しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

くらやみでもへっちゃら」 みんなの声

くらやみでもへっちゃら 作:桃井和馬
絵:長野 ヒデ子
出版社:大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
本体価格:\1,333+税
発行日:2000年03月
ISBN:9784477010809
評価スコア 4.33
評価ランキング 11,464
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 「明るいだけでは、つまらない」でしょ?

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子21歳、女の子17歳

    2000年に出版された「かがくだいすき」というシリーズの1冊です。
    正直、メチャクチャ面白かったです。
    この作品は絵本を開きながら、読み手の子どもたち気軽にできる実験が載っています。
    いうなれば「暗闇体験実験」で、難しいことは1つもありません。
    火事に備えた火災予防訓練や、最近小学校では視覚障害体験学習と同じような感じです。

    用意するもの、実験の方法も描かれています。その実験の結果、自分のからだがどんな感じになるのか、右下に著者から青い字で添えられていますが、できたら、この本を読んだお子さんたちは全く同じでなくてもいいから、この実験をやってみてほしいなと思います。
    そして、ほんとにこうなるかどうか、自分のからだで体験してみてほしいです。

    後半には昔の人や世界の別の国の人たちが、どうやって「暗い世界とうまくつきあっているのか」いくつか紹介してくれています。

    この本はただの読み聞かせとしてで使うのではなく、参加体験型として子どもたちと一緒にやってみたいです。

    掲載日:2017/04/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 今の便利な生活について考えました

    図書館の科学絵本の講座で紹介していただいた本です。

    今は、コンビニもあるし、街灯も明るいし、暗闇の怖さって確かに経験しませんよね。

    小さい頃、父の実家に泊まってトイレが外にあったので、すごく怖かったことを思い出しました。

    暗闇がなくなったことで、五感が研ぎ澄まされなくなり、暗さに対する畏敬の念というのか、見えないものに対して感じることも薄らいてきているのかもしれないと、読んでみて改めて今の便利な生活について考えました。

    息子も暗闇の中のことに興味津津という感じで見ていました。

    絵が長野ヒデ子さんだったので親しみやすかったです。

    掲載日:2010/01/11

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。
  • 怪物はささやく
    怪物はささやくの試し読みができます!
    怪物はささやく
    作:シヴォーン・ダウド(原案)/パトリックス・ネス(著) 絵:ジム・ケイ 訳:池田 真紀子 出版社:あすなろ書房 あすなろ書房の特集ページがあります!
    2017/6/9より映画公開中


本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット