だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

パパ、ちょっとまって!」 みんなの声

パパ、ちょっとまって! 作・絵:グニッラ・ベリィストロム
訳:山内 清子
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1981年
ISBN:9784032071207
評価スコア 4.57
評価ランキング 4,105
みんなの声 総数 6
「パパ、ちょっとまって!」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 親子で共感

    • オパーサンさん
    • 30代
    • ママ
    • 福島県
    • 女の子4歳、女の子1歳

    朝の慌しい時間の「ちょっとまって!」。
    大人から見ればどうでもいいようなことのために、子どもは「やるべきこと」を後回しにします。
    我が家でも毎朝繰り返されている光景です。
    私はいつもカッとなってプリプリ怒ってしまいますが、この本のお父さんは何だか余裕があって素敵。見習いたいところです。
    と思っていたら、最後は息子にやり返されるお父さんでした。
    私も自分の用事を優先して、娘にはよく「ちょっと待って」と言っています。そんな私を思い出してか、娘はニヤニヤしながら読み終わりました。
    親の立場からも、子どもの立場からも共感できる、楽しい絵本です。

    掲載日:2010/02/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 親子である!ある!(笑)

    パパと男の子の朝のお出かけ前の慌しい時間を描いた絵本。
    急いでいるときに限って、子どもは目の前のことに
    気を取られて遊びだしたりしますよね。
    この絵本の男の子もそう。次から次へと親からすれば
    どうでもよさそうなことが気になります。
    我が家だったら、私のヒステリーが始まりそうな状況。。(笑)
    なのに、ちっともバタバタしていないんですよね〜^^☆
    きっとパパが注意はしても怒ってはいないからなんでしょうね。
    パパの根気強く男の子に呼びかけている姿に感動すら覚えました。
    やはり忍耐が大事なのよね。。^^;
    最後のオチには思い当たる節が大いにある私。。
    長男がニヤニヤしながら私の顔を見ていました。(苦笑)
    親子である!ある!と共感できる楽しいお話でした。

    掲載日:2007/03/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • パパの本

    • はるしゅうさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子7歳、男の子5歳

    朝のお出かけ前の、親子の様子が楽しく描かれています。
    パパは子供に「まだかい?」と聞くと、「ちょっと待って。」いうけれど、子供の準備が終わると、今度は子供がパパに「まだ?」と聞くと、「ちょっと待って。」と子供を待たせてしまうというお話です。
    うちの家族もパパの準備が遅いので、よく子供に「パパまだあ?」と言っているので、「パパのことみたいだね。」と子供が読んだ後、言っていました。
    最後には、顔を見合わせて笑うところがかわいいです。

    掲載日:2006/12/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • よくある光景

    よくありますね、この光景。
    親が早く早くとせかすのに、子どもは今、しなくてもいいようなどうでもよいことに夢中になって、なかなか用意をしない。
    でも、用意がやっとできたときには、今度は親が「ちょっと待って」

    7歳の娘と一緒に読んでいたのですが、前半は、私が「分かる分かる、まるであなたみたいね」と得意気に言っていたのですが、最後のオチをみて、今度は娘のほうが、「分かる分かる、ママみたい」と、得意気になっちゃって、ヤラレタ!と思いました。

    時計の絵の横に、「6じ3ぷん」というようにしっかりと書かれているので、時計の読み方の勉強にもオススメです。

    掲載日:2006/04/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • アルフォンスと似ている感じ・・・

     まず、この絵本の気に入っている点は、時計がさりげなく、お話のナビーゲーターしているところ。アルフォンスの好きな遊びが、車遊びであること、お父さんとのふれ合いのお話のこと、この3点がうちの息子にとって、満たされていて良かったと思います。
    どこの親も子供をせかして置きながら、最後は自分も同じようになってしまうんだすよね、とても笑える作品です。

    掲載日:2003/07/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 時計付きで楽しい

    • はなしんさん
    • 30代
    • ママ
    • 千葉県
    • 女の子5歳、男の子3歳

    朝の慌ただしい支度の様子を描いた楽しい作品。
    アルフォンスが、目覚めてから、出掛けるまで時計も描いてあるので、分タイムの様子がわかり、子供には、時計の読み方の勉強が楽しくできます。
    台所からお父さんから、矢のような催促。
    「はあい、ちょっとまって・・・。」
    この繰り返し。焦れば焦るほど空回りしている様子がおかしいです。
    支度が終わり、パパを呼ぶと・・・、まだ新聞を読んでいたりして、こんなこと我が家でもあるある・・・。
    今度は、パパの方が、
    「はあい、ちょっとまって・・・」
    と、言って、
    「返事だけじゃだめだよ。はやく」
    と息子にやり返されるのが、すごく笑えます。

    掲載日:2003/04/12

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / どんどこ ももんちゃん / ぐるんぱのようちえん / もこ もこもこ / てぶくろ / そらまめくんのベッド / ねないこ だれだ / うずらちゃんのかくれんぼ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。
  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★


柚木沙弥郎さんのあかるい「雨ニモマケズ」

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.57)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット