だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!

おやすみみみずく」 みんなの声

おやすみみみずく 作・絵:パット・ハッチンス
訳:渡辺 茂男
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:1977年07月
ISBN:9784032011401
評価スコア 4.33
評価ランキング 10,295
みんなの声 総数 20
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

20件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 繰り返しが楽しい♪

    たくさんの鳥が登場して、名前を覚えたり、鳴き方を覚えたり、
    いろんな楽しみ方ができる絵本でした。
    パット・ハッチンスさんの、独特の絵のタッチがおもしろくて、
    最近、たくさん読んでいるのですが、この絵本も、おすすめの
    1冊です☆
    文章もわかりやすく、それが繰り返されていて、3歳の娘も
    とても楽しんでいました♪
    ぜひ読んでみてください!!

    掲載日:2015/04/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 色遣いがあったかい

    繰り返しがたのしいです。
    いろんな鳥たちが出てくるので、そのたびに子どもたちは指をさして大興奮でした。
    鳴き声もさまざまなので、鳴き声のまねをするのも楽しかったようです。特にきつつきのところが人気で「たーららたーらら」と舌っ足らずで言うのがかわいかったです。
    ふくろうさん、昼間はなかなか眠れなくて、大丈夫かなーと思っていましたが、夜になるとちゃっかり仕返し!なかなか痛快でした。

    掲載日:2013/07/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 色々な種類の鳥が出てきます

    • みるぴんさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 男の子2歳

    2歳2カ月の息子と読みました。
    色々な鳥がミミズクの住む木にやってきます。
    カケス、カラス、カッコウ、色とりどりで、綺麗な鳥が描かれています。
    名前は知っていても、実際には見たことの無い鳥もあり、
    こんな鳥で、こんな鳴き声なのかと知ることが出来ました。
    聞いたことの無い鳥の鳴き声を読むのは、とても難しいです。

    カラス、雀と息子の分かる鳥もいるものの、分からない鳥も多く、
    最後の方では集中力が途切れがちになります。
    もう少し大きくなると、鳥の種類にも興味がわくのかなと思います。

    掲載日:2012/01/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • 普通の鳥とは昼夜逆転!

    昼の間はずっと、みみずくは「あー ねむたい」。
    夜になると今度はみんな(鳥)が「あー ねむたい」。

    対比がとても面白く、娘も喜んで読んでいました。鳥達もかわいらしく、おすすめです。

    掲載日:2011/07/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • みみずくのしかえし

    3歳の息子に読みました。

    どんどん鳥が増えていき、賑やかな鳴き声を出すのにも惹き付けられていましたが、そのたびに繰り返されるみみずくの「あー、ねむたい」をすぐに覚え、先に言ってくれました。

    最後にみみずくが仕返し?をした場面は1度読んだだけではオチは分からなかったようでしたが、それでもおかしかったようで笑っていました。

    絵が本当に綺麗で、いつまでも眺めていたくなります。

    掲載日:2011/06/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • にぎやかなお話です

    はちが ぶん ぶん はね ならす。
    りすが きのみを かり かり かじる。
    からすが かー かー かー かー と なく。
    きつつきが たららら たららら きを つつく。
    むくどりが きゅる きゅる きゅる と おしゃべり。
    ・・・・・・・・・・・・・・
    まだまだこんなもんではありません!次々と来客がやってくるのです。
    そのたびに、みみずくは「あーねむたい。」と迷惑顔。

    内容云々おり、音の響きと、色鮮やかな絵が楽しい絵本です。
    しつこいくらい繰り返される同じフレーズを、早口言葉のように読んだり、呪文のように唱えたり、
    こどもの反応を見ながら読んでいました。

    掲載日:2011/01/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 小さいお子さんからでも

    ハッチンス氏の絵本はすごく独創的なイラストですよね。
    この絵本もすごくそう感じますが とりわけこの絵本は美しいと思います。
    様々な森の動物がみみずくの木に集まっているからでしょうか
    とても鮮やかでうっとりします。タイトルロゴもステキです。

    さてお話ですが 昼間みみずくさんが眠たい時間には他の動物達が活発に動き回り 夜その動物達が眠りにつく頃 みみずくが活動開始・・・っていう単純なお話ですけど
    さまざまに工夫された鳴き声などが面白くて
    小さなお子さんからでも充分に楽しめると思います。
    6歳ではもう面白くないのかな?と思って一緒に読んだのですが
    クスクス笑っていました。まだまだいけるみたいです・笑

    掲載日:2009/10/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • なかなか眠れないと思ったら…

    • おしんさん
    • 40代
    • ママ
    • 鹿児島県
    • 男の子23歳、女の子21歳、男の子18歳

    みみずくが、木に止まって寝ようとするのですが、次から次に鳥たちがやってきて鳴きます。おかげで、みみずくはなかなか寝ることができません。
    ハッチンスの描く色鮮やかな世界に、子どもたちの目はきらきらと光ってきました。そして、鳴き声の表現がまた面白く思わずニヤリ。日本人の描く世界との違いを感じることができると思います。
    さてさて、なかなか眠れないみみずくさん、どうなることでしょうか。

    掲載日:2009/07/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 鶏よりも早起きして読んでくれました

    まず、きれいな木の色(葉っぱや花の色)が目を引きます。そこに、1羽、2羽と、色鮮やかな鳥たちがやってきて、ピーチク、ガヤガヤ、みみずくの眠りを妨げます。娘は、1ページごとに、げらげら。
    図書館で借りて読んだのは、原書(GOOD−NIGHT OWL!)ですが、いろいろな鳥の鳴き声もおもしろく、英語、日本語の響きを比べてみるのも楽しいかもしれませんね。繰り返し、繰り返しで進んでいき、最後の最後で大爆笑。みみずくも、いっしょに寝ちゃうのかと思ったら・・・。そうはいかないのが、ハッチンスの絵本です!

    ここ1週間、少なくとも1日3回はこの絵本を読んでいる娘。きのうは、ヨーロッパに住むパパの妹にも、電話越しに読んであげていました。
    そして、日曜日の今朝は・・・5時半に目を覚まし(1週間前に夏時間に変更したばかりなので、5時半=4時半!)ママを起こし、パパを起こして、朝から上機嫌の娘が持ってきたのは、この絵本。外はまだ真っ暗だというのに、声を張り上げ、大熱演で読み終えた娘に、パパが一言。“Are you an owl?”・・・
     来週末までには、娘の中でのブームも少しは冷めていることを願いつつ(!)娘の熱中振りに負けて、すでにオンラインで注文をしてしまいました。

    掲載日:2009/03/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 色鮮やかな鳥たち

    • おるがんさん
    • 40代
    • ママ
    • 高知県
    • 女の子、男の子

    みみずくは、眠たくてしかたないのに、周りがどんどんにぎやかになり、なかなか眠れません。
    みみずくは夜行性で、他の鳥たちとは違うのだと子どもたちは知るでしょう。

    お話としてはとても単純ですが、繰り返しの面白さと美しい絵で引き込まれます。
    鳥たちの鳴き声も面白いです。
    みみずくの表情もじっくり見て行くと面白いです。
    夜になったときの得意げな顔が好きです。
    小さな子どもでも楽しく読めそうです。

    掲載日:2009/03/08

    参考になりました
    感謝
    0

20件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。
  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★
  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…


ドイツで大人気!バニーが日本上陸

みんなの声(20人)

絵本の評価(4.33)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット