なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
おはなばたけちゃん。さん 40代・ママ

すこしハラハラしながら・・
4歳になって再び読んでみました。 以…

おふろじゃおふろじゃ」 みんなの声

おふろじゃおふろじゃ 作:オードリー・ウッド
絵:ドン・ウッド
訳:江國 香織
出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,460+税
発行日:1993年2月
ISBN:9784892388866
評価スコア 4.65
評価ランキング 2,246
みんなの声 総数 30
「おふろじゃおふろじゃ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

30件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • おちが笑えるんです!

    ドン・ウッド*オードリー・ウッドのど夫婦の息がピッタリの劇作家の絵本だな〜
    タイトル「おふろじゃ おふろじゃ」もなかなか おもしろいのですが
    宮殿の貴族たちの表情が 生きているのです!
    まるで 劇を見ているようです  暗い雰囲気がさらに重厚な雰囲気を醸し出しているんです
    「お知恵拝借!」という言葉も おもしろく  お風呂好きの王様は とんでもなく おもしろく 風呂のなかで戦争までおこすちは

    王様の得意そうな顔 憎らしいくらい何ですが・・・・・
    王様に従う 貴族たちも優雅な服装ですね
    立派なお風呂の中での魚釣りもなんともおもしろい
    そこにいる小姓がなんと 王様をお風呂から出させるときの 顔がかわいく さすが 子供の笑顔は すばらしく知恵者だと思いました!
    大人たちの 王様に仕えるのに対して 子供は・・・
    裸の王様の子供が素直に「裸だ」と言ったのとにているな〜と思えました
    子供ならではの発想が あっ!と言わせる劇の結末です
    ごぼ、ごぼ、ごぼ   王様は とうとうお風呂から出る喜劇が見事です!
    絵は 中世の貴族の生活感と 気品の高さを感じさせられますね!

    お見事!!  おもしろいお話の絵本でした! 

    掲載日:2011/05/11

    参考になりました
    感謝
    3
  • これぞ絵本の醍醐味

     〈品切重版未定〉なんてもったいない!
     
     舞台を一つ楽しんだような充実感がありました。
     いえ、でもあのビドグッド王様のバスタブは、舞台では再現が難しいかな〜(笑)?
     だからこそ、絵本の醍醐味ですよね。

     ストーリーも練りに練られていると思います。
     お風呂場から出てこない王様のお風呂場でのご酔狂の繰り返しに、お子さんも喜ぶ事でしょう。
     お風呂場から出てこない王様を呼びに行った人たちが、皆王様のペースに巻き込まれてしまうのが、本当に愉快です。
     そして、ラストのあっぱれなおちが最高です。

      見事な絵でした。
     ロココ調の繊細さとバロック調の豪奢さが融合したような素晴らしい衣装の数々。
     あっという間に、この世界へ連れて行かれます。
     
     絵本は、子供たちが出会う画集でもあるというのは、まさにこのような作品の事だと思いました。

     是非、重版してください。

    掲載日:2011/02/16

    参考になりました
    感謝
    2
  • トゲのあるコメディ

    お風呂の中で戦争をしたり、ランチを食べたり…、お風呂好きの王様は回りを引き込んで好き勝手。
    しまいには大勢で歌えや踊れや大宴会。
    これではたまりません。
    舞台上の喜劇のようです。
    セピアがかった、スモークが入ったような画調の中で、きめ細かく描かれた絵は、少し退廃的な香りと毒気さえ感じさせられるようなほど痛烈な描かれ方をしています。

    これって社会風刺でしょうか?

    「お知恵拝借、お知恵拝借」
    小姓の芝居がかったセリフ、登場人物の芝居がかった演技。
    明らかに芝居劇です。
    お風呂の栓を抜いた小姓さん。
    もう付き合いきれないという感じがとても良かったです。

    これだけインパクトのある絵本が…、品切れ・絶版ですか。

    掲載日:2011/04/22

    参考になりました
    感謝
    1
  • なかなか出会えない雰囲気の絵本です

    • ちいニャさん
    • 30代
    • ママ
    • 栃木県
    • 女の子9歳、男の子4歳

     聞き慣れない言葉があるので4歳にはダメかな?と思いましたが、逆に食いつきが良かったです。絵本には珍しい奥行きのある重厚な絵に興味を示していました。お話しの繰り返しも良かったようでした。
     重厚な絵とはウラハラな、単純で笑える内容がよかったです。ちょっと字が見づらいような気はしました。

    掲載日:2010/12/01

    参考になりました
    感謝
    1
  • 喜劇の名作

    学校などの読み聞かせにも向く大きな絵の繰り返し絵本です。

    名作調の絵ですが喜劇。
    おふろから出て来ない王様にどんな手法を?とページを繰ったら、王様のさも愉快そうな顔。
    王侯貴族の困った顔に対比するかのごとく清々しいまでにはしゃぐ王様が繰り返され、最後のオチに「そりゃそうやね」と納得させられました。
    絵がおもしろくて気付かなかった……。そりゃそうよね。
    お風呂で遊ぶ、夏に水風呂で遊ぶ子供には、王様の楽しい気分がわかるのではないでしょうか。
    とにかく各表情がおもしろく、私は王妃に注目して読みました。

    図書館では閉架に入ってしまっていますが、これはおもしろい。
    かなり人を食った絵本です。(笑いの)名作っ。

    掲載日:2016/04/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 王さまがお風呂でやっていることといったら!

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子20歳、女の子16歳

    絵はめちゃくちゃきれいで、見ごたえがあります。
    元々は戯曲、なのかな?それに絵を付けたという感じがしました。
    廃用Lはとても短く、お風呂から出ないおうさまを上がらせるためにみんながあれこれやってみますが、王さまのほうが一枚上手で…。といったやり取りが楽し笑い話です。

    燈L上人物一人一人の衣装がとても個性豊かで、これを見ているだけでも十分見ごたえがありますが、お風呂の中でおうさまがやっていることといったら、もう!すごいったらないです。(( ´∀` ))
    最後の最後のお小姓(王さま付きの召使の少年)のやったオチに、
    想像がつきましたが、そのお小姓の満面の笑みには「してやったり」という痛快さが描かれていて、読んでいて楽しかったです。

    小学校中学年以上だったら、楽しめるんじゃないかと思いました。

    掲載日:2016/03/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 王さまのお風呂

    このお話は、王様がなかなかお風呂から出てこなくで城の者みんなでいろいろ手を尽くしてお風呂から上がるように苦労するお話でした。色々な手を尽くすたびに王様のお風呂の入り方に巻き込まれていきます。そのお風呂の様子が豪快でうちの子は大笑いで見ていました。

    掲載日:2016/02/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 魅力的このうえない!!!

    陰影ある重厚な絵。宮廷の人たちのお洋服も、次々出てくる小道具も、

    細かくきれいにかきこまれていてとても芸術的。わかりやすい可愛い絵に

    慣れている子どもたちなら、いつもとちょっと違う雰囲気にびっくりするかも。


    けれどページごとの文は短い。とても簡潔なセリフと少しの情景描写。

    5分くらいかな。

    何歳に読むのがよいのだろう…セリフの感じが面白いし、繰り返しだから5,6歳もいけると思うけど

    小2,3あたりいちばん喜んでくれるのではないか、と思う。

    でも大人数相手だと絵が見えづらいかも。

    王様がチャーミングすぎて大好き。お小姓の表情や動きを追うのも面白い。

    初めて見たとき、3回くらい読み返しちゃった。

    大人も大好きな絵本だと思う。 

    掲載日:2015/04/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 面白い!

    こちらのレビューを参考にさせていただいて、図書館で借りてきました。

    絵がとても素晴らしく、ほかの方が書いていらっしゃるように重厚感がすごいです。この絵本、幼児がわかるのかな?と思って開きましたが、お風呂に入ったままの王さまを何とか外に出そうとするお話なんですが、素晴らしい。そして最後はなるほどー!長女も夢中になってこの雰囲気に入っていて、最後は「すごかったー。面白い!」と言っていました。

    掲載日:2014/03/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 上品な絵と、笑えるオチ

    まず目をひいたのは、絵です。
    上品で、中世ヨーロッパの雰囲気そのままです。
    言葉使いも、お城での会話そのものでしょうね。
    こんなに気品に満ち溢れていますが、お話のほうはハチャメチャなんですよね!
    このギャップが、すごいです。
    特に、最後のオチなんてお見事です!

    掲載日:2014/02/21

    参考になりました
    感謝
    0

30件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / くまのコールテンくん / ちびゴリラのちびちび / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



お気に入りのくだものはどれ?

みんなの声(30人)

絵本の評価(4.65)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット