雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
汐見台3丁目さん 40代・ママ

賢治の作品の祖となるテーマ
つい近年まで私の中では、宮沢賢治という…

いわしのたび」 みんなの声

いわしのたび 文・絵:渡辺 可久
出版社:新日本出版社 新日本出版社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1980年01月25日
ISBN:9784406006576
評価スコア 4.33
評価ランキング 11,025
みんなの声 総数 2
「いわしのたび」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 面白い!

    サカナが好きな次男に、何か魚に関する本はないかと探していたところ、偶然にもこの本が目に留まり図書館で借りてきました。内容は、まいわしの一生について書かれています。またそれだけにとどまらず、海の中の食物連鎖についても触れられていて、とても内容の濃い、読み応えのある本です。一回に産む卵の数と生まれたばかりの姿の比較では、卵の数と卵からかえったばかりの大きさは反比例するのかな、とか自分なりに仮説を立てたりして知的好奇心をかきたてられます。子供が小学校にあがってこの本を読んだ時、どんな感想を持つのか、楽しみです。カバーの裏には、この本の他にもシリーズがあるみたいで、他の本も読んでみたくなりました。

    掲載日:2016/10/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 海の生態系がよくわかる!

    • がんじきさん
    • 30代
    • ママ
    • 北海道
    • 女の子6歳、男の子4歳

    うちの子は、水族館で、水槽の中を群れになってぐるぐる回るいわしをいつまでも見るのが好きなので、タイトルを見て、これは食いつくなと思って購入しました。これが思った以上によかった。いわしが卵から生まれて、その多くが食べられてしまうところでは、悲しそうな顔で見ていましたが、いわしより大きいサバや鮭、さらにはカジキやマグロが出てきて、いわしは食べられながらも、「海のいのちはそうやってつながっているんだ」とわかったとき、「食べられてもよかったんだ」と納得し、スッキリした顔になっていました。そして、最後のほうでは、「今、海汚れてる?」と聞いてくるなど、海を大事にしないといけないなという考えも持てたようでした。コンパクトながらすばらしい絵本です!他のシリーズもそろえたいと思いました。

    掲載日:2010/01/29

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しょうぼうじどうしゃじぷた / おふろだいすき / ヤクーバとライオン(1)勇気 / おはなしのたからばこワイド愛蔵版(17) 犬の目

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語


「11ぴきのねこ」シリーズ こぐま社相談役 佐藤英和さんインタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット