いっこ さんこ いっこ さんこ いっこ さんこの試し読みができます!
作: 及川 賢治 竹内 繭子  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
100%ORANGE新作! リズムと色と形で楽しむ新しい赤ちゃん絵本です
Pocketさん 40代・ママ

音のリズムを楽しむ本
タイトル通りに「いっこ」と「さんこ」と…

きのうえのほいくえん」 みんなの声

きのうえのほいくえん 作:庄野英二
絵:中谷 千代子
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:1980年6月
ISBN:9784032043303
評価スコア 4.28
評価ランキング 14,458
みんなの声 総数 17
「きのうえのほいくえん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

17件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • ほのぼのほいくえん

    中谷千代子さんのお話は、小さいころから大好きだったので
    図書館で見つけて借りました。

    動物の絵が、ある程度リアルできちんと描かれているところが
    好きです。

    息子は保育園の一時保育に行っているのですが、
    初めて読んだときみんなでお昼ご飯を食べるシーンのあと

    「つぎはきっとお昼寝だよ」と言っていて、ほんとに
    みんながお昼寝しているシーンだったので笑ってしまいました。

    保育園の一日がよく描かれていて、自分に反映させているようです。

    お迎えのシーンも大好きで、ゾウのママはまだお迎えにきていないよと
    チェックしています。

    図書館で借りていたので、購入しようと探しています。

    掲載日:2010/10/04

    参考になりました
    感謝
    1
  • 動物のほいくえん

    きのうえの保育園に通うのは、動物たち。
    そして、先生は、きりんの夫婦♪
    その設定に、なんだかほんわかとした気持ちになりました。
    実際の保育園とかわらない感じで、一日を過ごしていきます。
    昼食もおいしそうなメニュー♪
    最後は、仕事を終えた、動物のおかあさんたちが迎えにきて
    みんな帰って行きます!!
    どんな仕事をしてきたのかなと、その先も読みたくなった絵本
    でした!!

    掲載日:2015/10/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 保育園で

    中谷さんのまだ読んだことがなかった絵本として借りていた時に
    ちょうど保育園の読み聞かせがあり

    保育園で読んでみました。

    自分たちと同じ保育園のお話ということでとても親近感を持って聞いてくれたようで

    一つひとつの場面をとてもしっかり見ているんです。

    お昼寝の場面では「まだ寝てない子がいるよ」とか表紙を見せる前に「きりんだ」とか。

    木の上の保育園でさまざまに動物たちが過ごす様子がとても楽しげでした。息子が小さい頃に気づいて読んであげられたらよかったのにと思いました。

    掲載日:2013/07/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しそうな保育園

    保育園というと「保護者が働いてる子どもがいるところ」という少し寂しいイメージを持たれがちですが、この絵本の保育園はとても楽しそうです。
    いろんな動物たちが一緒にごはんを食べて、一緒に遊んで…
    人間の保育園と同じです。
    キリンのおじさんとおばさんは、人間でいうところの保育士ですね。
    きのうえのほいくえんのような、いつも楽しくて、子どもたちが楽しみに来ることができる保育園になれるようなクラス経営をしていきたいなと思いました。

    掲載日:2013/07/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 高いところならではのアイディアが面白い!

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子17歳、女の子12歳

    絵本の中の文字が大きすぎず小さすぎず、言葉も長すぎず的確で、とっても読みやすいと思いました。

    木の上で、動物の子どもたちがミルクを飲む方法が可愛いというか、見ていて微笑ましかったです。
    お皿の洗い方も面白いです。高いところをうまく利用していて笑いました。
    この他にも、高いところに保育園があるという状況を上手く使った技がたくさん見られて楽しかったです。

    1980年、初版になっていました。
    図書館で借りてきた時は書庫に入っていたのですが、この作品が出た当時はよく利用されて使い込まれていたのかな〜と想像できるくらい、この本はよく読みこまれた様子があり、言い方を変えればかなりくたびれていました。

    この作品を読み終わった後、こんな風に高いところに保育園や幼稚園があっても楽しそうじゃない。と、思ってしまいました。

    掲載日:2012/08/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 保育園

    木の上にある森の動物達の保育園。
    世話をしてくれるキリンのおじさんとおばさんの
    アコーディオンを聴いたり、ミルクを飲んだり遊んだり。
    とってものどかでほんわかしてしまいます。
    お昼寝の時間もきちんとあるところが、幼稚園でなくて
    保育園だなあって思いました。
    娘が大好きな動物がたくさん登場しましたが、それほど
    心惹かれなかったようです。
    保育園や幼稚園に入るくらいの子どもちゃんの方が、
    どんなところかな?とどきどきわくわくしながら読むことが
    できるのかもしれないなあと思いました。

    掲載日:2012/07/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 行ってみたいな

    川のそばの大きな木の上には森の動物たちの保育園があります。
    キリンのおじさんとおばさんが世話をしてくれます。
    アコーディオンで音楽を聞かせてくれたり、森の中でブランコやきのぼり、鬼ごっこをして遊ぶ保育園。
    とっても楽しそうです。
    読んだ後、「お母さんもこの保育園に行きたいな」って言ったら、
    5歳の長男は「ダメだよ。動物の保育園だから、人間は行けないんだ。」なんて言いました。
    でも、キリンの首のすべり台、一度してみたいなぁ。

    掲載日:2011/05/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 保育園の一日を動物で描写

    3歳8ヶ月の息子に読んでやりました。幼稚園にあがるので読んでやりました。保育園との違いは多少ありますが、親から離れて先生や友達がたくさんいるところに預けられるという設定は同じ。そして、それを動物が主人公となって描写されています。

    動物たちの特性を活かし、そして保育園の一日を忠実に再現している絵本だな、と思いました。先生がきりんというのがちょっと面白い設定で、きりんならではの対応もあったりで、すごく楽しそうに映ります。保育園に行くお子さんや幼稚園にあがる子でも充分楽しめる一冊だと思いますよ。

    掲載日:2011/04/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • ミルクの飲み方がすごい

    中谷千代子さんの絵が好きなので探して借りてきました。

    動物の子供たちが通う木の上保育園の一日が描かれています。ほのぼのとした一日なのですが、私が一番惹かれたのはミルクを飲む場面です。なんとも斬新な設備で、無駄もなさそうなのです。(息子はこの場面だけ意味が分かっていなさそうでしたが。)

    ただ、息子には少し刺激が足りなかったようで、あまり興味を示しませんでした。

    掲載日:2011/03/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • いろんな動物の子供が!

    3歳の息子は保育園も幼稚園も行っていませんが、楽しそうにこの絵本を見ています。
    お昼ご飯を食べ終わった後に食器を保育園の隣の川で洗うシーンは面白そうに見ています。
    お迎えの時間になると、木の上にいた子供たちは、キリンの首を滑り台にして降りてきます。息子は『滑り台!』と言ってジ〜と見ています。
    公園などの滑り台は滑りたがらないのに、この絵本の滑り台は滑りたそうです(笑)
    保育園の1日と、動物が沢山出てくるので見ていて飽きないようです。

    掲載日:2011/03/11

    参考になりました
    感謝
    0

17件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



初めて見る者同士の友情、親子の愛情。読み聞かせにもプレゼントにも!

みんなの声(17人)

絵本の評価(4.28)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット