大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!

絵本で子育て」 みんなの声

絵本で子育て 作:秋田 喜代美 増田 時枝
出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2009年11月10日
ISBN:9784265801893
評価スコア 3.75
評価ランキング 29,474
みんなの声 総数 3
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 育児相談にも

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    絵本を紹介しながら育児相談にものってくれる本です。
    上の子のことを思い出しながらああこんなことあったなと思ったりしました。
    子供の成長のこと、よく聞く悩み等があるので読むと参考になるのではないでしょうか(特に初めての子育ての方)。
    絵本はちょっとこの年の子には早い?と思う本も中には紹介されているようでしたが、まあそれもまたありとは思います。

    掲載日:2014/09/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 悩み別の絵本

    絵本ガイドの中でも少し珍しい体裁の本です。
    年齢別での紹介は一般的なのですが、さらにこの本では親の悩み別に解説とそれに関連する絵本を紹介しています。
    たとえば「抱きぐせがついてしまったようですが、このままでいいのでしょうか」という親の悩みに対して、著者なりの考え・見方が述べられた後で絵本の紹介があります。
    こういう視点で絵本を選んだことはなかったので新鮮でした。
    絵本は子どもにとってのものだけではなく、親にとっても味方になってくれる存在なんですね。

    掲載日:2013/10/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子どもの発達にも触れながら

    絵本ガイドは多いと思いますが、子どもの発達に関して触れながら絵本も紹介するスタイルの本は珍しいと思います。

    ブックスタートをそれぞれの自治体でするようになって、乳幼児から絵本の読み聞かせをしようというのは広がりを見せていると思います。

    ただ、絵本の読み聞かせがその後も定着していくかというところは、それぞれの家庭の親の熱心さ如何というところが大きいと思います。

    子育てをしていて思うのは、乳幼児ほど一人ひとりの成長・発達がまちまちだということ。親もある程度は子どもの発達段階を知っていた方がいいのではということです。

    Q&A形式できめ細かく書かれている本だなあと思いました。

    どこから読んでもよいという編集になっていますが、作者の願いが込められている「はじめに」は読んでから内容に入った方がいいように思いました。

    ともすると、読み聞かせまでが早期教育の中に取り込まれそうになってきているので、ゆったりとゆっくりと乳幼児期を親子で過ごしてほしいと思います。

    掲載日:2010/06/26

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



宮部みゆきさん × 佐竹美保さん 対談インタビュー

みんなの声(3人)

絵本の評価(3.75)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット