だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

まさかさかさま 赤の巻」 みんなの声

まさかさかさま 赤の巻 作・絵:伊藤 文人
出版社:サンマーク出版
本体価格:\1,300+税
発行日:2009年05月
ISBN:9784763199232
評価スコア 4.29
評価ランキング 13,377
みんなの声 総数 6
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • あたまの体操にも!?

    上下どちらを上にしても、成り立つ絵。
    おもしろいですね!
    ただ、一旦上モードで見てしまうと、上下さかさまにしても、なかなか頭が下モードに切り替わらない。

    娘とふたり、必死で目を凝らし「ここが目で、ここが鼻…」と確認しあいました。
    「そういう風に見よう!」と努力するので、ちょっとした脳トレだなって思いました。

    でも、娘の食いつきはバツグンです!
    そして、「すごいね〜!!」と、とっても感心していました♪

    掲載日:2014/07/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • なかなか楽しい作りです。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子17歳、女の子12歳

    前から気になっているシリーズでした。
    まずは1冊読んでみようと図書館で借りてきました。
    「上から読んでも下からよんでも」という回文がありますが、
    この作品は字ではなく、絵が回文風になっています。
    これがなかなか見ていて面白かったです。
    トリックアートを見ているみたいに、じっと見て「あぁ、なるほど!」と気づいたものや、すぐにさかさからの絵も形として見えてくるものもあり、クイズっぽいので、普通の読み聞かせなどに使うよりは、お話会でクイズっぽく利用してみたら楽しいと思います。

    この「赤の巻」で一番インパクトがあったのは、一番初めのページに紹介されている「イノシシおさんぽ」×「おおきなきょうりゅう」でした。
    興味のある人はぜひ手にしてみてください。

    掲載日:2012/12/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 先日 サークルの人に教えてもらって早速 図書館で借りました
    絵とお話しが絶妙で おもしろい!

    伊藤さんはよくこんなにたくさん考えられましたね 
    すごいあたまが柔軟なんですね!
    それなりに 見えるのがいいんです
    色使いや 絵のおもしろさ よく考えられた物ですね
     
    これは 学童の子供たちと一緒にたのしめたらいいな〜と思います
    なるほど なるほどと思えるのと ちょっと違うかなとおもうのと
    楽しめます

    掲載日:2012/07/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • こどもの大好きなシリーズ

    まさかさかさまシリーズはこどもの大好きなシリーズです。

    普通にみるのと、本をさかさまにしてみるのとで全く違う絵に見える絵。初めは見えないのに、文を読むと見えてくるから不思議です。
    よく思いつくなぁと感心しています。

    掲載日:2012/03/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • なかなか面白い

    すごいです!
    絵が上下どっちにしても成り立つのです。

    こどもと二人で文を読むより先に絵のあてっこをしていました。

    さかさまにしたまま絵をあてたりしても楽しいですよ。

    感心するばかりでした。
    飽きのこないほんだとおもいます。

    ようせいが正座をしてすわっているのがかわいらしかったです。

    掲載日:2011/06/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • さかさ絵本

    さかさ絵本です。普通に最初から最後まで読んで、本を上下反対にして読みます。1冊の絵本で2冊分の絵本を楽しめました。
    文を読んでいると、本当にそう思えてくるから不思議な絵本です。
    かなり頭も使って大変だったと思いました。それにしても上手く描かれているので感心しました。「小さな島に住んでいる魔法使いの乗り物は
    小さな白い雲」とても素敵でした!何度読んでも、見ても飽きない絵本です。

    掲載日:2010/11/18

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / かいじゅうたちのいるところ / バムとケロのさむいあさ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


「MR.MEN LITTLE MISS」アダム・ハーグリーブスさん インタビュー

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.29)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット