もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

かあさんをまつふゆ」 みんなの声

かあさんをまつふゆ 作:ジャクリーン・ウッドソン
絵:E.B.ルイス
訳:さくま ゆみこ
出版社:光村教育図書 光村教育図書の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2009年11月
ISBN:9784895726993
評価スコア 4.71
評価ランキング 1,131
みんなの声 総数 16
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

16件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 抒情詩のような絵本

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    2005年度のコールデコット賞オナー賞受賞作品。
    最近、こうした人種差別が背景にある絵本が多く出版されていますが、読む選択肢が広がるということは、非常に望ましいと思っています。

    書かれていませんが、おそらく、時代背景は第二次世界大戦中。
    アフリカ系アメリカ人の家族の男性達は、出征しているというシチュエーション。
    住んでいるのは、大都会シカゴから離れた田舎町というところでしょうか。

    物語は、主人公である女の子のエイダ・ルースに向かって、かあさんがシカゴに出稼ぎに行くという話をしているシーンから始まります。
    男性が出征したため、機関車を洗う仕事が、黒人の女性でも募集があるというのです。

    かあさんが出かけてからは、エイダ・ルースと祖母の二人だけの生活になるのですが、克明にエイダ・ルースの心情が描かれています。
    手紙を書くといっていたのに、かあさんからの手紙は来ず、エイダ・ルースは手紙を出すばかりで、安否も含めて不安が募ります。
    エイダ・ルースは、いつも外を見つめていますが、E.B.ルイスの描く絵は、光をあてることによって、その明暗を上手く表現しています。
    揺れる心情を、絵が象徴していると言ってもいいのではないでしょうか?

    最後に、かあさんからの手紙が届きます。
    読み手も安堵するシーンですが、手紙の持つ意味の大きさを再認識しました。
    何度も何度も手紙を読み返すという一文に、心を揺り動かされる人は多いはずです。

    全体を通じ、抒情詩のような作品です。
    対象は間違いなく大人向き。
    いろいろな局面で、親子の関係を考える時に読み返して欲しい作品としてオススメします。

    掲載日:2010/12/27

    参考になりました
    感謝
    2
  • さいごはよかったと思いました

    大すきなおかあさんがおしごとに行っちゃうからかわいそうだと思いました。

    早く帰って来てくれるといいなあと思いました。

    冬に雪がたくさんふるところなんだなあと思いました。すぐに雪がとけちゃうからうらやましいと思いました。

    さいごはよかったと思いました。

    掲載日:2010/02/07

    参考になりました
    感謝
    1
  • お話しはアメリカです
    戦争で男達がみんないなくなり お母さんは 娘の エイダ・ルースをおばあさんに頼んで自分が シカゴに働きに行くのです
    娘はすごく悲しくて不安です
    母親は娘を抱きしめて誰よりも愛していると伝えるシーンはじーんときます
    戦争はそんなふうに 親子も引き裂いてしまうのですね!

    母を待つ エイダ・ルースは何度も手紙を書きますが・・・・・    
    なかなかお母さんからの返事が届かないのです

    そんな寒い冬に ねこがやってきて まずしくて ねこは飼えないよとおばあさんは言うのですが、ねこをさわると お母さんの優しさを思い出すのです
    そして寒い冬  お母さんの帰りを待ち続ける 情景が涙を誘います
    そして 郵便屋さんから届いたお母さんからの手紙
    その嬉しかったこと(エイダとおばあさんのホッとした顔) 
    おかあさんは もうすぐ帰ってくると 何度も何度も読み返します

    早く戦争が終わって お母さんと一緒に暮らせる平和な日々を願わずにはおれません
    お父さんも帰って来てほしいです

    絵がステキです。母と子の愛の深さ 
    お母さんを待つエイダ・ルースとおばあちゃんの情景がすごく丁寧に描かれています
    高学年の子ども達にも読んでほしいです

    掲載日:2016/09/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • この本の注目すべき点は、

    • 梅木水晶さん
    • 30代
    • ママ
    • 山形県
    • 女の子3歳、男の子0歳

    娘さんが母さんを待ちわびる気持ちもそうですが、お母さんが帰ってくることになったことがわかった時の猫に対するおばあちゃんの心情の変化と接し方の変化です。戦争はいいこと何もないね。何度でも読み返したい絵本です。

    掲載日:2015/02/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • むずかしいテーマ

     まず、絵のうまさに見とれてしまいます。表紙の女の子の表情が、深いなと思いました。

     人種の問題や、時代背景などむずかしいテーマを、絵本にすることがすごいなと思います。かあさんがいないさびしさを、がまんする女の子。子ねこを抱く姿が、せつないです。でも、きびしいことを言うおばあちゃんだって、がまんしてるはずです。
     おかあさんが、やっと帰ってきたときのよろこびが伝わってきました。

     コールデコット賞にふさわしい絵本だとな思いました。

    掲載日:2012/12/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 少女の心

    出稼ぎに行った母の帰りを待つ、少女の心の動きが描かれています。

    絵の雰囲気もよかったです。
    冬の冷たい空気感・部屋の中、ココアの温かさが、物語にリアル感を与えていると思います。

    おそらく第二次世界大戦中の物語かと思いますが、詳細までは書かれていません。
    時代背景などもわかると、より深みがますかと思います。

    掲載日:2012/02/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 悲しい!

    とても切なくなる一冊です。
    お母さんの愛情もたっぷり感じられるのですが、それがまた切なくなります。

    お母さんからの手紙をよんで、何度も繰り返したい歌みたいな言葉なんて思えるところが少女の心の豊かさを感じます。

    お母さんが帰ってきたらたっぷり甘えて、甘えさせてほしいなと思いました。

    掲載日:2011/04/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 心の栄養になりました

    心の栄養となる良い絵本です。
    日本でもあったことでしょうが、出稼ぎのお話で、その人を待つおばあちゃんと子どもの話。
    おばあちゃんの心配も伝わってくるし、子どもの寂しさ、でも頑張っている気持ち、いろいろが絵から伝わって切ない。
    お母さんが帰ってきてホッとしました。ホッとして、安心して娘に読めました。

    おばあちゃんの子猫に対する言葉など、文章もよかったのですが、とかく絵が素晴らしく、悲しく暗くなりすぎない柔らかさが秀逸でした。伝わってくるものがたくさんある挿絵です。

    待つ不安定さ、心細さ。どれだけわかってくれたかな。鍵っ子だから、欠片くらいは感じたかなぁ。
    こういう時代背景も、ほんの少し説明しました。

    掲載日:2011/04/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 切ない

    出稼ぎに行ったかあさんを待つエイダ・ルースの切ない気持ちが伝わっ

    てきて切なくなります。かあさんは、シカゴで生活費を稼ぐのに一生懸

    命で、お金が手に入って送金できるようになったらとそれを楽しみに働

    いていたと思います。

    日本のようには、なかなか仕事もなく、職にもありつけなかったと思い

    ます。日本は、就職難とはいえ、職を選らばなければ、まだまだ稼ぐ方

    法はあると思います。食べることが出来て、まだよかったと思いました

    とても泣けましたが、かあさんからの仕送りとかあさんが帰ってきて

    最後はうれし涙の結末で本当によかったです。

    掲載日:2010/06/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 主人公

    表紙の主人公の横顔の描き方に魅せられたのでこの絵本を選びました。主人公の気持ちをしっかりと言葉なしで表現できているのに感動しました。光りが当たっている部分と影の部分との使い分けがとても上手だなと思いました。主人公とははとのつながりが以下に強いものかをひしひしと感じる事が出来ました。御婆さんが一生懸命に主人公を温かく守っているのが印象に残りました。

    掲載日:2010/06/04

    参考になりました
    感謝
    0

16件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ねえ、「コワイ」って、もってる?

みんなの声(16人)

絵本の評価(4.71)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット