あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
レイラさん 50代・ママ

嫉妬
『あくたれラルフ』のねこ、ラルフのクリ…

おじいさんのいえ」 みんなの声

おじいさんのいえ 作・絵:植垣 歩子
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2010年02月
ISBN:9784033318004
評価スコア 4.43
評価ランキング 8,020
みんなの声 総数 6
「おじいさんのいえ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • おばあさんの所へ

    このお話は、死んだおばあさんの事が悲しくて自分の家を離れて旅に出たおじいさんのお話しでした。色々なところに泊まって旅をして、最後にはおばあさんとの思い出の自分の家のあった場所に戻ってきました。やっぱり素敵な思い出のあるところはいいですね。

    掲載日:2015/10/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • あぁ、良かった

    自分の家がない、おじいさん。
    あちらこちらを歩く様子は、見ているこちらがハラハラと心配になりました。
    最後には、元の家があった場所に落ち着きましたね。
    やっぱり、ここが自分の場所なのでしょう。
    戻って来れて、本当に良かったと、思いました。

    掲載日:2014/03/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 再生の喜び

    普通に夫婦で住んでいた家から、妻が亡くなり、家を捨てて旅に出た男性。おじいさんになっても住む家がなく、きつねやねずみの家に犬とともに泊めてもらう。とてもわびしいです!

    でも、ある日、自宅のあった場所にはえたりんごの木を見つけ、そこにまた家を作り、よその子供達が遊びにきてくれる、、、。再生する気力を描いている本です。

    でも、実際にこういうことをしたら、たぶんお金も何もないので、家も作れないし、そのままのたれ死にそうなので、子供には危険だからダメよ、と説明してしまいました。でも、、、飼い犬の名前、ピーピラピューって、、、ちょっとおもしろくないですか?名前が適当な感じです。

    掲載日:2011/09/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 寄り添うということ?

    • しいら☆さん
    • 40代
    • ママ
    • 宮城県
    • 男の子18歳

    図書室で見つけ、あまり好きそうにない感じだけど・・・とパラパラめくり・・・1度は戻しました

    でも、やっぱり気になって、借りてきて、じっくり読みました
    今までにない感じのおはなしの内容と、絵の雰囲気がだんだんしっくりしてくるのです

    先輩に見せたところ、「私、これ好きかも」と、じっくり読み始めていました

    表紙裏の絵もいいんです
    文字がなくても、語ってくれていますし、カバーの折ったところにもピーピラリューの子犬の時の絵にじ〜んとしてしまいます

    おばあさんのところへりんごを子ども達と持っていったり、ピーピラリューもお友達が出来て、よかったなぁ〜とか

    場面場面の絵がとても細かい所まで、描かれていますよ

    掲載日:2010/05/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 悲しみや喜びに心の耳を傾けたい

     おじいさんは旅をしていました。
     ひとりぼっちではありません。
     子犬の時に、旅の途中のおじいさんに拾われたピーピラピューも一緒です。

     でも、どうしておじさんは旅に出たのでしょう。
     
     何がおじさんにあったのだろうと、常に?のおもいで、雪の季節からおじいさんとたくさんの景色を見ながら、読み進めました。
     細々としたものまでの丁寧な描写に目が奪われます。
     
     一つの出会いが、おじいさんの歩を変えます。
     リンゴの木の下の一夜は、グッと来ます。

     「嬉しいことも楽しい事もみんなこの家で起こりました。だから、ここにいれば、一人でもさびしくないんです。」というおばあさんの言葉に、祖父に先立たれ幾ら呼び寄せても、同居しなかった私の祖母を思い出しました。
     祖母の心中も、きっとこうだったのでしょうね。
     
     口が重くなっていくお年寄りの思いに寄り添うことは、とても難しい事ですが、せめて悲しみや喜びに心の耳を傾けたいと改めておもいました。
     読後、見返しのおじさんとピーピラピューの旅の様子にやはり胸が締め付けられました。

    掲載日:2010/04/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「ヘタ上手」の絵本作家さん、発見!!

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子14歳、女の子10歳

    素敵な絵本を見つけました!!
    デッサン力は、正直「ヘタ上手」という部類に入る画力だと思います。
    でも、『絵本』としての味わいは、ものすごく秘めた力を持っている絵本作家さんです!!(私の目に狂いはない!!…と、思います)

    目が「3」の年老いた犬(絵本を見れば「3」の意味がわかります)を
    お供に、あてもない旅を続けるおじいさんさんが主人公です。
    私は上の子と読んだのですが、
    「犬がいいね!ねずみは嫌いじゃないけど、ねずみがいっぱい出る小屋に寝るのはちょっと勇気がいるよね」と、笑ってました。

    この絵本は「おじいさんの孤独感」がどう癒されるのかがキーになっているので、
    年齢の低いお子さんより、小学校高学年以上にお薦めします。

    特に2世帯住居や、近所におじいちゃんおばあちゃんが住んでいるお子さん、中高生のお子さんなら、将来へルパーさんなど、高齢者の方に触れ合う職業を考えている人に、特にお薦めしたいです。

    裏表紙には、初めと終わりに4コマ漫画のような「おじいさんと犬」の一日が載っています。
    おじいさんの人柄や日常が読みとれる素敵な絵本です。

    掲載日:2010/04/12

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


『おやすみ、ロジャー 朗読CDブック』本屋さんインタビュー&体験レポート

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.43)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット