しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

1・2・3えほん」 みんなの声

1・2・3えほん 作:とだ こうしろう とだ ひろし
絵:とだ こうしろう とだ ひろし
出版社:戸田デザイン研究室 戸田デザイン研究室の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:2002年11月
ISBN:9784924710481
評価スコア 3.67
評価ランキング 30,009
みんなの声 総数 5
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • シンプル☆

    1〜12までの数字と、犬とありだけが
    でてくる絵本です。
    とってもシンプルな絵本で、だからこそ、
    数字をしっかりと理解できるのではないかな
    と感じます。
    シンプル・イズ・ベストですね♪

    掲載日:2011/08/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 数を覚える頃におすすめ

    子供が図書館で自分で選びました。
    数に興味が出てきた証拠かなと感心しました。
    (息子は1から100まで数えられるようになりました)
    ただ単に1から12までありさんが行進しているだけの絵本ですが
    ありさんをながめている犬がなんとも味があります。
    最後のページは分かりやすく棒グラフのように
    1から20まで表示してあります。

    掲載日:2010/05/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • おもしろい

    数のお勉強にと買いました。ほかにも数の本があるのですが、それは一般的なもので3だと3匹の動物が描かれていて「1、2、3!」と数えて終わりです。が、この本は「3」だと犬が1匹、蟻が3匹の絵です。なので「蟻が3匹いるねー。犬さんが見てるねー。何言ってるのかな?」などと蟻を数えながら犬を主語にお話も作れてしまうのが面白いです。1冊で2度おいしい本だと思います。娘も「数の本!」と言うよりはお話を聞きながら自然に数に親しめる本なので娘も楽しく見ています。

    掲載日:2010/01/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 数字は大きく書いてあるのでいいとは思いますが、数字と一緒に増えてくのは、なんと犬のそばにいるあり!!小さいですし増えていくのがわかりにくいです。

    掲載日:2008/03/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「数を覚えるために」という意図を持って、描かれた絵本なのでしょう。犬の絵の横には、大きく数字が描かれています。アリの数を表した数字です。
    しかしただ単に、数字だけの絵本ではなく、そこには1つの物語が存在します。
    ただ、1匹の犬がアリの巣に入っていくアリを見ているだけなのに、絵本を読む人、見る人によって、その物語は変化するのです。私はこう、物語を作って娘に読んで聞かせました。

    「1」 アリさんが1匹、おうちに戻ってきました。
    「2」 おうちに戻ってきた2匹のアリさんを、1匹のわんわんが見つけました。

    物語は1つではありません。この絵本は、ストーリーがどんどん読み手によって変化していく無限の可能性を秘めた絵本です。

    掲載日:2003/04/11

    参考になりました
    感謝
    0

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。


『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

みんなの声(5人)

絵本の評価(3.67)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット