大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!

日本名作おはなし絵本 ゆきおんな」 みんなの声

日本名作おはなし絵本 ゆきおんな 作:中脇 初枝
絵:佐竹 美保
出版社:小学館 小学館の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:2009年12月
ISBN:9784097268833
評価スコア 4.14
評価ランキング 17,192
みんなの声 総数 6
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 冬に読み聞かせしたい昔話です

    • 図書うさぎさん
    • 40代
    • ママ
    • 香川県
    • 女の子13歳、男の子11歳

    いろいろ出ていますが私は小学館から出ているこの「ゆきおんな」が好きです。子どもたちによみきかせをしていて思うのはお話はもちろんですが、小さな子どもほど絵を気にします。
    私が子どもの頃は「まんが日本むかしばなし」がテレビでしていて昔話もそこから知るようになったのですが、今の子どもはあまり知らないようです。まさか「ゆきおんな」は知っているだろうと思って小3と小4で読んだのですが、「知らない」という子どももいてびっくりでした。
    お話と絵がマッチしていてすごく引き込まれていきます。「誰にも話してはいけない」と約束していたのに、自分の嫁につい昔会った「ゆきおんな」の話をしてしまい、ちいさな赤ん坊だけ抱いて出ていく姿は胸にくるものがあります。子どもたちも静かに聞いてくれました。
    高学年には小泉八雲の雪女を紹介しています。(朝の読み聞かせの時間では読めないので。時間が15分なので)

    掲載日:2013/04/08

    参考になりました
    感謝
    2
  • 知らなかった

    • まことあつさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子3歳、男の子0歳

    季節に合うかなと思い、借りてきたが、
    実は私も読んだことがない。
    でもなんとなく知っていて怖い話とは思っていたから、
    読む前に「ちょっと怖い話だよ」と言って読みました。

    読んだ後、静かに聞き入っていた子どもは
    「怖くなかったよ」と言っていましたが、
    私はまさか雪女が子どもをたくさん産み、
    しゃべってしまった旦那を殺さず、
    末の子どもだけ連れていくとは思ってもいませんで、
    思った以上に感動してしまいました。

    また子どもが大きくなったら読んであげたいです。

    掲載日:2016/02/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 他の話と違うラストにビックリ。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子19歳、女の子14歳

    表紙絵がまず、とてもインパクトがあっていいですね!
    「雪女」の作品はたくさん絵本や絵童話、紙芝居などになっていますが、この表紙は群を抜いて好きです。
    本文の字も絵もはっきりしていて読み聞かせなどに使うにはもってこいの見やすさでした。
    女性の方が文章を書いているだけあって、雪女がとても繊細に描かれているように感じました。
    この作品で、他の雪女の絵本作品と違うところは最後に一番下の赤ちゃんを抱いて連れてっちゃうところです。
    びっくりして何度も読み返しちゃいました。

    後書きに児童文学作家千葉幹夫さんのお話も載せてあります。
    そこには、「雪女」についてのいろいろな地方色について書かれていて、やはり、この作品の雪女のラストについても興味深いと書かれていました。
    他のとちょっぴりラストが違うこの作品を含め、ぜひ一度「雪女」作品を読み比べてみてください。面白い発見がいろいろありますよ〜。

    掲載日:2015/02/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 昼間に読むべきだった。。。

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子8歳、女の子3歳

    8歳の息子と読みました。

    私が小さいころ大好きだったお話。
    ゆきおんなの、美しい恐ろしさ、
    そして恐ろしいのだけれど最後に子供の寝顔を見て、
    旦那に息を吹きかけることなく去っていく切なさが、
    子供ごころにも冷たい美しいお話として記憶に残っていたのですが、

    8歳の息子には、ただただリアルに怖かったよう。

    主人公の男のところに、
    うつくしい女が泊めてもらったあたりから、
    「もしかしてこのひと、ゆきおんなじゃ・・・」といぶかり、

    そして、「おまえさんとうとうしゃべったね」あたりでは、
    もう私の腕にしがみついて聞いていました。

    寝る直前に読んでしまったため、
    その夜は怖さが離れず泣きながら寝てしまった息子。
    おひさまの出ている昼間の間に読めばよかったです。

    掲載日:2014/11/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「雪女」は、怪談であり、登場する雪女の姿はぞくぞくするほど情念をむき出しにしています。
    そんな内容だから、描かれかたで怖さのグレードが変わって来ます。
    この絵本は、アニメーションからの切り取りのように、一つ一つの絵がきめ細かくお話の展開を情感たっぷりに表現しています。
    ただ、物足りなさを感じるのは、伊勢英子さんの『雪女 』が抜きん出ているからかもしれません。
    とはいっても、子どもに読むには、この絵本のほうがほどよく怖くて良いのかもしれません。

    掲載日:2013/04/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • あっさりした雪女

    小泉八雲で有名になったこのお話。この絵本の版では、息子の名前(みの吉)が出てこず、始終「むすこ」と書かれています。子供ができたから殺さず許してやるのが特徴だと思います。これは東京都青梅市の実話がもとですが、どうやら日本全国、沖縄以外は雪女の話があるそうです。九州の雪女、なんて想像できませんが。私は東北出身ですが雪女といえば当然秋田か青森のものという印象で、じめじめ陰気で、うそをついたらきちんと殺す話のほうが頭にあります。南にいくほど対応が甘くなるんでしょうか。

    子供にはこの結末のほうがおすすめです。

    掲載日:2011/05/01

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / おおきなかぶ / 給食番長 / パンダ銭湯

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.14)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット