十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

クリスマス・クリスマス」 みんなの声

クリスマス・クリスマス 作・絵:角野 栄子
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1997年11月
ISBN:9784834011401
評価スコア 4.5
評価ランキング 6,210
みんなの声 総数 3
「クリスマス・クリスマス」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 本当のクリスマスの意味

    3歳次女が表紙を見て、借りたいと言ったので借りてきました。が、中を見ると字がいっぱい・・・。これは3歳には無理と思ったのですが、読んでみると面白かったです。

    サンタクロースの起源や、サンタクロースのお家訪問など、クリスマスについての沢山の情報が載っていました。わかりやすそうな部分だけ、写真を見せながら説明しました。

    昔はサンタクロースのおともにうちうちおじさんという人がいたことも初めて知りました。悪い子を袋に入れて帰ってしまうというおじさん。この話をすると4歳長女3歳次女ともに「嫌ー」と叫んでいましたが、しばらくいい子でいてくれるかもしれません。

    掲載日:2013/01/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 聖ニコラス

    じっくり、おもしろかった〜。

    今やクリスマスは地球まるごとの祭事です。
    各国のクリスマス、宗教も含むクリスマスの起源、夜の過ごし方。
    一度は体験してみたい海外のクリスマス。皆さんはどこがお好みですか。

    聖ニコラスについて少し調べたことがあるのですが、子ども向けとは思えないほど詳しく書いてあり、それなのに写真や文章の巧さのせいで難しくありませんでした。
    そして他国の様子では、知らないこともいっぱいあり、思わずその時期に海外旅行した気分で得しました。

    娘は真夏のクリスマスに興味津々。一人で楽しんで読んでいました。

    掲載日:2010/10/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • クリスマス・レポート

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子16歳、男の子13歳

    クリスマスに関することのあれこれについて解説してあります。
    さながら角野栄子さんのクリスマス・レポートといった感じです。
    サンタクロースの由来、いろんな国のクリスマスの様子などなど。
    サンタクロースの家訪問記なんて、魅力的でしょう?
    オーストラリアの真夏のクリスマスは、
    角野さんが体験したワクワク感が伝わってきます。
    写真もたっぷり使ってあるので、より実感できます。
    そんな中で、クリスマスの意味もわかってきます。
    クリスマスをめぐる人々の様子がとてもよくわかりました。

    掲載日:2009/12/22

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…


『大きなクスノキ』 みそのたかしさん さとうそのこさん インタビュー

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット