ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

みんながねみちゃんに贈ったツリー
ちいさいのから、大きいものまで、クリス…

マウイたいようをつかまえる」 みんなの声

マウイたいようをつかまえる 作・絵:ピーター・ゴセージ
訳:浜島代志子
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:1989年10月
ISBN:9784033276304
評価スコア 4
評価ランキング 20,278
みんなの声 総数 2
「マウイたいようをつかまえる」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 息子好みの本!

    ニュージーランドのマオリ族のお話です。

    昔、太陽の動きがとっても早くて、
    登ったと思ったらすぐにさっさと暮れてしまうので、
    人々は何もできず困っていました。

    そこで立ち上がったのが、マウイとそのお兄さん達。
    太陽をつかまえて、魔術をかけた骨で顔をガンガン叩きます。
    すっかり弱ってしまった太陽は、それ以来、
    ゆったり登り、ゆったり暮れるようになりました。

    この、太陽を弱めて動きを遅くするという発想と、
    太陽の表情(特に弱ったときの顔!)がかなりウケます!

    絵は、太陽に限らず、夜の場面に出てくるお月様のお顔も
    とっても個性的で素敵!

    色使いもとっても外国の先住民のお話!という感じの絵本で、
    4歳の息子のこのみぴったりのようでした!

    掲載日:2011/05/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 神話を元にした絵本

    • シーアさん
    • 20代
    • ママ
    • 大阪府
    • 男の子3歳、男の子0歳

    絵本講師という資格を持っているのですが、
    その養成講座で講義をしてくださったのが、訳者の浜島代志子さんでした。

    ニュージーランド・マオリ族の神話を基にしています。
    昔、太陽はとても早く昇り、そして沈んでいったので、人々はずっと夜ばかりで困っていました。
    そこで、神様の子マウイは、お兄さんたちと一緒に、太陽を魔法のロープで捕まえて、ゆっくり動くようにしようと考えます。

    「神様の子」とか「魔法のロープ」とか、子どもってそういうフレーズに惹かれますよね。
    かく言う私も、そういう子どもだった一人です。
    (実は今も・・・)

    「やきころされるよ」とか
    「おじいさんのあごのほね」とか
    生と死を意味するような言葉がところどころに出てくるので、
    子どもに読ませるには抵抗もありましたが、
    案外すんなりと受け入れていました。
    子どもは物語の本質をつかんでいると思います。

    名作なのですが・・・もう絶版なのが惜しいです。
    うちの息子はとても気に入っていて、何度も図書館で借りています。

    掲載日:2010/01/15

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。


宮部みゆきさん × 佐竹美保さん 対談インタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット