ねがえり ごろん ねがえり ごろん
作: 斉藤 洋 絵: ミスミヨシコ  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
ねがえり、できたかな?

ジェミーと走る夏」 みんなの声

ジェミーと走る夏 作・絵:エイドリアン・フォゲリン
訳:千葉 茂樹
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2009年07月
ISBN:9784591109854
評価スコア 4.33
評価ランキング 11,305
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 主人公は12歳

    チェスの隣の家に黒人の家族が住むことになり、父はフェンスを作るのです。チェスは隣に越して来た少女・ジェミーと仲良くなります。

    二人の共通点は、走ることが好きなことです。

    黒人と白人の少女が隣同士の家で間に塀があるのは絵本の『むこうがわのあのこ』と共通でした。

    この『ジェミーと走る夏』の中にも差別と戦った勇気ある黒人ローザ・バンクスのことが出てきます。

    黒人が生活を今の生活から抜け出すには教育を受けることで、チェスの母が差別と偏見の中で送った学校生活の話も出てきます。

    そういえば、別の本で、アメリカで戦争というと南北戦争のことをさすとありました。

    その時から時間が経過してもまだ偏見と差別は根強く残っていることを感じさせます。

    その偏見を乗り越えて行くのは人と人との関係であり、何よりも子どもたちにその偏見を植え付けるようなことがないようにと思うのです。

    主人公は12歳です。その年齢に近いお子さんから大人の方まで読んでいただけたらと思います。

    絵は沢田としきさんです。

    掲載日:2011/04/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 差別と偏見のない心

    • はしのさん
    • 40代
    • パパ
    • 神奈川県
    • 男の子14歳、女の子12歳

    差別や偏見は良くないことだと頭ではわかっているのに、それらが自分の心の底でときどき見え隠れするのに気づくことがあります。そういうときは、私の場合は、まずはその事実を自分で認めることから始めなければなりません。

    アフリカ系アメリカ人のオバマ氏が大統領になったとはいえ、アメリカ社会で人種に対する偏見がなくなったとはいえません。
    人種差別が残る環境の中でも、まったく互いに差別や偏見などという感情をいだくことなく、黒い肌のジェミーと白い肌のキャスは、走るという共通の趣味を通じ、心を通わせ友情を育んでいきます。

    実は、環境さえ整えば、子どもたちの方が心が柔軟で、ジェミーとキャスのように、差別や偏見なく人とつきあっていく素地をもっているように思えます。
    その環境を整えるのは、大人の役割です。
    私たちは、子どもたちから学ぶべきことが、まだまだたくさんあるということを改めて考えさせられた本でした。

    掲載日:2009/12/06

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / がたん ごとん がたん ごとん / ちょっとだけ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



100年の歳月を超え現代によみがえった幻のおはなし

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット