だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!

クリストファーの しあわせな いちにち」 みんなの声

クリストファーの しあわせな いちにち 作・絵:バレリー・ゴルバチョフ
訳:三原 泉
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2010年02月
ISBN:9784033481906
評価スコア 4.33
評価ランキング 10,440
みんなの声 総数 8
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 子供の輝いている瞬間

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子4歳、女の子0歳

    5歳の息子と読みました。
    物語の主人公、クリストファーは、
    学校で数のかぞえかたを勉強します。

    そしてその日は一日中、なんにつけても、
    数をかぞえてばっかり。
    新しく習ったことを実践できるのが
    嬉しくって仕方がないのです。

    子供のキラキラしている瞬間を描いた、
    とっても素敵な一冊。
    ちょうど5歳の息子も保育園で覚えたゴミの分別マークを
    ことあるごとにチェックしています。
    クリストファーと全く同じように!

    クリストファーの嬉しい気持ちがよくわかるのか、
    とってもとっても気に入って、何回も何回も読みました。

    掲載日:2011/10/12

    参考になりました
    感謝
    1
  • 知るって楽しい!

    初めて、数のかぞえ方を教えてもらい、すっかり楽しくなったクリストファー。

    知らなかったことを知ったり、今まで疑問に思ってたことが解決できた瞬間て、目の前が明るくなりますよね。まるで霧が晴れるみたいに!

    数をかぞえることが、嬉しくて仕方がないクリストファーの喜びが、ビンビン伝わってきます。

    たくさんの助数詞もでてきます。
    かぞえるモノによって、助数詞がちがうということに初めて気づく子もいるのではないでしょうか。
    娘も、確認するかのように頷いていました。

    知るって楽しい!そんなお話です。

    掲載日:2015/06/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 数を数える楽しみ

    バレリー・ゴルバチョフの絵本だったのでこの絵本を選びました。

    クリストファーが学校で数の数え方を教えてもらい、それが楽しくてクリストファーは何でも数を数えて一日を過ごします。

    小さな子って興味があるとずっと同じことをしています。うちの2人の娘たちもそうですが・・・。数を数えるクリストファーがとても可愛らしいです。

    5歳長女は一緒になって数を数えて楽しんでいました。

    掲載日:2013/10/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 数えるの大好き!!

    このお話の主人公のクリストファーは数を数えるのが大好きな子ウサギでした。何でも楽しそうに数えるその姿がとってもかわいらしかったです。うちの子も一緒になって数を数えて楽しんでいたのが、かわいかったです。

    掲載日:2013/06/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • とにかく「数」の話です。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子17歳、女の子12歳

    数の話です。もう、最初から最後まで、「数」の話。
    そのことにちょっとびっくりしました。
    初めて学校でさんすうを習うお子さんや、数字に興味のある4,5歳以上のお子さんたちに特にお薦めしたいです。

    この作者の絵本は「ゆうびんやさんおねがいね」を読んだことがありますが、
    またちょっと違った雰囲気の作品でした。
    いろいろな表情や、森の動物たちの動きが、ちいさなうさぎクリストファーの好奇心旺盛な視界で描かれているので、字の読めない、数字に全く触れていない(知らない年頃の)お子さんにも楽しめる内容だと思います。

    掲載日:2012/07/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 数え方を楽しんだ一日のこと

    3歳10ヶ月の息子に読んでやりました。この作者の本がいいと思って読んでやりましたが、結構あたりはずれがありますね。

    クリストファーは学校でものの数え方を習いました。それがとても楽しいので、学校の帰り道や家の中、遊びながらも数えられるものがないかと探しては、数え続けるという満足した一日のお話です。

    息子はお風呂で10まで数えることが出来ますが、ものを数えることにはそれほど興味がないため、あまりこの絵本に対して反応はありませんでした。特に、数える対象によって数え方が変わるところまで翻訳された本でありながら丁寧に対応してくれていましたが、その変化にも無関心。何を「しあわせ」と感じるかはその子によって違いますね。小さい頃、学校で習ったことにとても興奮した記憶はありますが、それも人それぞれ。そういう体験をしたことがある子だと、この本にもっと入りやすいのでしょうが・・・。数えることが楽しくてしょうがない子にはお勧めの本かもしれませんよ。

    掲載日:2011/07/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 自分自身を投影できる絵本

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    我家で大人気のバレリー・ゴルバチョフの新作。
    バレリー・ゴルバチョフはウクライナ出身で、ソ連崩壊でアメリカへ移住して活動されています。

    ヤギ先生に、数の数え方を習ったうさぎのクリストファーは、周りにあるものを片っ端から数えていきます。
    習ったことを、活かしてたくて仕方ないというクリストファーの姿は、とても共感できるもの。
    登場するのは、全て動物なのですが、非常に上手く擬人化されていて、その表情、仕草は何とも言えず楽しめること間違いありません。

    大きな展開はないのですが、読後感が心地よいものでした。
    子供達も共感しながら読み聞かせできる絵本だと思います。

    掲載日:2010/09/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 嬉しそうな表情が弾けちゃってます

     うさぎのクリストファーくん。
     学校で、数の数え方を習いました。
     ただ、数字を1・2・3.4…って言えるだけじゃないんです。
     数えられるんです。

     数字の意味がわかったんですね。
     何でも、目に留まるものを数えます。
     ノート、鉛筆、水槽の金魚、花びら、バスケットボールの点数まで。
     その嬉しそうな表情が弾けちゃってます。

     新しいことを学ぶ嬉しさが良く伝わって来ます。
     
     数を数えられるようになったお子さんにいかがでしょうか。

    掲載日:2010/03/05

    参考になりました
    感謝
    0

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



葉祥明さんの描く不朽の名作

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.33)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット