なつみはなんにでもなれる なつみはなんにでもなれる なつみはなんにでもなれるの試し読みができます!
作・絵: ヨシタケシンスケ  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
ヨシタケシンスケがおくる、くりかえしが楽しいまねっこ絵本!
はらぽこおやむしさん 40代・ママ

さすがです!!
さすがヨシタケシンスケさん!とっても面…

かかしのじいさん」 みんなの声

かかしのじいさん 作:深山 さくら
絵:黒井 健
出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2009年12月
ISBN:9784333024117
評価スコア 4.78
評価ランキング 453
みんなの声 総数 22
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

22件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • 心の交流って

    • 風の秋桜さん
    • 40代
    • その他の方
    • 埼玉県
    • 男の子、男の子

    深山さくらさんのお話はいつもほんのりと心が温まる作品が多いですね
    今回のお話も、かかしのじいさんとすずめの交流です

    本当は敵対同士なのに、なぜかぬくもりを感じます
    それはじいさんの麦わら帽子に咲いた花のように・・・

    黒井さんが季節に合わせてスケッチに訪れたとも・・・
    その思いも私たち読み手の心に伝わってくるようです

    黄色い花の数は爺さんの愛情の大きさなんでしょうね

    掲載日:2011/08/12

    参考になりました
    感謝
    2
  • 愛情

    頑固じいさんですが、自分を慕ってくれるすずめが愛おしくなってしま

    います。すずめから慕われればきっと誰だって嫌な気はしないだろうと

    思いました。

    頑固じいさんですが、本当はお人よしで優しい人だと思いました。

    かかしのじいさんですが、人間の頑固じいさんに当てはまると思いまし

    た。自分を慕ってくれるすずめさんたちに伝達することが出来てほっと

    しました。段々と頑固じいさんが素直に自分の気持ちになれてよかった

    と思いました。ほのぼのとした交流に癒されました。

    掲載日:2010/09/22

    参考になりました
    感謝
    2
  • 切ないけれど、温かい

    かかしとして生まれたからには、米を守るのが仕事。
    だから、スズメ達には、いつも仏頂面。
    でも、いつしか、無邪気で可愛いスズメ達のことを愛おしく感じるようになります。

    かかしの心が変化していく様子が、とてもよく伝わってきました。
    心通わす、かかしとスズメ達。
    役にたたないかかしの代わりに、カスミ網を設置した人間が憎たらしく感じるほどでした。

    誰も悪くないけど・・・。
    でも、切ない。

    切ないけれど、とても温かいお話でした。

    掲載日:2016/02/04

    参考になりました
    感謝
    1
  • 感動

    このお話は田んぼのかかしと米を食いに来る雀たちのお話でした。かかしはスズメを追い払うのが仕事なのですが、スズメはかかしの事が大好きでかかしに会いによく田んぼにやってきては稲を食べていきます。ある日かかしが役に立たないと思った地主はかかしをやめて網を張ることにしたのですが、その時にかかしは一生懸命に雀たちに危険を知らせていました。自分も壊されるのに雀の事を思っていた姿が感動しました。

    掲載日:2014/06/11

    参考になりました
    感謝
    1
  • せつない思いやり

    けわしい顔のかかしのじいさんと対照的に美しい四季折々の風景。

    とても優しくあたたかいタッチの絵は、
    ころわんシリーズを描かれた作家さんの絵だったんですね。

    きむずかしいかかしのじいさん。
    でも、すずめを追い払うのが仕事なんですもんね。仕方ないです。

    でも、邪魔でしかなかったすずめと触れ合ううちに
    かかしのじいさんにめばえた感情。初めて知る相手を思う気持ち。

    とてもせつないですね。
    かわいいすずめに会いたいっていう素直な自分の気持ちに
    やっと気づいたけれど、その時はもう会えない。
    『ここにはくるんでねえぞー』と叫ぶときのせつなさを思うと
    涙があふれてきます。

    そして黄色い花をみて『じいさーん』と思い出すすずめ。

    こんなあたたかい気持ちにあふれた本を読み聞かせで使ってみたいけれど、
    最後に泣いてしまいそうで、うまく読む自信がないです。
    でも、いつか挑戦してみたい素敵な本です。

    掲載日:2011/12/13

    参考になりました
    感謝
    1
  • かかしのじいさんの愛情

    黒井健さんの絵が良いな〜
    深井さんのお話しも優しいのです
    本来なら かかしは すずめが米を食べないように追っ払うのが仕事です
    米の花や 米の実を食べにきているすずめたち

    すずめはじっとしている かかしのじいさんに「おなかすかないの?」と聞いて  一羽のすずめが くわの実を口に入れてくれたのです
    すずめとの関係が なかなか 暖かく描かれていて 
    かかしのじいさんが 人間が仕掛けた かすみあみの事を
    すずめたちに 知らせるために  たんぽぽのわたげにのせてといい設定が   優しさをかんじますね〜

    人間だけが生きているんじゃないですよ 
    すずめも 生きていますよ
    かかしのじいさんとすずめの関係が あたたかく描かれていて 優しい気持ちになりました

    掲載日:2015/05/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 田んぼの風景がとても素敵

     朝のおはなし会で、3年生の秋に読むものをと考え、久々に開いてみました。
     表紙絵のかかしのじいさんの表情が良いですね。
     黒井健さんの絵とは、意外です。

     さて、お話は田んぼの天敵ともいえる、かかしと雀のほっこりとする心の交流。
     雀たちから見れば、意地悪な気難しいかかしのじいさん。
     でも、自分たちを追いかけることもできないことを知って、いささか小馬鹿にしている様子。
     秋風が吹いたある日、一羽のこ雀がやってきて、おいしいからと爺さんの口の中に桑の実を突っ込んで、・・・。
     おじいさんに悩みを打ち明ける小雀と素直に気持ちを表せないおじいさんが、対照的に描かれています。
     でも、終盤におじいさんの心が雀たちに届いたようで、・・・。

     お米が実る前から、夕焼けの中黄金色に染まる頃までの田んぼの風景がとても素敵です。
     特に、雨の日にかかしのじいさんが一人たたずむ様子が、なんとも淋しく、ぐっときました。

    掲載日:2015/05/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • やさしいじいさん

    • らずもねさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子7歳、男の子5歳

    かかしのじいさんのしごとは
    コメを食べにくるすずめたちを追い払うこと。
    でもだんだんとすずめたちを待つようになり、
    親しみを持つようになるのです。
    でも
    じいさんの口調はすずめに冷たいのです。
    本当はそうじゃない気持ちでいるのに・・・

    そんな気持ちが少しつらく感じたころ
    おひゃくしょうさんがやってきて
    かすみあみをかけてすずめを捕まえるというのです。
    かかしのじいさんはいっしょうけんめいに大きな声で
    すずめたちに来てはだめだと伝えるのです。
    かかしのじいさんの気持ちが痛いほどわかって
    その優しさにジーンときました。

    掲載日:2014/10/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • じいさんはやさしいね

    • イザリウオさん
    • 40代
    • ママ
    • 群馬県
    • 男の子12歳、男の子10歳、

    主人公はかかし。それもじいさんなのだそうだ。

    たしかに、かかしのお兄さんとは言いませんね(笑)

    じいさんは、田んぼに来るすずめが実はかわいい。
    でも、じいさんの仕事はすずめやらの田んぼの敵から、稲を守ることだ。

    そうはいっても、かわいいすずめに良い様にあしらわれている始末。

    まるで、おじいさんと孫みたいな掛け合いがほのぼのとします。

    黒井健さんの絵もまた良い。

    掲載日:2012/11/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵が上手だねえ

    「絵が上手だねえ」と娘が感心しながら読んでいました。
    稲の感じ、すずめの様子、雨の日の景色。
    「絵」でこういったものがきちんと表現できること、写真の
    ようではないのに表現できること・・にいたく感じ入った
    ようなのです。
    かかしのじいさんと、すずめたちの交流は素敵ではあるのですが
    私が暮らす土地は田んぼがたくさんあるところなので、うーん
    やっぱりかかしのじいさんにはすずめたちをおっぱらってもらう
    役目をきちんとしてほしいかなあと思ってしまいます。絵本なのだ
    からそんなにめくじらたてなくても・・とも言われてしまいそうですが。
    でも。かすみあみはいけませんねえ。
    この絵本を読むまで「かすみあみ」がどういったものか
    知らなかったのですが。普通に田んぼの稲の上にかける網だと
    思っていたら、もっとおそろしいものだったのですね。

    稲刈りが終わった田んぼではかかしのじいさんもなく、
    すずめたちがやりたい放題やっています(笑)。
    稲刈りが終わったらおいでね、すずめたち♪

    掲載日:2012/11/08

    参考になりました
    感謝
    0

22件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『おふくさん』 服部美法さん インタビュー

みんなの声(22人)

絵本の評価(4.78)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット