なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
おはなばたけちゃん。さん 40代・ママ

すこしハラハラしながら・・
4歳になって再び読んでみました。 以…

ふたごのかいぞく」 みんなの声

ふたごのかいぞく 作・絵:ウィリアム・ニコルソン
訳:谷川 俊太郎
出版社:復刊ドットコム 復刊ドットコムの特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:2010年01月
ISBN:9784835444086
評価スコア 4.3
評価ランキング 13,126
みんなの声 総数 9
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 自由闊達さが、普遍的な魅力

    「かしこいビル」が印象に強く残っています。
    ニコルソンの絵本作品は、こちらの作品と合わせて二冊だけだそうです。

    イギリスの作家さんですが、この時代の作品としては代表作だと思います。
    横長矩形の版型も最初の試みだったようで、アメリカのワンダ・ガアク等に影響を与えたようです。

    さて、お話は、ある夕暮れ、海辺でケリーが見つけた双子の海賊。
    彼らを家へ連れ帰り、かいがいしく世話をして、教養も身につけさせようと懸命なケリー。
    だけど、双子はいたずらばかり。
    悪癖も数多く、あ〜あとため息だ出てしまいます。

    そしたら、置手紙を残し、双子は家を出ていき大海へ・・・・・・。

    エンデイングがなんともおしゃれな形です。

    リズミカルな文、テンポのあるストーリー、そしてなんといっても絵。
    巻末の解説を読むと、・・・・・・作品中の文字が手書き文字であるのと併せて、無造作で即興的な筆運びが、作品全体の屈託のないなごみ・くつろぎをよく表しています。・・・・・・。″に、納得し改めて読み直しました。

    作品の自由闊達さが、普遍的な魅力を持っているのだとつくづく思いました。
    私の孫も読んでくれるとよいな〜と思う作品です。

    掲載日:2016/01/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 帰ってくる二人「

    2歳の息子に図書館で借りてきました。

    海でひらった二人に洋服を着ることを教え
    踊りを教え、食べることを教える。
    同時にいたずらもされちゃったり。

    手紙を残してこっそり家出?!
    でもちゃんと誕生日には間に合うように戻ってくる二人。

    お礼を忘れていない二人に関心します。

    掲載日:2014/06/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • ふたりそろって

     かいぞく、といってもカワイイふたごかいぞくです。
     なぜ貝のなかにいるのか、、、。
     ふたごのかいぞくは、メリーにいろいろなことを教わっていきます。いつも、ふたりそろっているのが、ほほえましいなと思いました。

     谷川さんの文章も、なぞかけのようで楽しいです。
     黒色がメインのレトロな絵が、おもしろいですね。
     不思議なストーリーですが、なんだかひきこまれてしまう絵本でした。

    掲載日:2014/06/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • なんで〜??

    うちの子はこのお話の主人公の双子の海賊が真っ黒なのが気になって仕方がなかったみたいです。暑い国から来たのかな??とか色々言っていたのですが、黒い顔に白い目がとっても気になって最後まで質問攻めでした。海賊っぽくないお話だったので、かわいくてよかったです。

    掲載日:2012/08/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 愛らしい

    黒ん坊の双子がとっても愛らしいです。メリーに懐く二人の仕草が可愛いです。勿論、一人でも可愛いのですが、二人一緒というので孫が二人もいるみたいで嬉しくなります。平凡な幸せもいいですが、海賊に生まれた二人には、冒険の旅に出たくなるのも理解できるような気がします。文字も活字でないのがとても親近感が持てました。

    掲載日:2011/01/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • ノスタルジーを感じる絵本

    息子が『かしこいビル』をすっかり気に入ったので、同じニコルソン作ということでこちらも借りてみました。

    意味不明な真っ黒な双子の海賊が海辺の貝の中から現れ、メリーの大切な仲間になります。メリーはこの真っ黒な子たちに、色々と文明的なことを教え、楽しく過ごしますが、彼らは海へ帰ってしまいます。でも、メリーの誕生日にはちゃんと戻ってきて、一緒にケーキを食べるのでした。

    『かしこいビル』のなかでもメリーは一人でおもちゃで遊んでいましたが、ここでもメリーは一人です。大切なお人形との空想の世界でしょうか。幼少期の自分の体験とはまったく重ならない絵なのに(メリーは色白金髪のお嬢さんですしね)、なぜか昔の記憶がたぐり寄せられる気がして胸がキュンとなる絵本です。

    子供がどう感じているのかはよくわかりませんでした。でも、今すぐに何かを感じるのではなくて、大きくなった時に心のどこかにこの絵が残っているような、そんな絵本なのかもしれません。

    掲載日:2010/10/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 愛らしいかいぞくたち

    独特の文章の流れが慣れるとやみつきです。
    ふたごのかいぞくが可愛いです。
    でもやっぱり海賊は海賊かと思ったら・・・
    メリーの気持ちがちゃんと伝わっていた結末にホッとしました。

    掲載日:2010/05/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 1人読みより子どもに読んだ方が楽しい。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子14歳、女の子10歳

    下の子は、「面白いというより、かわいい!!」ですって。
    最後に、ふたごのかいぞくのモデルになった靴下人形を見て、さらに「かわいい!!」と、叫んでいました。
    読んでいるとき、
    メリーが「たべさせた」というと、「何を?」、
    「メリーはおしえた……ジャマイカがどこか」の時は、「なぜ!?」と、いい感じに突っ込みを入れてくれました。

    私ひとりでした読みをしたときは、あんまり面白くない。これって、子供向けにいい絵本なのかな?と思いましたが、
    声に出して、実際に子どもに読んでみると、なんだか訳もなく楽しかったです。

    でも、個人的には「かしこいビル」の方が、もっと好きです。

    掲載日:2010/04/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • とても引き付けられる絵

    「かしこいビル」と同じニコルソンの絵本です。

    とても感想が書きにくいです。

    訳は谷川俊太郎さんで読みやすいことはあるのですが、このふたごのかいぞく何者なんでしょう?

    貝の中から出てきているし、内容も不思議だし、ふたごのかいぞくも不思議。

    何だかわからないけれど、強烈な印象が残ります。

    皆さんがどんな風に感じられるのか、今後の感想が楽しみな本です。

    とても引き付けられる絵でした。

    掲載日:2010/02/06

    参考になりました
    感謝
    0

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ねえ、「コワイ」って、もってる?

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.3)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット