アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵の試し読みができます!
作: アレクサンドラ・ミジェリンスカ ダニエル・ミジェリンスキ 編: 徳間書店児童書編集部  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

黒ばらさんの七つの魔法」 みんなの声

黒ばらさんの七つの魔法 作:末吉 暁子
絵:牧野 鈴子
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1991年10月
ISBN:9784035400608
評価スコア 4
評価ランキング 21,153
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 七つのお話

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子4歳、女の子2歳

    日本に住む135歳(見た目は40歳くらい)の魔女 黒ばらさんの七つのお話。
    魔女といっても万能というわけでもなく、できることって限られているんですね。
    友情、恋、若くきれいに見えるうぬぼれ鏡を愛用していたり、明るい性格の黒ばらさんが人間くさくて好きです。
    内容的に小学校高学年くらいからでしょうか。
    面白かったです。つづきも読もうと思います。

    掲載日:2015/06/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 牧野さんが描かれた黒ばらさんが素敵!

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子14歳、女の子9歳

    「偕成社のワンダーランド」から出ている1冊です。
    黒ばらさんは魔法学校で魔法を習った魔女で、135歳。
    牧野鈴子さんの描かれた黒ばらさんのイラストがとってもイメージに合っていました。

    全体的にはとても面白い作品で、最初は1話完結かと思っていたけど、
    それぞれの話が、別の話とつながって、大きな物語になっていました。
    特に最初は本当に「通りすがりの子」だったひでくんが、実はとんでもない伏線を含んでいる子で、彼がこの話に登場してから、物語は大きく方向性を変えたような気がします。

    読んでみた感触では、小学校の中学年くらいのお子さんを意識きているような気がしました。
    物語を読むのが好きな子、ファンタジーが好きな子なら、
    小学校の3,4年生でもあっという間に読めそうな、読みやすい文章ですが、最近の子どもたちだと、高学年くらいの本好きの子なら読めるかな〜、という感じです。
    どうやら続きがあるようなので、今度そちらも読んでみたいと思っています。
    続編にもひでくんは登場するのかな?ドキドキです。

    掲載日:2010/01/06

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


死んでおばけになったおじいちゃんの忘れものとは…?

みんなの声(2人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット