おふくさん おふくさん おふくさんの試し読みができます!
作: 服部 美法  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
お正月に家族で読んで、ほっこり気分になれる絵本!

きりんのセシリーと9ひきのさるたち」 みんなの声

きりんのセシリーと9ひきのさるたち 作・絵:H.A.レイ
訳:光吉 夏弥
出版社:メルヘン社
本体価格:\1,600+税
発行日:1981年09月
ISBN:9784779900006
評価スコア 4.33
評価ランキング 11,080
みんなの声 総数 2
「きりんのセシリーと9ひきのさるたち」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ジョージがいました

    ジョージというさるがいたので、おさるのジョージとおなじだと思いました。絵はにてるけど色はちがうと思いました。

    セシリーが竹馬したからびっくりしました。きりんが竹馬したらすごくせがたかくなると思いました。

    見てみたいです。

    セシリーがいたらいろいろあそべてたのしそうと思いました。

    掲載日:2010/02/01

    参考になりました
    感謝
    1
  • 微笑ましいきりんとさるたちの交流

    光吉さん訳だし、H.Aレイの作品ということでずっと読んでみたかった絵本です。

    9ひきのさるたちの一匹はジョージという名前、「りこうでしりたがりや」ということになっています。

    「ひとまねこざる」のジョージと同じですね。

    一人ぼっちのセシリーと9ひきのさるたちの出会いから始まります。

    息子は、「おさるの色が茶色じゃない(この本は灰色です)とか、きりんの毛皮が脱げるの?」とか読みながらいろいろと言っていました。

    「ジョージはりこうって書いてあったよね」とか息子なりに9ひきの中でもやはりジョージが気になったみたいです。

    きりんの特性を生かして、9ひきのさるたちと仲良くしていく様子がとても微笑ましかったです。

    絵もお話もとても親しみやすく、やはりH.Aレイらしいなあと思いました。

    掲載日:2010/02/01

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おおきなかぶ / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • おでんしゃ
    おでんしゃの試し読みができます!
    おでんしゃ
    作:塚本 やすし 出版社:集英社 集英社の特集ページがあります!
    野島健児さんの読み聞かせ動画も公開中 出発しま〜す
  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


『てのりにんじゃ』山田マチさん 北村裕花さん インタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット