だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

絵解き図鑑こんなふうに作られる!」 みんなの声

絵解き図鑑こんなふうに作られる! 作:ビル・スレイヴィン
訳:福本 友美子
出版社:玉川大学出版部 玉川大学出版部の特集ページがあります!
本体価格:\3,800+税
発行日:2007年11月
ISBN:9784472403514
評価スコア 3.33
評価ランキング 36,466
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 紹介されている道具のリストはお国柄…?

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子18歳、女の子13歳

    身の回りの物百科って、感じです。
    絵も解説もとても見やすいのですが、作者が選んで紹介している各道具が、やや個人的な趣味に走っているような感じを受けました。
    例えば、『プラスチックの恐竜』…とか!
    「プラスチック」で作られるものなら、もう少しいろいろあってもいいかな〜と、思います。
    家の中のもので紹介されている中で、『クレヨン』っていうのはよくわかりますが、『ネコの砂』!!
    私は猫は大好きですが、こういう作品の中に『ネコの砂』が出てこなくてもいいかな〜と、思いました。
    それに『ネコの砂』がるなら『ドラペットフード』はいらないかな〜と、思いましたし、『リコリス』に興味のあるお子さんがいるとしたら、薬学系に行きたい中学・高校生くらいかな?と、思いました。

    もう少し、小学生くらいのお子さんたちが興味を持つような道具が紹介されているとよかったのですが、
    何分この本は翻訳物なので、お国柄的な興味の相違もあるのかもしれません。

    掲載日:2013/06/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • ほっほぉぉぉ〜

    物が作られていく様子が、写真でよく紹介された本は、よくありますが
    この本は、身のまわりの物69品
    すべてがイラストで紹介。
    (絵本というよりも図鑑に近いかな〜)
    働いているのは、こびとたちだったり ネコだったりと楽しいです。
    子どもだけの絵本じゃぁもったいない位ステキ!なのです。
    親子で「ほっほぉぉぉ〜」と、きっと うなってしまいますょ。

    掲載日:2010/01/07

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた / こども論語塾

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語


『いのちのはな』のぶみさん、窪田等さんインタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット