モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
モカミさん 40代・ママ

可愛らしい
娘がふくざわゆみこさんの本が大好きで、…

おうさまのくれたごほうび」 みんなの声

おうさまのくれたごほうび 絵:岡田 知子
再話:八百板 洋子
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\390+税
発行日:2010年01月
評価スコア 4.07
評価ランキング 18,062
みんなの声 総数 13
「おうさまのくれたごほうび」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

13件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • ムムムムム〜

    ブルガリアの昔話だそうです。表紙に大きな大きな金塊を抱えたおじいさん、王様を助けたご褒美にもらいました。それを馬と交換したときに、交換条件としては何だか釣り合わないような…そこであまり納得できなかった私。でいろいろ交換して最後は縫い針をもらって、けどなくしたおじいさん。で、何にも無くなってしまったけど、おじいさんが無事であれば良かったというおばあさん。
    良い話ですが、何だか腑に落ちないんです…
    同じことをダンナがやったら、私は怒るだろうなあ(苦笑い)だから息子に読むにはいいかも知れませんが、でもこうは私はなれない…正直に言います、俗っぽい私を再確認しました

    掲載日:2012/12/04

    参考になりました
    感謝
    1
  • 優しいおじいさん

    いとこに譲っていただいた絵本です。

    こちらでの評価があまり高くなかったのでちょっと驚きました。私はとても心に響きました。王さまからもらった金の塊が、最終的に針になってしまったのですが、「おじいさんがいてくれるだけでいい」と言ったおばあさん。欲のない、今を大事にしているおばあさんに感動しました。私は好きです、こういうお話。

    掲載日:2014/03/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • えー、そんな!

    王様を助けたおじいさん。
    ごほうびに、金のかたまりをもらいました。
    ところが、「重たいから」と、馬と交換。
    馬が牛へ、牛が羊へ・・・

    だんだん小さくなっていないかしら?なんて心配になっていたところ、とうとう縫い針にまでなってしまいました。
    えー、そんな!金の塊のままでいたほうが、どんなに良かったか
    なんて、思ってしまう私は、きっと欲深いのでしょう。

    おじいさんもおばあさんも、温かく謙虚な心を持っているように見えました。
    きっと、金の塊よりもずっと大切な気持ちを、二人はお互い受け取ったのでしょうね。

    掲載日:2012/01/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 深いなぁ〜。

     おじいさんは、おうさまの命を助けたご褒美に、金のかたまりをいただきました。このごほうびを持って家に帰る途中、いろんな人にどこからきたの?と聞かれて、金が馬に、馬が牛に・・・・。どんどん形を変えて、とうとう家についた時には最初に欲しがっていた、おばあさんの使う針になっていました。その針も、転んで家の前の草の中へ落としてしまいます。がっかりのおじいさん。けれど、おばあさんの深い愛情、おじいさんが無事に帰ってくれたことを、一番の喜びだと伝えるのです。

     金のかたまりが、針になった時はさすがに子どもも驚いていました。「金のまま待ち返ればよかったのに」と、しかし、きっとおばあさんの本当に大切なことはたった一つなんだということは、少し伝わったような気がしました。

     ブルガリアの昔話、奥がかなり深いです。大切なことは何かっていうのを、もう一度考え直す絵本ではないでしょうか。一度お子さんと一緒に、ご覧ください。

    掲載日:2010/12/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • ブルガリアの昔話

    ブルガリアに興味を持っているのでこの絵本を選びました。いかにも温厚で性格のよさげな主人公のお爺さんの描き方が良いと思いました。お爺さんが大さまから貰ったものがどんどん形を変えていくのが見応えがありました。お爺さんと御婆さんがいかに信頼関係があって愛情があるのかを知る事が出来感動しました。

    掲載日:2010/09/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • ブルガリアの昔話

    • 白ママさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 男の子5歳、女の子2歳

    他の方々のレビューを読んで少し安心しました(笑)
    私もこの絵本を読み聞かせながら何度も思ったのは「えー?!どうして換えるの?」でした。
    そして、ラストで自分の情けない考えを反省したのですが・・・。

    王様を助けて、金の塊を褒美に貰うのですが、出会う人に言われるがまま、どんどんどんどん金銭的な価値の小さなものに交換して行きます。
    そして、最後には落としてしまうのですが、おばあさんは少しも責めたりしません。
    最後のおじいさんとおばあさんの思いやり溢れる会話にほっこりします。

    掲載日:2010/09/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • おばあさんの懐の深さ

    「こどものとも」の昔話は買っているのですが、買いそびれてしまった昔話です。

    どことなく日本の「わらしべ長者」に似ているなあと思いましたが、どちらかというとその反対バージョンですね。

    感心したのは、おばあさんの懐の深さでした。

    私だったらこんなこと言えそうにもないなあと思って読んでいました。

    ブルガリアの昔話、初めて読みましたが奥が深い。また別の話も知りたくなりました。

    掲載日:2010/07/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 自分の心の汚さが見えた

    • けいご!さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子11歳、男の子7歳

    昔話というものは、日本に限らず、どこの国でも、きっと人々の心に強いインパクトを与え続けてきたんでしょうね。このお話はブルガリアの昔話ということですが、たくさんの人に語り継がれてきたんだろうなあという感が強く残りました。
    運がむいてきたというのは、自分の思い通りにことが運ぶことをいうのだと、いつのまにか思っていた気がします。このお話は、その考えを根底から覆してくれました。おうさまのくれたごほうびって、いったい何?登場するおじいさんの従順で優しい人柄と、おじいさんを心から想っているおばあさんの優しさをいっぱい受けて、ごほうびの意味をじっくり考えかみしめる一冊となっています。
    子どもだけではなく、大人も一緒に読んで、心の洗濯を!

    掲載日:2010/06/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 人柄

    おじいさんが川で溺れている王様を助けるお話です。

    お礼に金の塊を貰うのですが、どんどん物々交換してしまいます。
    なんだかもったいない物々交換のような気がしますが、おじいさんは大好きなおばあさんの為にやっていることだと思うと、胸がジーンときました。
    なんといっても無くしてしまっても、おばあさんは攻めたりしない所が良いなぁと思いました。

    欲がない二人の人柄がオススメです☆

    掲載日:2010/05/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • ブルガリアの昔話

    仲のよい夫婦が、お互いに相手のことを思いやる気持ちが大切なんだと

    教えてもらった気持ちになりました。

    折角王様から頂いた豪華な金の塊なのに、次から次へと交換されていく

    品物にがっかりしてしまうなんとも情けない私がいました。

    何もなくても、無事におじいさんの身体が帰ってきただけで満足する

    気持ちはわかるのですが、なんともすっきりしない昔話の結末でした。

    日本の昔話なら、お金持ちになってめでたし、めでたしだったろうに・

    でも、裏表紙のおばあさんの刺繍針、ひょっとしたら交換の新しい縫い

    針だったのかなあって思ってしまう幸せな私でした。

    掲載日:2010/05/23

    参考になりました
    感謝
    0

13件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

みんなの声(13人)

絵本の評価(4.07)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット