ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
morimoriさん 30代・ママ

クリスマスにぴったり^^
小さなねずみのねみちゃんがみんなのため…

ひつじのロッテ」 みんなの声

ひつじのロッテ 作:アヌ・ストーナー
絵:ヘンリケ・ウィルソン
訳:大島 かおり
出版社:ひさかたチャイルド ひさかたチャイルドの特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2009年11月
ISBN:9784893257475
評価スコア 4.63
評価ランキング 2,661
みんなの声 総数 7
「ひつじのロッテ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • おてんばひつじちゃん

    なんだか、うちの娘と似てるわ、ロッテ。
    おてんばひつじのロッテは、とうていひつじとは
    思えないとんでもないところに登っていたりしますが
    (木の上とか崖の上とか)、我が娘もやりそうです
    (というかやってる)。
    娘ももう少し大きくなったら、ただおてんばなだけで
    なく、ロッテのように勇気と行動力をもって、暮らして
    いってくれるかな?そうだといいなあ。
    訳者が「モモ」の大島さんなのですが、なぜか
    少し読みにくかったです。訳のせいなのか文字の
    フォントのせいなのか、はたまた原文がこうなのか
    わからないのではありますが。

    掲載日:2011/02/09

    参考になりました
    感謝
    1
  • 綺麗な絵が楽しめます

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    2005年のドイツの絵本。
    物語は、子ひつじのロッテが他の子ひつじと違って自由奔放な行動をするシーンから始まります。
    読んでいると、我家の次男とそっくり。

    羊飼いのチャーリーが足をくじくという事件が起こるのですが、谷間の村へ助けを呼びに行ったのはロッテ。
    大人のひつじたちが、否定的な意見を繰り返す中、「あたしが行く」と言って突っ走ってしまうのですが、自分の意見を持って行動するロッテに、胸がすく思いがする子も多いことでしょう。

    それにしても綺麗なイラストです。
    決して精緻に描いているわけではないのですが、特徴をしっかりと捉えていて程よくデフォルメしています。

    何と言っても発色が綺麗。
    色の魔術師とも言えそうな、出色の絵だと思います。

    シンプルだけど、楽しめる絵本です。

    掲載日:2010/03/30

    参考になりました
    感謝
    1
  • なんて心強い!

    ひつじのロッテは、とってもおてんば。
    どうしてかわからないけど、他のひつじと違って、切り株や岩をぴょんぴょん飛び越えて、駆け回っています。
    ひつじかいのおじいさんが、むかえにきても、イヌのチャーリーが降りろと吠えても、知らん顔して、木にのぼったまま、降りてきません。
    どうなることかと、大きなひつじたちも、困っていました。
    ところが、ロッテが大活躍をすることになるのです。
    おてんばだけど、ひとりで出かける場所があったり、いざという時に大きな働きをしたり、なんだか、ロッテがとてもたくましく思えました。どんなおとなになっていくのでしょうね。

    掲載日:2016/05/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • とんでるひつじ

    他のひつじたちとは全く異質なひつじのロッテ。
    とんでるロッテは、まわりを困らせますが、いざというところでは、立派な活躍をしてくれました。
    あっさりとした物語ですが、ロッテの活躍にはほのぼのとしました。
    見た目一緒に見えるひつじですが、ロッテの存在が強調されています。

    掲載日:2015/11/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • わんぱくヒツジ

    このヒツジは普通のヒツジとは全く違うとってもアクティブなヒツジが主人公のお話でした。みんなこのヒツジに困っていたのですが、ある日買主が足をくじいてしまい困っている時、このわんぱくヒツジのロッテが村まで人を呼びに行きました。いつもは皆を困らせてばかりのロッテが一生懸命に走っている姿がちょっと感動しました。

    掲載日:2014/11/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • うちの次女のよう

    初め、このロッテの行動を見たとき、我が家の次女とかぶりました。とーってもおてんばの次女、この先どうなるの?と心配ばかり。言っても聞かずにため息ばかりの日々。

    でも、ロッテは勇気もあり、人助けもするんです。もしかしたら、次女もいつかロッテのように人の役にたつことができるときが来るかもしれないとおおげさかもしれませんがかすかな希望が。
    叱るべき時は叱り、見守っていこうと思わせてくれました。

    掲載日:2013/06/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 変わっていてもいいんだよ

    • イザリウオさん
    • 40代
    • ママ
    • 群馬県
    • 男の子12歳、男の子9歳

    ひつじのロッテは、他のひつじよりやんちゃというか、怖いもの知らずで、ロッテのすることにみんなはまゆを寄せるばかり。

    でも、そんなロッテだからこそ役に立ったのです。

    みんなが今まで行ったことがないからと、誰も行かないのに勇敢に助けをよぶことができました。

    変わってるって悪い意味にとられがちだけど、そうじゃなくて、すべて含めて「自分」なのです。

    良いところも悪いところもね。
    ありのままの自分でいいんだよ。
    みんな、自信もって!

    掲載日:2012/05/16

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

こんとあき / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / よるくま

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



2つの写真のまちがいをさがそう

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.63)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット