ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

こいぬのパピヨンそらへいく」 みんなの声

こいぬのパピヨンそらへいく 作・絵:エルウィン・ヴァン・デン・アレンド
訳:石津 ちひろ
出版社:平凡社
本体価格:\1,200+税
発行日:2005年01月
ISBN:9784582832549
評価スコア 3.8
評価ランキング 29,131
みんなの声 総数 4
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 欲しい

    こんな鉛筆が欲しいって言ってました。確かに、書いた物が本当に出てくるなんてとっても羨ましくて、夢のようなお話ですね。子供に何を書きたいか聞いたら、「お菓子」って言ったのが笑えました。やっぱりまだまだ子供です。

    掲載日:2012/03/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • なんでも出来るえんぴつ

    ビビットカラーが目をひきました。
    文字も緑色なことが、面白いですね。
    パピヨンは、魔法のえんぴつを使って、飛行機をかき空へ。
    背景に星があるので、宇宙とも思いました。
    お花に長いす、なんでも出来ちゃいますね。
    自分の体よりも大きな鉛筆を扱っている姿が、かわいかったです。

    掲載日:2012/02/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • ポップなイラストが素敵

    • 夜の樹さん
    • 30代
    • ママ
    • 千葉県
    • 女の子2歳

    2歳の子どもに読みました。

    こいぬのパピヨンがえんぴつで花や飛行機を描くと本物になります。
    ストーリーは単純で特におもしろいと感じませんでしたが、イラストが日本の絵本とは違ってポップでかわいかったです。

    テンポがよく分かりやすいので1、2歳の子どもには良いのではないでしょうか。

    掲載日:2010/12/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • パピヨン

    同主人公パピヨンが登場する絵本を読んだ事があり親近感が湧いたのでこの絵本を選びました。主人公が素晴らしい鉛筆の御蔭でどんどん世界を美しく描き上げていくのが圧巻でした。主人公のセンスが良いので目を見張りました。好奇心も旺盛で想像力も豊かな主人公なのでますます好きになりました。愛らしい眼が特に気に入りました。

    掲載日:2009/12/08

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



風変りで美しい表現方法がたくさん!

みんなの声(4人)

絵本の評価(3.8)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット