しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

おばあちゃんの ちょうちょ」 みんなの声

おばあちゃんの ちょうちょ 作:バーバラ・M・ヨース
絵:ジゼル・ポター
訳:福本 由紀子
出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:2006年10月
ISBN:9784776402015
評価スコア 4
評価ランキング 20,278
みんなの声 総数 2
「おばあちゃんの ちょうちょ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • メキシコにも『お盆』って、あるんだ。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子17歳、女の子12歳

    後書きを見ると、作者のバーバラさんの母方の田舎がメキシコなので、こういうお話を思いついたようです。

    この絵本を読むと、メキシコならではの「死者のお祭り」を知ることができます。
    これはちょうど日本でいうなら『お盆』みたいなもののようです。
    こんなにも国同士が離れているのに、『お盆』のような風習があることに驚きました!
    死者のために揃えるグッツはお国柄が出ていて、日本とは違うようでしたが…。

    この物語ではおばあちゃんが亡くなったのが、ちょうどメキシコで有名な『オオカバマダラチョウ』の移動する時期だったのと、おばあちゃんがこのチョウが好きだったらしいので、こういうタイトルになったようです。
    (原作のタイトルも公だったのでしょうか?)

    最近、おじいちゃんやおばあちゃんとの交流を描いた絵本作品も、色々出てきました。
    そして「死」「別れ」を作品を通じて表現されているものも増えたように思います。

    お話としては非常にいいものが大半ですが、小学校などの読み聞かせはたいてい「朝の時間」が多いんですよ〜。
    作品自体がどんなに優れていても、朝から「死」を取り扱った作品を取り上げるのは結構勇気がいります。
    なので、私がこの本を子どもたちに紹介するとしたらたぶん《ブックトーク》の形でになると思います。

    掲載日:2012/10/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 魂は近くにいてくれる

    蝶々には亡くなった人の魂が宿っていて縁のある人のところに飛んでくるといいますね。

    メキシコのお話のようですが、正にそんなことがでてきました。

    メキシコにも「死者の日」というお盆のようなものがあるんだなあとか、ドクロのクッキーを食べるなど初めて出会う風習が興味深かったです。

    一人で寝るのが怖い時にもそばにいてくれたおばあちゃん。

    わたしにとってもとても大切な存在だったんだなあと。誰もが経験する別れとはいえ、そんな大切な人が亡くなる喪失感は並大抵のものではないですよね。

    亡くなっても覚えている人がいる限り、魂は近くにいてくれるそんな気がしました。

    掲載日:2010/07/03

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語


宮部みゆきさん × 佐竹美保さん 対談インタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット