雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
アダムのママさん 40代・その他の方

この詩、大好きです
宮澤賢治の作品は、必ずしも好きなものば…

コロちゃんはどこ?」 みんなの声

コロちゃんはどこ? 作・絵:エリック・ヒル
訳:まつかわ まゆみ
出版社:評論社 評論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1983年
ISBN:9784566002067
評価スコア 4.72
評価ランキング 1,001
みんなの声 総数 124
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

124件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
  • しかけ絵本の王様コロちゃん

    海外では赤ちゃんに大人気のコロちゃんしかけ絵本シリーズの1冊ですね。図書館に行くとたくさんのコロちゃんしかけ絵本が揃っています。
    その中でも、ママとコロちゃんのかくれんぼの物語は子供に一番喜ばれますよね。 いろんな所を探しに行くけれど、出てきたのは、、、、
    いろんな動物達が現れるのも子供には嬉しいですよね。

    掲載日:2011/03/07

    参考になりました
    感謝
    1
  • 可愛いかくれんぼ

    しかけ絵本を探していて購入しました。
    コロちゃんを探して、母親が家中を探すというストーリー。探し場所をめくって探すというしかけがついていて、可愛いかくれんぼになっており、子どもが楽しめるようになっています。かくれている動物たちのセリフがリズミカルで、可愛いかくれんぼを楽しめるようになっていると思います。

    掲載日:2015/12/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大好きなしかけ絵本

    3歳の息子が2歳の時、プレゼントしていただきました。色彩が鮮やかで色の組み合わせも楽しく、いろいろな動物の登場とその表情や言葉に大興奮!!器用に扉を開きコロちゃんを探していました。
    何度も何度も読みました。
    そして、今では1歳の下の子も生後10カ月からのお気に入りの絵本になりました。毎日1回は「あっあっ」と言いながらこの本を持ってきます。すると、お兄ちゃんが「ぼくが読んであげる」と言って、得意気に弟に読み聞かせ。弟は動物の登場の度に「グフーッ」と笑って喜びます。とても良い兄弟のコミュニケーションになっています♪

    掲載日:2015/07/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • ごはんの時間なのに。

    ごはんの時間なのに、コロちゃんたら、どこへ行ってしまったのでしょう。
    ここかな?ここかな?
    次々にあらわれる場面で、ここじゃない、ここじゃない…
    ここかもしれない、あら違った!
    じゃ、今度は誰が隠れているかな?
    親子で会話をしながら、一緒に、コロちゃんを探しましょう。
    本当に、どこへ行ったのでしょうね。
    見つかるかなあ。

    掲載日:2015/06/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大好きなしかけ絵本

    コロちゃんとの出会いは子供が1才になった頃、児童館の読み聞かせで先生が読んでくれたことでした。
    ママと一緒になって、コロちゃんどこかなー?と繰り返し探すテンポも、次々に出てくる動物も子供が大好きなものばかりで、小さな瞳をキラキラさせてみていたことを思い出しました。大人から見ると単純だけれど、子供にとっては何度見ても飽きることなく楽しめるしかけ絵本。しかけ絵本はたくさんありますが、これは一番の定番だと思います。
    贈り物にも喜ばれる一冊だと思います。

    掲載日:2015/06/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 『コロちゃんはどこ?』は、しかけをめくりながらコロちゃんを探すお話で、
    4歳の娘も「こっちかな?こっちかな?あれ、どこ?いない!」と夢中で
    しかけをめくっていました。

    ピアノの中や、柱時計の中から、意外な動物さんが出てきて、
    楽しいですよ!!

    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

    コロちゃんの魅力は、なんといってもダイナミックさにあると思います。

    絵本ナビさんのページに大きさが書かれていますが、
    実際に現物を見てみると、「あら!すごく大きいわね!」と
    感じることでしょう。

    しかも、文字も絵も大きいので、すごくインパクトがあります。

    これだけ大きいと、小さい子でもしかけをめくりやすく、
    絵本の世界を満喫できます!

    掲載日:2015/06/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • シンプルな仕掛け絵本です

    子犬のコロちゃんを、お母さん犬が探すストーリーです。
    ドアやタンスの扉が実際に開けられるようになっていて、しかけをめくるとといろいろな動物たちがあらわれます。出てくる動物の表情がやセリフが面白く、大人も子供も楽しめます。

    掲載日:2015/06/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大好きな動物がいっぱい

    • 野風さん
    • 20代
    • ママ
    • 熊本県
    • 女の子1歳

    しかけ絵本が大好きな娘に。

    コロちゃんを探していろんな所を探すママ^^
    あちこちにあるしかけを開くと、現れる動物たちに、ドキドキワクワクの可愛い絵本ですね!

    シンプルな内容なので、語りかけもしやすく、親子共々お気に入りの一冊になりそうです^^

    コロちゃんシリーズ、読破したいと思います^^

    掲載日:2015/06/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • わくわく

    • らずもねさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子8歳、男の子5歳

    ママがコロちゃんをさがします
    いろんなところを探すのですが、
    コロちゃんでないお友達が次々とでてくる仕掛け絵本です。
    隠れている動物たちの個性的なこと・・・
    そこに子供たちはひかれるのではないでしょうか?
    ピアノの中に!!という意外性や
    カラフルで独特な動物たちにむちゅうになります。
    読んでいるこちらまでも「コロちゃーん」という気持ちになります。
    そして読み終わり
    家の扉を片っ端しから開け始めた息子・・・
    楽しさが残る絵本です

    掲載日:2015/06/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • おもしろい!

    コロちゃんのしかけ絵本♪
    ママがコロちゃんを探しています。時計の中かな?ピアノの中かな?ママが探す場所にはいろんな動物が隠れていて、くすっと笑えます。特にピアノの中にかばがいたのには大爆笑でした!コロちゃんをさがすママ、見つけられるかな?
    小さな赤ちゃんから楽しめるような、かわいくて楽しい絵本です!


    掲載日:2015/06/24

    参考になりました
    感謝
    0

124件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。


『プルバックでゴー!』しかけ絵本専門店「メッゲンドルファー」 嵐田一平さんインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット