うまれてきてくれてありがとう うまれてきてくれてありがとう
作: にしもとよう 絵: 黒井 健  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
プレゼントにも喜ばれています。いのちの大切さを伝える1冊

サンタクロースがすねちゃった」 みんなの声

サンタクロースがすねちゃった 作・絵:ウテ・クラウゼ
訳:若林 ひとみ
出版社:佑学社
本体価格:\1,200+税
発行日:1986年11月
ISBN:9784841602050
評価スコア 3.86
評価ランキング 31,640
みんなの声 総数 6
「サンタクロースがすねちゃった」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • サングラス姿のサンタクロースたち

    • みいのさん
    • 50代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子18歳、女の子13歳

    2年生の読み聞かせで、ボランティアメンバーが読みました。
    サンタクロースが本当にいるのか、という話題が、2年生ぐらいにちょうどよかったのか、みんな熱心に聞いていました。
    私は、南太平洋のヤシの木の下で、サングラスをかけた大勢のサンタクロースがくつろいでいる場面が笑えました。
    それと、プレゼントが南太平洋のお土産だったというところも、微妙な感じで面白かったです。

    掲載日:2016/01/19

    参考になりました
    感謝
    1
  • 大人の書いた新聞の記事に「サンタクロースは いない」
    子どもたちは 「誰にプレゼントをお願いしたらいいんだい?」
    真剣です 子どもたちは サンタクロースを信じているんですからね

    しかし このニュースを知ったサンタクロースたちは 世界中から集まり 会議です
    アフリカ 中国 アラスカ 世界中から集まったサンタクロースたちは
    サンタクロースがいないというのなら プレゼントを配るのを やめるというのです

    南太平洋で会議されていて クルトという男の子は 「サンタクロースを連れ戻す」と船に乗るのです
    そして 南の島で サングラスかけた カンタクロースたちと出会うのです
    クルトのおかげで 「サンタクロースを信じている」 と子どもたちの声を伝えたのです
    それで 思い直してくれた サンタクロースたちは 早速プレゼントの準備して トナカイに乗ってプレゼントを届けてくれたのです

    子どもたちは 信じています  夢を つぶさないようにね さめた 大人たち

    子ども時代を思い出してね   

    掲載日:2017/11/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • サンタクロースがいなければ、クリスマスは何とつまらない日なのでしょう。
    仕事を放棄して南国でバカンスを楽しんでしまう、サンタクロースたちの裸姿には笑ってしまいましたが、信じてもらえなければ寂しいのはその通り。
    クリスマスならではの夢は大事にしていきたいですね。

    掲載日:2015/12/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • 少年の活躍

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    新聞記事に「サンタクロースはいない」と載り、それを見てすねてしまうサンタクロースたちのお話。
    サンタクロースがたくさん登場しますが、みんなすねてしまうなんて人間くさいですね。
    サンタクロースがいないクリスマスは味気ないですね。
    そんなサンタクロースたちを迎えに行く少年の存在がありがたいです。
    すねないでね、サンタさん!こどもたちは待っていますよ。

    掲載日:2014/11/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちょっとかわったサンタの話

    サンタクロースの話というと、それなりに感動的なもの?と思いきや、ちょっと変わったサンタクロースの話です。
    ある新聞に「サンタクロースはいない」という記事が出て、みんな大騒ぎ。
    みんなも大騒ぎだけど、サンラクロースのほうだって大騒ぎです。
    で、普通だったら、いやそうじゃないんだ、と反論するところでしょうが、
    「みんながいないと思ってるんだったら、プレゼントなんて配る必要がないじゃないか。」
    とこうなるところがちょっと現代風。プレゼント配らなくていいんだったら、暖かいところにバカンスへ、っていう発想も今どきって感じです。
    結局、一人の少年が、そんなサンタにカツをいれに行くのだけれど...
    実に人間くさいサンタクロースのお話。
    由緒正しきクリスマスを迎えたい人にはあまりおすすめしませんが、ありきたいのクリスマス話にはもう飽きたという人には、ちょっとウィットがきいておもしろいです。

    掲載日:2010/03/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • かわいい お勧め4

    • 苺ママさん
    • 30代
    • ママ
    • 鹿児島県
    • 女の子4歳、男の子1歳

    ある日新聞の記事に
    「サンタクロースはいない」

    そんな展開から始まる
    歯切れの良い文章、絵も子どもも共感できるかわいい
    絵。

    とうとうすねたサンタクロースを探しに
    南の国まで行ってしまう男の子

    現実的にはありえないのだが、
    物語の流れで無理を感じるところがなく

    むしろ笑いがこみ上げてくる展開

    娘と笑いながら読みました。

    誰もが幸せなクリスマスを過ごせますように・・・

    掲載日:2009/12/22

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / キャベツくん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



20か国以上で大反響!プログラミングの魔法の世界へようこそ

みんなの声(6人)

絵本の評価(3.86)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット