにいちゃんを持った主人公は幸せ者だと思いました。兄弟っていいなと思いました。

    掲載日:2010/10/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • ステキなお兄ちゃん

    2年生の娘は夜をとても怖がるタイプで
    まさにこの絵本のウィラちゃんのように
    怖いことばっかり頭をめぐって眠れない・・・とよく言います。
    そういうときに「楽しかったこととか これから楽しみなことを考えるといいよ」と私は言い、
    「たのしいことなんてひとつも思いつかない」っていう娘。
    この絵本のウィラちゃんとお兄ちゃんの会話そのもので
    おもわず笑っちゃいました。
    優しいお兄ちゃんはウィラちゃんの気持ちにやさしく寄り添ってあげて
    ウィラちゃんが納得するまでお話してあげます。
    なんてよくできたお兄ちゃんなんだろう@@
    私も日々の子育てを少し反省・苦笑
    娘はこの絵本を読んで
    夜を怖がる・・・っていうことが自分だけではないんだと少し安心したみたいです。

    掲載日:2010/10/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 将来は先生になってもらいたい

    • おるがんさん
    • 40代
    • ママ
    • 高知県
    • 女の子14歳、男の子12歳

    こわがる妹を素晴らしくじょうずに誘導して、ちゃんと寝かしつけるなんて、
    大人でもこんなにはできないです。
    妹はお兄ちゃんに言われたのではなく、自分の意思でベッドに入ったと思っています。
    それに、お兄ちゃんが自分の希望を聞いてくれて、安心して満足して眠ります。
    これには、ほんとにまいりました。
    このおにいちゃんと師匠と崇めたいくらいです。
    息子の担任の先生に、こんな魔法使いのような先生がいました。
    子どもに押し付けられた感を持たせず、むしろやる気を出させていました。
    こんな技がほしいです。

    掲載日:2007/05/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 理想の兄弟だけど・・・。

    表紙のかわいさで、娘が借りました。
    お兄ちゃんが妹にやさしく寝かつけるまでのやり取りがとても暖かくて、こんなお兄ちゃんがいたら本当にいいだろうな・・・と思いました。
    絵も、心穏やかな気持ちになり、寝かしつけにはもってこいな絵本だと思いました。
    子供達も読んだ後に二人で手をつないで寝ていました。我が家は年子なので、こんな風な兄弟関係にはならないだろうな・・・とは思いますが、絵本を通して兄弟の暖かさを感じられるところがとてもいいところだと思いました。

    掲載日:2007/04/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 素敵な兄妹♪

    夜、なかなか寝付けない妹の為にお兄ちゃんが
    たくさんの幸せなお話しをしてくれます。
    こころがとっても暖かくなって、
    きょうだいっていいな〜ってほんわかな気持ちになります。

    寝付く前に、こんなに幸せなお話しを聞けるなんて
    たくさんのいい夢が見られそうでしょう?
    我が家の子どもたちも、2人っきりで寝る様になったら
    こうやってお話ししながら寝付くのかな??

    掲載日:2007/03/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 憧れの2段ベッド、憧れのお兄ちゃん

    眠れない妹、ウィラのためにおにいちゃんのウィロビーが、やがて来る朝のために、色んなものが色んなことを「まってる」と教えてあげます。暗い部屋でスタンドのスイッチを入れてあげながら。窓を開けて夜の世界を眺めながら。
    絵をデビ・グリオリという人が描いています。この人が書いた「ねむれないしろくまくん」という本も読んだことがあって、偶然どちらも眠れない子供のことを書いた本でした。共通して、眠れない子供にだけ広がる独自の世界があって、それはとても透明な、大人が忘れかけていたもののような気がします。本文を書く部分が絵の中の一部分のようにレイアウトしてあって、1ページ1ページがおとぎばなしです。
    この兄弟は2段ベッドに寝ています。上がお兄ちゃん、下が妹。私は3人兄弟の真ん中だったのですが、いつも2段ベッドにあこがれていました。そしてお兄ちゃんにも。姉と妹は何か近すぎて、兄と妹という、近すぎない遠すぎない関係にあこがれていました。いないからそう思っちゃうんでしょうけどね。本の中のウィロビーはウィラの好きなものを何でも知っていて、ウィラは何回も「それってとってもうれしいな」と言うのです。ちらっと絵の中に姿をあらわすお母さんは、そんな二人の姿を見て、幸せを感じたことでしょう。読んでいる私にもそんな幸せがうつったのか、いつもは次のページ、次のページと先を急ぐ私の息子も、じーっと黙って最後まで聞いていて、最後の「おしま〜い」でほぉ〜っとため息をついてにっこりしたのでした。

    掲載日:2005/12/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • いい夢見れそうなしあわせ気分

    • ぼのさん
    • 30代
    • ママ
    • 新潟県
    • 男の子10歳、女の子8歳、女の子3歳

    優しいお兄ちゃんの言葉に、妹だけでなく、読者もあたたかい気持ちになり、いい夢見れそうな幸せな気分で、眠りにつくことができます。
    題名どおり、ねんねの前におすすめの1冊です。

    眠れない妹に、ストーリーのあるお話をしてあげるのではなく、妹の周りの身近なものたちが、明日を待っているんだと、教えてくれます。
    自分も眠いだろうに、こんなに優しく暖かい言葉で、妹を安心して眠りにつかせてくれるなんて!こんなお兄ちゃん、一家にひとりほしいですね(笑)。
    我が家の兄ちゃんも、けっこう優しいいい兄ちゃんですが、自分の方が先に、ゴーゴーいびきかいて寝てしまいます(爆笑)。

    絵もほのぼの優しいタッチでいいのですが、壁紙とかカーテンとかパジャマやベッドカバーが、重なるとちょっとくどい気がします。(外国の子供部屋ってこんな感じなのかもしれませんが・・・)
    ウィロビーとウィラという名前も、こんがらがりそう。(外国では普通なのかな?!)

    掲載日:2004/09/10

    参考になりました
    感謝
    0

14件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。
  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…


宮部みゆきさん × 佐竹美保さん 対談インタビュー

みんなの声(14人)

絵本の評価(4.53)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット