大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!

ふゆののはらでーかれくさつみ」 みんなの声

ふゆののはらでーかれくさつみ 作・絵・訳:あきやま じゅんこ
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\838+税
発行日:2004年01月
ISBN:9784834019643
評価スコア 4
評価ランキング 20,264
みんなの声 総数 2
「ふゆののはらでーかれくさつみ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • リース作りました

    • あみむさん
    • 30代
    • ママ
    • 千葉県
    • 男の子11歳

    小学校の読み聞かせボランティアをしています。

    この本、のはらにでかけて、枯れ草摘みをしようという内容で、
    ひたすらに枯れた植物の紹介なのですが、
    枯れ草というよりは、ドライフラワーのようで、意外な美しさに気づかされました。
    するとついつい枯れ草や木の実に目が行き、色々拾い集めて、
    100円ショップで売っていたリース土台にボンドでくっつけて、リースを作りました。

    北風が吹く前に、霜がおりる前に、と書いてあるので、
    本来秋口に読むとベストかな?と思いましたが、2月頭の3年生に読みました。
    途中でひまわりをさして「これ、知ってる?」とか、
    あさがおをさして「学校で育てたよね?」とか、
    「ヘクソカズラはおならとうんちのにおいがするから、この名前なんだよ。」とか、
    ちょこっとコミュニケーションをとりながら、読みました。

    そして読んだ後に、「枯れ草摘みして、このリース作ったんだよ。」と、
    リースを教室にプレゼントしてきました。
    この本で、枯れ草に目が行く子が、一人でもいるといいなぁ〜。

    掲載日:2012/02/09

    参考になりました
    感謝
    1
  • 冬の時期にぴったりの科学絵本

    冬の時期にぴったりの科学絵本だなあと思いました。

    草も花があるうちは見ることもありますが、枯れ草になってしまっては目にとめないことも多く、この草はこんな風に枯れるんだと息子よりも私の方が感心して見ていたかもしれません。

    枯れ草のリースも載っていますし、普段は気にも留めなかった草たちですが、冬の時期によく見てどんな風になっているのか確かめてみたくなりました。

    絵もとてもきれいでした。

    掲載日:2009/12/17

    参考になりました
    感謝
    1

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / めっきらもっきらどおんどん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



第11回 『くつ あらいましょう』のさこももみさん

みんなの声(2人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット