なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
おはなばたけちゃん。さん 40代・ママ

すこしハラハラしながら・・
4歳になって再び読んでみました。 以…

おはなしのたからばこワイド愛蔵版(16) ラプンツェル」 みんなの声

おはなしのたからばこワイド愛蔵版(16) ラプンツェル 作:内田 也哉子
絵:水口 理恵子
出版社:フェリシモ出版
本体価格:\1,286+税
発行日:2009年12月
ISBN:9784894325050
評価スコア 4.26
評価ランキング 14,148
みんなの声 総数 38
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

38件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ
  • 『ラプンツェル』の味わい方

    『ラプンツェル』は、グリムのお話として息子は小学校低学年かそれ以前に知っていたお話です。
    「ラプンツェル、ラプンツェル、その髪を下しておくれ」
    魔女のこの言葉だけが耳に残っているのですが、私にとっては初めての対面です。
    それにしても内田也哉子さんの作品を読んでびっくりしました。
    内田版『ラプンツェル』は恋をテーマにした、ヤングアダルト感覚の童話です。
    図書館のグリム童話集の訳をいくつか読み比べた時に、内田さんの脚色のすごさを痛感しました。
    さらりと語ってしまうと、魔女の庭にある野菜のラプンツェルに魅せられた妊婦が、夫に頼んでそのラプンツェルを取り行かせたところが魔女に見つかってしまうくだり、ラプンツェルと引き換えに生まれてくる子どもを魔女に差し出すことになってしまうくだり、魔女に引き取られ閉じ込められた娘ラプンツェルが通りかかった王子と恋仲になるくだりといくつかのパートが重ねられていくのですが、それだけならば今までに手にした童話にも近い展開はあったかと思います。
    魔女、王子、かわいそうなお姫様という登場人物も童話にはあふれているかと思います。
    それが、内田さんの手にして、情感表現に深みを持たせたときに、生々しいお話に変わっていくのでした。
    イラストレーターの水口理恵子さんの絵も情感たっぷりで、ラプンツェルを肉感的に表現している感じ。
    この絵本は、高学年から大人に向けての絵本になっているかと思います。
    そういえば、水口さんの絵に親しみを覚えたと思ったら、東野圭吾の小説やいろいろな書籍のカバーで書店の平台を飾っている人だったのですね。
    グリム童話を超えた絵本です。

    掲載日:2011/05/15

    参考になりました
    感謝
    1
  • 清らかに流れる

    • もゆらさん
    • 60代
    • その他の方
    • 神奈川県

     イラストレーションも文章も、とても清らかで想像ゆたかだ。
    上品な仕上がりが禍いしてか、子どもには少々たいくつに見えるだろう。
    魔女もここでは何となく先生のように思えてしまった。
    ただ長い髪がざっくり切られるところだけが、印象に残る。
     子ども、妊娠、ラプンツェルを食べたい執着、泥棒、
    秘密の契約、王子との逢瀬、自殺などなど、山がたくさんあるけれど
    読み終えた時、すべてが清くこざっぱりと流れてしまった…。
    詩的な構成を好む人に、お薦めする一冊。
    感謝

    掲載日:2016/07/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大人におすすめ

    表紙の大人っぽいラプンツェルに目を奪われました。
    ディズニーのラプンツェルは有名ですが、実際のグリム童話の内容を知らなかったので読んでみました。ストーリーにひきこれました。イラストもとってもシックで素敵で、物語の想像を掻き立てられるようでした。
    大人の人におすすめの1冊だと思います。

    掲載日:2016/05/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • ラプンツェル

    全頁試し読みで読みました。憂いを含んだ美しいラプンシェルが、凄く綺麗で美しく描かれています。約束どおり魔女が赤ん坊をさらってしまいますが、念願のあかちゃんを授かったのに、欲望に勝てなかったご夫婦に失望しました。魔女が、あかちゃんを抱く姿は、とても愛おしく抱いているように思いました。美しいラプンシェルを、魔女は独占したくて、歪んだ愛ではありますが魔女なりにラプンシェルを溺愛していたと思いました。最後が、王子と双子のあかちゃんとラプンシェルが人並みの幸せをつかむことが出来てハッピーエンドで本当によかったと思いました。

    掲載日:2016/04/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • ステキ♪

    ラプンツェルとゆうとどうしてもディズニー映画が印象的ですが、本当のラプンツェルのお話を改めて読んで、やっぱりステキなお話だなぁと思いました。ラプンツェルのような長い髪に憧れます。でも塔の中に閉じ込められ、外の世界と断たれた生活はどれほどつらいものか…でも最後はちゃんと幸せになれて良かったです。特に女の子が夢中になる気持ちもわかりますね♪

    掲載日:2015/12/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 美しい絵!

    ディズニーでおなじみのラプンツェル。
    でも、お話をちゃんと読んだのは初めてでした。
    結構長かったのですが、
    じーっと聞いてくれて、最後、こんな話だったんだ〜と
    ため息をついていました。
    絵が美しく、長い髪にあこがれている娘は
    絵を見ているだけでもうっとりするようでした。

    掲載日:2015/12/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 本格的で絵も美しい

    童話そのままのストーリーで、妊娠のことを隠している程度で正統派の内容です。

    幻想的な絵も美しく、内容にとてもあっています。目が見えなくなった王子の話もそういえばこんな話だったなと思いながら読みました子供は双子というのも設定どおりだったかは忘れてしまいましたが。

    娘もこの話はスキなので、喜んで読んでいました。

    名作です。

    掲載日:2015/12/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • ラプンツェル

    グリム童話の「ラプンツェル」
    お話は知っています、ディズニーの映画にもなっています。
    でも、このうつくしい絵本は、これまでに出会った「ラプンツェル」の物語とは違った印象を与えてくれました。ハッピーエンドではありますが、こんなに切ないおはなしだったのですね。
    内田也哉子さんの文章を初めて読みましたが、詩的でとても美しく、水口理恵子さんのイラストと合っていて、もっと長いおはなしだったらよかったのに、と少し残念に思いました。

    掲載日:2015/12/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • こんなお話だったんですね。

    息子は2歳なので、まだ早いなーと思い、自分だけで読みました。
    ラプンツェルのお話は子どもの頃に読んだことがあったので、もう何十年ぶりw
    私の知っているお話より妖艶で静寂で、少し怖いかんじがしました。

    まずラプンツェルが植物の名前だったとは。
    そして親は子供を渡してそのまま会わなくなってしまったんですね。
    とっても喜んでいたのに悲しかったろうなあ。
    この両親だけではなく、登場人物の感情表現がほぼほぼない。
    そういうところががこの絵本の静寂さを増幅してくれているんだと思います。

    大人向けの絵本。思わず引き込まれ、読んでよかったです。

    掲載日:2015/12/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 美しい絵本!

    「ラプンツェル」の絵本は,いくつか出版されていますが,それぞれ雰囲気や味わいが違うので,読み比べてみると面白いですね。
    こちらの絵本は,とにかくイラストに釘付けになりました!
    色合いも落ち着いている分味わい深く,ラプンツェルの花も女性(姫)も本当に美しいのです。
    大人が読みたくなる「ラプンツェル」ですね!
    お話の内容は残酷な部分も多いですが,最後はハッピーエンドというところがまたよかったです。
    イラストと文章もとても合っていて素敵な美しい絵本でした!!

    掲載日:2015/12/10

    参考になりました
    感謝
    0

38件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『小学校最初の3年間で本当にさせたい「勉強」』中根克明さんインタビュー

みんなの声(38人)

絵本の評価(4.26)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット