モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
モカミさん 40代・ママ

可愛らしい
娘がふくざわゆみこさんの本が大好きで、…

みずぼうそうだよヤンダヤンダ」 みんなの声

みずぼうそうだよヤンダヤンダ 作:おのりえん
絵:国松エリカ
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1999年07月
ISBN:9784032320107
評価スコア 4
評価ランキング 20,264
みんなの声 総数 2
「みずぼうそうだよヤンダヤンダ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • フンガくんの絵の人です!

    「あっ、これ、『フンガくん』の絵の人だね、じゃ、一緒に読もう」となって、図書館から借りてきた本。
    息子は、予防接種をしているので、みずぼうそうになったことないんだけど、この際勉強にもなるし、読んでみようと軽い気持ち。
     世話好きのお姉さんは、弟たちがみずぼうそうになっても、一生懸命看病。とっても、偉いなって感心。
     ねずみのお医者さんと看護婦さんが、とっても可愛くてこのページを一番長く見ていた気がします。
     とうとう看病したお姉さんまで、うつってしまい、
    あ〜あって言う感じ。
     でも、最後の「ばか」は、どうしてこう言う場合この言葉わ使うのか、ちょっと疑問。
    逆にどんな言葉がいいか、息子と考えたりしました。

    掲載日:2003/12/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • ラストシーンを除けば五つ星なんだけどな〜

    • ぼのさん
    • 30代
    • ママ
    • 新潟県
    • 男の子9歳、女の子7歳、女の子2歳

    長女が図書館で借りてきた、ヒッポ・ヒッポ・ルーとやんちゃな七つ子の弟カバたちの、シリーズです。
    最初、題名を見たときは、よく小児科の待合室とかにある、病気の解説を小さな子にわかりやすくかいた、薬品会社が出してる絵本かと思いましたが、読んでみたら全く違いました。
     
    弟のひとり、ヤンダヤンダがみずぼうそうにかかってしまい、ヒッポ・ヒッポ・ルーは病院へ連れて行きました。そう、みずぼうそうはうつるんです。ふたり、3人・・・とうとう7人全員がみずぼうそうになってしまいます。プリンにおかゆにふわふわケーキのみずぼうそう用特別メニューを作ったり、かゆみどめのクリームをぬってやったり・・・大忙しのヒッポ・ヒッポ・ルー。おねえさんって大変ね!(そういう私もおねえさんだった!)

    お話もおもしろいし、カバたちの表情をはじめねずみのおいしゃさんなどの脇役まで絵がすごくかわいくて、こりゃあ、五つ星かな〜?と思っていたのに、ラストのヤンダヤンダの言葉にがっかり!あんなに、一生懸命看病してくれたおねえさんにそれはひどいんじゃないの?!とムッとしてしまいました。でも、弟なんてこんなもん?最後のヒッポ・ヒッポ・ルーのひとことに妙に納得しちゃいました!

    掲載日:2003/04/09

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


『プルバックでゴー!』しかけ絵本専門店「メッゲンドルファー」 嵐田一平さんインタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット