庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

ママ、わすれてるじゃない」 みんなの声

ママ、わすれてるじゃない 作:エイミー・へスト
絵:アニタ・ジェラーム
出版社:評論社 評論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2001年11月
ISBN:9784566007260
評価スコア 4.72
評価ランキング 1,050
みんなの声 総数 24
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

24件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • 空気

    母が子供を思う気持ちと子供が母を慕う気持ちとがとても上手に表現してある表紙に惹かれたのでこの絵本を選びました。家の外の嵐の様子と家の中の温かい空気の温度差を感じる事が出来る絵本でした。外がどんな状態であれ、お母さんの配慮によって子供を不安にさせない所が素晴らしいなと思いました。寝る前の儀式が色々決まっている所が可愛らしかったです。

    掲載日:2009/06/03

    参考になりました
    感謝
    1
  • ママと子どものくまの関係がうまく描かれているな〜
    子どものくまはベットで一人でねむります
    でも・・・・ ママに甘えたくて ほんをよんでもらったり
    ミルクをおねだりしたり
    ママ わすれているのじゃない
    ママはなんども 考えて こぐまの要求に応えてあげます
    この時間ママを独占している 大事な大事な時間なのですね

    ママのキスでやっと安心して ぐっすり眠ります
    おやすみ
    寒い 冬のよるの あたたかい時間が感じられます
    絵がとっても きれいで 外の 冬の様子がよくでています
    鳥のすがた  枯れ葉がまうところなど 冬の寒さが感じられます

    掲載日:2015/10/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • たいせつなこと

    • らずもねさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子8歳、男の子5歳

    あらしのよるです。
    寝る時の儀式をママと子供で話しています。
    毛布、ミルク・・・
    なにをわすれているのでしょう??
    子供達が大きくなるとついつい大事なことを
    忘れてしまって、
    「早く寝てほしいなぁ」という気持ちが
    前に出ちゃうことがあります。
    絵本を読んだら
    そんな小さいころしていた儀式を思い出しました

    掲載日:2015/06/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • ママがいれば安心

    寝る前はどこのおうちも似たようなものですね^^

    うちでも寝る前絵本を読み、いまだに「じゃあチュとギュ!」と甘えてきます。
    そとの荒れた天気を気にも留めず、ママがいることで安心しきっている親子の信頼関係に脱帽です。

    掲載日:2014/06/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • ママとの愛情コミュニケーションチェック

    4歳3ヶ月の息子に読んでやりました。寝る前にママにいつもしてもらうことをしてもらうお話。いわば、ママとの愛情コミュニケーションチェック。試しているわけではないけれど、子供としてはママを独占したい、身近に感じたいと寝る前に思うのでしょう。そんな様子をとても愛らしく表現されているので、こうやって接してやらなきゃなーとちょっと反省。たしかに寝る前って子供は愛情を欲しますよね。何歳になっても、それが普通なのかもと思いました。最近、妹ができて、息子にはいろいろ我慢させてしまっているので、そういうちょっとした寝る前の儀式みたいにして愛情を注いでやるのもいいかも!

    掲載日:2011/12/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 甘える坊や

    嵐の晩に、寝付かれない坊やです。

    ママに甘える坊やがとても可愛いです。ママも坊やとの時間を大切にし

    て毎晩の儀式を楽しんでいるようです。ママの方が一番楽しみにしてい

    る時間なのかも知れません。思いっきり甘える坊やを愛おしくて自分の

    腕の中に抱きしめて本当は眠りたいのだと思います。

    いつまでも二人の時間を過ごしたい、ママの思いが伝わってきました。

    孫は、パパとママにはさまれて「川」の字になって寝ているので、あっ

    ちこっちごろごろしてると思うと和みます。

    親には、幾つになっても甘えるだけ甘えてほしいです。

    掲載日:2010/09/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • やさしいママ

    • オパーサンさん
    • 30代
    • ママ
    • 福島県
    • 女の子4歳、女の子1歳

    「ぼうや おくちをあけて」を先に読んでいたので、表紙の絵をみたとたん、「この本読んだことあるよ」と言う娘。
    「あのくまのサムが出てくる別のおはなしなんだよ」と説明をして、読み始めました。
    久しぶりに会ったサムは相変わらずの甘えん坊。そしてサムのママは相変わらずのやさしいママ。
    「ママ、あれを忘れてるんじゃない?」と言ってなかなか眠ろうとしないサムを、ママがゆったりと眠りに導いてくれます。
    サムの言うとおり、ママは本当は分かっていたのに、サムとの愛しい時間を楽しむために、わざと忘れたふりをしていたのかもしれませんね。
    前作と同様に、ほのぼのと温かい、親子の愛情をたっぷり感じられる絵本でした。

    掲載日:2010/01/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • わかってるくせに

    くまのぼうやのあまったれぶりが可愛くてたまりません。
    最後の忘れ物は、ぼうやが言うとおり
    ママはわかっているのではないかと思います。
    あんまりぼうやが可愛いので からかいたくなったのでは?
    両手で両足を持ってママの言葉を待っている「ぼうや」が
    とっても愛らしいのです。
    早くうちの子も話さないかなぁと思ってしまいました。

    掲載日:2009/04/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • まねっこしたくなります

    かわいい絵に目がとまり、読んでみました。
    我が家でもこの本に出会う前からおやすみの儀式をしていました。ぎゅうっと抱きしめた後、おたがいのほっぺにちゅっとします。
    この本を読んだ後、わざとその儀式を忘れたふりをして「じゃあ、おやすみ〜」と言ったら、期待どおり、娘も嬉しそうに「もう、おかあさん、あれわすれてるじゃないの〜」って言ってくれました。
    いつもの儀式にさらに幸せをプラスしてくれた本です。

    掲載日:2008/05/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちゅーーしたいよ。

    こんな親子関係がうらやましい。うちは、2歳の息子すらたまにしかちゅーさせてくれない。。。

    うちも幼稚園がバスの時間がとっても早いから7時半に寝かしつける日々。だから、早く寝てーとか明日起きれないよって決まり文句ばかり言ってしまう。
    本当は一番愛情をあげて、安心して寝かせてあげなければいけないのに。。。せかせる自分が悲しいです。
    本は読むけど、忙しい日や疲れてる日はゆっくりした時間をすごさせてないなって反省。
    こんなママになりたいってとっても思いました。
    子どもに読んであげる本っていうより、自分自身に読みたい一冊です。

    掲載日:2008/03/09

    参考になりました
    感謝
    0

24件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語
  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。


ねえ、「コワイ」って、もってる?

みんなの声(24人)

絵本の評価(4.72)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット