雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
かずっこ☆さん 30代・ママ

心打たれる
宮沢賢治の心がまっすぐ表現されているこ…

新装版 ちいさいモモちゃんえほん おばけとモモちゃん」 みんなの声

新装版 ちいさいモモちゃんえほん おばけとモモちゃん 文:松谷 みよ子
絵:武田 美穂
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2009年11月
ISBN:9784061324169
評価スコア 4.33
評価ランキング 10,617
みんなの声 総数 5
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • かわいい

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子4歳、女の子2歳

    おばけを欲しがるモモちゃんのお話。
    こわいもの知らずなモモちゃんにおばけたちもかわいいな。
    武田美穂さんの絵もいいですね。
    うちの子はおばけがなんだか好きなようで反応がよかったです。
    おばけといっしょに遊べたら楽しいかな。

    掲載日:2016/03/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 自由奔放なモモちゃん♪

    モモちゃんはおばけを探しにいきます。
    でも、もちろん、お店にはおばけは売っていなくて・・・。
    すると目の前に、おばけやしきが登場!!
    そこには、本物のおばけがたくさんいるのですが、
    モモちゃんのお気に入りのおばけはなかなかいなくて・・・。
    おばけたちの方が、ほんろうされてしまうんです(笑)!!
    最後は、のっぺらぼうなのに、顔を描かれてしまい・・・。
    モモちゃんの自由奔放っぷりが、とてもおもしろい1冊です♪

    掲載日:2015/04/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • モモちゃんすっご〜い!

    モモちゃんは、おばけが欲しくてしかたがなくて、
    10円持って買いに出かけます。
    初版は1972年なので、当時なら10円は納得。
    でも今は、この10円てとこが、
    素朴な味を出していてすごくいい感じ♪

    モモちゃんシリーズは、40年以上も愛され続けてきたというのが、
    本当にスゴイですよね!
    私も読んでました。でも私が生れる前からあるシリーズなんですよね。
    もしかすると若いおばあちゃん世代も、子どもの頃に読んでた
    なんてこともあるかもですね!親子3代☆!

    ロングロングセラーも、おばけをまったく怖がらない度胸も、
    ほんと、モモちゃんすっご〜い!!
    お話しは、もちろんすっごく楽しいです。
    怖いもの知らずのモモちゃんと同情すらしてしまいそうなおばけ達。
    おばけ好きだけど、おばけは怖い、うちの娘も大満足の一冊です☆
    これからも、ずっとロングロングロング…続ける作品だと思います!!

    掲載日:2011/05/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • モモちゃんってわかるんだね

    物語の「ちいさいモモちゃん」は読んであげたことがある
    のですが、絵本は初めて。
    それなのに表紙を見ただけで「あ、モモちゃんだ!」と娘。
    どうしてわかるのだろう?(文字は読めるのですが、その
    読んだ文字「モモちゃん」が「ちいさいモモちゃん」の、
    「モモちゃんと繋がったらしいのです。不思議です。お顔
    も違うのに)

    おばけは怖いと思っている娘ですが、モモちゃんが楽しそう
    におばけを買いに行く様子を見て、自分も楽しくなってし
    まったようです。
    おばけが泣いている様子もかわいらしかったし、おままごと
    している様子もかわいらしかったですものね。
    「物語」のモモちゃんに思い入れが強い私としては、この
    絵本を読む前は、どうかなあ?と思っていたのですが、絵本
    は絵本でとってもよかったです。モモちゃんのサイドストーリー
    として十分楽しむことができました。

    掲載日:2011/01/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • おばけはこわくないね

    おばけというとなんだかおどろおどろしい感じですが、ここのおばけはとてもかわいらしいというか弱気に描かれています。
    というか、モモちゃんがおばけに対して強いのかな?
    ちっとも怖がらないばかりか、終始モモちゃんのペース。
    なんとか怖がらせようとしても、怖がってくれなくてくやしくて泣く始末。
    それに十円握り締めておばけを買いにいくだなんて、発想が子供らしくてかわいいですね。
    娘もちょっと強がって「おばけなんてこわくないもん!」と言っていましたが、おばけが苦手な子がいてもこの本だと楽しくなるかもしれないですね。

    掲載日:2010/01/08

    参考になりました
    感謝
    0

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



きらいがいっぱい、きらいって楽しい!

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.33)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット