あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
レイラさん 50代・ママ

嫉妬
『あくたれラルフ』のねこ、ラルフのクリ…

双子の星」 みんなの声

双子の星 作:宮沢 賢治
絵:遠山 繁年
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,800+税
発行日:1987年11月
ISBN:9784039633507
評価スコア 3.5
評価ランキング 31,548
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 宮沢賢治は、星の世界を想像しながらお話を書いたのでしょう

    双子座のポウセ童子とチュンセ童子はいろんな経験をするのです、さそりと大烏のけんかを たすけてあげたり二人の 空の上での役割がおもしろく描かれています。

    賢治の世界は本当に 深くて 夢があると思いながら読みました。

    絵が柔らかい優しいタッチで いいですね。

    星めぐりの歌は、保育園の子供たちと一緒に歌いました
    懐かしく 大きな声で星を見ながら歌いたくなりました。

    冬の空はオリオン座が 美しくはっきり見えます。
    本当にうまく 詩を書いた賢治は すばらしい!  北極星は 空のめぐりの めあてうまい表現です。

    双子の星の笛の音が聞こえてきそうです。

    双子星は 優しい顔でとても幸せそうなのが  最後に印象に残りました。

    おもしろい 星の世界のお話でした


    宮沢賢治の作品に触れてみてください!

    絵も楽しめましたよ

    掲載日:2010/01/21

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ハッピーなおやすみのえほん!

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット