だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!

かじやとようせい」 みんなの声

かじやとようせい 絵:荻太郎
再話:三宅 忠明
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\0+税
発行日:1998年
評価スコア 4.4
評価ランキング 8,803
みんなの声 総数 4
「かじやとようせい」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 怖いけどなんか…

    お話し的には怖い話しなのですが、でも、なぜか子供は気に入ってるようで、読んで〜っと持ってきます。きっと子供は、ようせいを退治するおとうさんの姿にワクワクし、ようせいのところに息子を取り戻しに行くおとうさんの勇気ある行動にドキドキするのでしょう。親は何があっても大切な我が子を自分の力で守ります。

    掲載日:2014/05/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • こういう本こそ・・・

    娘は「かじやって何?」というところから始まりましたが・・・
    スコットランドの昔話で、息子が妖精に取り替えられたのを
    鍛冶屋が助けにいくという、特に珍しい内容のお話ではありませんが、
    ストーリーと絵がマッチしていてとても雰囲気があります。
    普通に読んでいるだけで、より多くの想像力が働くような・・・。
    発刊が1978年ですが、この先も是非読まれて欲しい、
    福音館の良書という感じの絵本でした。

    掲載日:2014/01/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 父親の愛

    表表紙と裏表紙のタータンチェックに惹かれて選びました。

    タイトルとかけ離れた表紙が気になります。

    スコットランドの昔話です。鍛冶屋の息子が妖精と入れ替わってしまう

    のですが、父親の愛情と勇気で息子を取り戻すことが出来ました。

    妖精と言うといい妖精ばかり考えてしまった私ですが、邪悪な妖精もい

    るんだと知りました。助かった息子が、王様の剣を作るような立派な鍛

    冶屋になって、親子二人で仕事が出来て本当によかったと思いました。

    掲載日:2011/11/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 不思議な世界をちょっと経験できた気分

     表紙絵がタータン(チェック)。
     スコットランドの民話です。
     「鍛冶屋“の”妖精」ならば、ピーターパンのティンカーベルでも出てきそうですが、「鍛治屋“と”妖精」ですから、どんな妖精かとドキドキしながら読みました。
     ケルト族の妖精は、綺麗で可愛い妖精ばかりではなく、いたずら好きで邪悪な妖精もいます。妖怪といった方が良いような。
     
     鍛治屋の親子がいました。
     息子は働き者で丈夫でした。
     が、その息子が、急病に。
     三度の食事はたくさん食べるのに、
     日に日にやせ衰えていき、
     父親も心配します。
     そこへ、物知り老人がやってきて、…。
     
     妖精の正体をみやぶる為の方法がとても面白いんです。
     妖精の正体が描かれたページに、「こわっ!」と息子。
     その撃退法も凄まじい。
     逃げていく様子は笑いましたけれど。
     妖精の丘の入り口が一年に一回しか開かないなんて、『今夜しかないんだ』、と鍛治屋の父親の気持ちと一緒に焦りながら読みました。 
     とっても、シンプルな作品ですが、妖精が時たま人間界にきて悪さをしていた独特の不思議な世界をちょっと経験できた気分でした。

    掲載日:2010/01/15

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / おおきなかぶ / おふろだいすき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


『はやくちこぶた』早川純子さんインタビュー

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット