雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
汐見台3丁目さん 40代・ママ

賢治の作品の祖となるテーマ
つい近年まで私の中では、宮沢賢治という…

ずいずいずっころばし」 みんなの声

ずいずいずっころばし 作・絵:せがわやすお
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\0+税
発行日:1995年
評価スコア 3.67
評価ランキング 30,071
みんなの声 総数 2
「ずいずいずっころばし」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 「ずいずいずっころばし」って意味不明な歌詞ですが、この摩訶不思議さにぴったりマッチした摩訶不思議な絵が添えられて、ページをめくると、あぁ、これって、こういう意味だったのかぁ…なんて、大人の私は納得。3歳の娘の方はその摩訶不思議×2な世界をそのまますんなりと楽しんでいる様子です。童謡のCDを聴いて、ずいずいずっころばしが流れると、子どものともシリーズの絵本の中からごそごそとこの本を探し出し、「これこれ!」と、ページをめくりながらうたを聴いています。
    茶壷に追われるシーンの絵はちょっとコワイですね。
    この本と出合ったおかげで、意味不明だと思っていたわらべうたが、「とっぴんしゃん」「どんどこしょ」と、言葉遊びみたいに楽しく感じられるようになりました。

    掲載日:2010/06/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • こどものとも

    こどものともがすきなのと瀬川康男さんの作品だったのでこの絵本を選びました。独特の色遣いが瀬川さんらしくてセンスを感じました。リズム良く進んでいく展開に魅せられました。絵と文章がぴったりと合っているのが良かったです。お馴染みのわらべ歌に新しい命を吹き込んでいる描き方が素晴らしいと思いました。

    掲載日:2010/01/28

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語


『ことわざ生活 あっち篇 こっち篇』<br>ヨシタケシンスケさんインタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.67)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット